« 「複製された男」 | トップページ | 「太秦ライムライト」 »

2014年8月15日 (金)

「るろうに剣心 京都大火編」

Rurounikenshin22014年・日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:大友啓史
原作:和月伸宏
脚本:藤井清美、大友啓史
撮影:石坂拓郎
アクション監督:谷垣健治
製作総指揮:ウィリアム・アイアトン
プロデューサー:福島聡司

和月伸宏原作の人気コミックを実写映画化し、大ヒットした「るろうに剣心」(2012)の続編で、原作のクライマックスにあたり、人気の高いエピソード「京都編」を描いた2部作の前編。監督は前作に引き続きメガホンをとる大友啓史。主要配役は前作と同じ佐藤健、武井咲、青木崇高、蒼井優、江口洋介らに加え、新たに藤原竜也、伊勢谷友介、神木隆之介、田中泯が参加している。

幕末に「人斬り抜刀斎」と恐れられた緋村剣心(佐藤健)。その彼も、新時代を迎えた今は女師範の神谷薫(武井咲)ら大切な仲間たちとともに穏やかな生活を送っていた。しかしある日、新政府の大久保利通から、剣心の後釜として「影の人斬り役」を引き継ぎ、維新後、彼を恐れた新政府によって焼き殺されたはずの志々雄真実(藤原竜也)が、新政府への復讐心から、京都で日本転覆を目論み暗躍を始めていると知らされる。政府の討伐隊もことごとく倒され、もはや剣心しか彼を倒せる者はいない。最初は迷った剣心だが、大久保が暗殺された事を知り、遂に志々雄に立ち向かう事を決意し、単身京都へと旅立った…。

前作は、絶えて久しかったチャンバラ・ヒーロー大活劇エンタティンメントの見事なる復活として大いに推奨したのだが、好評と大ヒットに後押しされて続編の登場と相成った。

今作には、志々雄真実という新たな悪役が登場するのだが、これが全身に大火傷を負っている故に、赤く火ぶくれした顔に白布でマスクをしており、その異様なスタイルからしてダース・ベイダーとか「バットマン」におけるジョーカーのような強烈な悪役像を想起させる(ちなみにダース・ベイダーも全身大火傷を負ったという共通点もある)。
さらに、メッタ斬りのうえ焼かれ、一旦は死んだかと思われたが、不死鳥のように蘇ったという点では、文字通り地獄から舞い戻った男でもある。まさに究極の悪役キャラである。悪役が強烈なほどアクション映画は面白い。藤原竜也がこの志々雄役を絶妙に怪演している。

その部下には、十本刀と呼ばれる剣の達人たちがおり、そのうちの二人、瀬田宗次郎(神木隆之介)と沢下条張(三浦涼介)が本作で剣心と闘うのだが、これが結構強い。宗次郎との対決で剣心は逆刃刀を叩き折られてしまう。

今回は前編という事で、ちょうどいい所で“つづく”という感じで終っており、まだ十本刀もほとんどが残っているので、9月13日公開の後編に相当期待が高まる。
本作も十分に面白いが、作品評価は後編を観た上でまとめて行いたい。多分本作よりもさらに凄い事になってる予感がする。今から待ち遠しい。
   

  
 
この「るろうに剣心」という作品の面白さについては前作批評で詳しく書いたので参照いただきたいが、単に活劇としての面白さだけでなく、主人公が幕末期に多くの人を殺した事を悔いて、維新後は“殺さずの誓い”を立て、決して人を殺さない点が実にユニークであり、秀逸な着眼点であった。所持している刀も刃が峰に付いた“逆刃刀”である。

この設定によって、剣心が豪快にバッタバッタと敵をなぎ倒しても、血も吹き出ないし誰も死なないから、通常のチャンバラ映画のような陰惨さ、血なまぐささがなく、鑑賞後の気分が爽快であるというメリットが生まれる事となる。
例えば、藤沢周平原作の「必死剣 鳥刺し」(平山秀幸監督)は、なかなか面白い作品ではあったが、主人公が血みどろになって悪人ではない同志や同僚たちを斬殺しまくる為、も一つ爽快感に欠け、モヤモヤした気分が残ってしまった。

個人的ではあるが、ヒーローが、正義の為とは言え人を殺すのに、どうも抵抗感がある。
その意味で、昨年公開された2本のアメリカ映画「L.A.ギャングストーリー」「ラストスタンド」がどちらもラストで悪玉ボスと殴り合いの決闘を行い、相手を殺さずに勝利する、という結末にホッとしたものである。こういう結末の方が、観客に爽快な気分を与える、という事にアメリカ映画が気付き始めたならいい傾向だと言える。

前作を私が高く評価しているのも、その点である。

そしてこの設定が重要なのはもう一つ、これも前作批評で書いたが、相手を殺せばその身内が復讐に走る、という、いわゆる“憎悪の連鎖”に対する鋭い批判もそこに込められている、という点である。

現実に、パレスチナとイスラエルの果てしない復讐の連鎖は泥沼状態であるし、イラクをはじめ世界各地で、憎悪と復讐の連鎖はとどまる所を知らない。
殺し合いは、憎しみを増幅させるだけの、空しく悲しい愚行である。今の時代、この作品が訴えかけるテーマは、もっと評価されていいと思う。

本作でも、そのテーマを考えさせるエピソードがあった。

京都への旅の途中、立ち寄った村で、志々雄一派によって村人が惨殺され、剣心は敵を逆刃刀で次々倒して行く。
当然敵は一人も死んではいないのだが、恨みに燃える村人たちは縛り上げた悪人たちを殺さんばかりの勢いで、特に両親を殺された少年がこの者たちに復讐の刃を向けようとした時、剣心は少年を止め、武力に武力で対抗する事の空しさを語り、少年の復讐心を諌める。

私はここで感動した。“復讐の連鎖への批判”が前作以上に強く打ち出された名シーンだと思う。このシークェンスだけでも、観るだけの値打ちはある。

 

王道娯楽映画のパターンを随所に網羅した痛快チャンバラ映画として観客を楽しませながらも、時代への批判精神もきちんと盛り込んだ本作、この精神は後編でも是非失わずにいて欲しいと強く願う。期待は大である。採点は、暫定だが上掲のテーマへの評価として…    (★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 

(さて、お楽しみはココからだ)
前掲の、途中の村における志々雄一派の浪人たちを叩きのめし、村人たちが俄然勢いづくシーン。

このシーンを見て、思い起こしたのが、黒澤明監督の傑作「七人の侍」における、勘兵衛(志村喬)たちが先兵として村に近づいた野伏りを生け捕りにして村に連れて来るシーンである。

この捕らえられ縛られた野伏りを見た百姓たちは俄然勢いづき、これまでの恨みを晴らそうと鍬を持って無抵抗の野伏りに襲いかかろうとし、勘兵衛たちはそれを必死で止めようとする。
そこに、家族を殺された村の老婆が鍬を持って復讐にやって来る。勘兵衛は村人たちの恨みの深さになすすべもなく見守る、というシーンである。

本作の、捕らえた浪人たちを見た途端に村人たちが勢いづくくだりはこれとそっくりである。恐らくは「七人の侍」の同シーンを意識していると思われる。

「七人-」では、野伏りに怯え、可哀相な人たちと思われた百姓たちが、実はずるくて身勝手だという事を次第に明らかにして行き、百姓たちが単なる弱者ではないしたたかな存在である事を描いていたが、本作でも、剣心が縛り首にされた少年の両親を木から下ろそうとすると、志々雄一派に逆らったら大変な事になると村人たちがそれを阻止しようとするシーンがある。
剣心はそれに怒り、復讐をしようとした少年に、「怯えるばかりで何もしようとしない、こんな村人のような人間にはなるな」と語る。

弱い立場であるはずの下層民衆たちのエゴイズム、小狡さに対する皮肉と痛烈な批判精神もまた、「七人の侍」が描いたものと同じである。

こう見て来ると、本作は単なる娯楽時代劇にとどまらず、さまざまな考えさせられるテーマを内包した、結構奥の深い映画であると言える。

今年はゴジラ生誕60周年と騒いでいるけれど、「七人の侍」誕生60周年でもある事をお忘れなく。

 

|

« 「複製された男」 | トップページ | 「太秦ライムライト」 »

コメント

面白かったですね。
お話の展開にはもうひとひねり欲しかったですが、アクションが快調で楽しめました。
まあ2時間半くらいあるので説明不足な部分は入らなかったのかな。
演出に勢いがあるのでそれほど長くは感じませんでした。
後篇にも期待したいです。

投稿: きさ | 2014年8月16日 (土) 08:56

◆きささん
長い原作を凝縮した為、どうしても話しにムラが出来てしまうのは仕方ないかも知れません。
その点、1作目は見事にすっきり爽快にまとまっていたので感心しましたね。
後編は凄く期待が高まりますね。あまり間をあけないで公開してくれるのは、忘れっぽい私には助かります(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2014年8月24日 (日) 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/60156124

この記事へのトラックバック一覧です: 「るろうに剣心 京都大火編」:

» るろうに剣心 京都大火編 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。和月伸宏原作、大友啓史監督。佐藤健、武井咲、藤原竜也、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、土屋太鳳、田中泯、宮沢和史、小澤征悦、滝藤賢一、三浦涼介、 ... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 00:45

» 『るろうに剣心 京都大火編』 明治時代にパンクロッカー!? [映画のブログ]
 私は反対することに反対だ。ときに反対することはあるけれど、多くにおいて推進する人に賛成する。  何のことかと思われるかもしれないが、要は「○○反対」と叫ぶ人にはあまり共感を覚えないのだ。  何かに反対する人が、代わりに別のものを推進したい情熱を持っているとは限らない。  ○○反対などと云わなくても、別のものを推進し、それが人々に喜ばれて○○を凌駕すれば、おのずと○○はなくなるだろ...... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 00:47

» るろうに剣心 京都大火編 [だらだら無気力ブログ!]
前作以上に見応えあって見入ってしまった。 [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 02:24

» 劇場鑑賞「るろうに剣心 京都大火編」 [日々“是”精進! ver.F]
志々雄の野望を阻止せよ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408010001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編 写真集 [ 菊...価格:2,160円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】Mighty Lon...... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 06:01

» るろうに剣心 京都大火編 [映画的・絵画的・音楽的]
 『るのうに剣心 京都大火編』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)これは、2部作の前編に過ぎずどうしようかと思っていたのですが、一昨年に第1作目の『るろうに剣心』を見てなかなか面白かったことと、強力なPR戦術に押されて、映画館に行ってきたものです。  ...... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 06:04

» 『るろうに剣心 京都大火編』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「るろうに剣心 京都大火編」 □監督 大友啓史□脚本 藤井清美、大友啓史□原作 和月伸宏□キャスト 佐藤 健、武井 咲、青木崇高、大八木凱斗、蒼井 優■鑑賞日 8月3日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆...... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 07:48

» るろうに剣心 京都大火編 [象のロケット]
動乱の幕末で「最強」の伝説を残した男、緋村剣心。 かつては“人斬り抜刀斎”と恐れられたが、新時代を迎えて仲間たちと穏やかな日々を送っていた。 そんな時、新政府から、剣心の後継者として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実を討つよう頼まれる。 新政府に裏切られ焼き殺されたはずが、奇跡的に甦った志々雄は、新政府の転覆を企んでいた…。 剣客アクション・ロマン。... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 08:35

» るろうに剣心 京都大火編 [Akira's VOICE]
痛快無比。スカッと面白い!   [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 08:48

» 「るろうに剣心 京都大火編」 評価は後編を観終えてから [はらやんの映画徒然草]
前作「るろうに剣心」を初めて観たときは、素直に興奮しました。 大友啓史監督の実力 [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 08:53

» 『るろうに剣心 京都大火編』 [ラムの大通り]
----うわあ、ほんと久しぶりだニャ。 もう、止めちゃったのかと…。 「まったくそう思われても仕方ないくらい、 こっちはご無沙汰だったよね」 ----えっ、こっちって? まさかツイッターを<あっち>と言っているワケじゃ…。 「いや、 ほんとそうなんだ。 あれやこれやと...... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 14:02

» るろうに剣心 京都大火編 [to Heart]
制作年度 2014 上映時間 139分 原作 和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(集英社刊) 脚本 藤井清美/大友啓史 監督 大友啓史 アクション監督 谷垣健治 出演 佐藤健/武井咲/伊勢谷友介/青木崇高/蒼井優/神木隆之介/土屋太鳳/三浦涼介/高橋メアリージュン/田中泯/...... [続きを読む]

受信: 2014年8月20日 (水) 13:20

» るろうに剣心 京都大火編 : 前作を凌ぐ傑作映画!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 朝日新聞、右翼の方、共に香ばしいですなぁ。慰安婦問題に関しては、肯定も否定もできないですよ。お互い、冷静になるべきだと思いますが。まあ、こんなことは置いておいて、本 [続きを読む]

受信: 2014年8月23日 (土) 23:35

» るろうに剣心  京都大火編 [にきログ]
るろうに剣心実写映画の第二弾 京都編の映画化ですね まぁ前作ヒットから絶対作るだろうなと思っていましたが予想通りの前後編でしたね 次は追憶編作るんだろうな~って感じがバリバリしていますが(今回もヒットしていますしね) ちなみに前作の感想はこちら あらすじ かつて人斬り抜刀斎と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健)。刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、ある日、剣心から影の人斬り...... [続きを読む]

受信: 2014年8月24日 (日) 01:14

» 「るろうに剣心〜京都大火篇〜」プレミア試写会 [ここなつ映画レビュー]
プレミア試写会のチケットが来た事を知らせた時、次男は狂喜乱舞。劇場予告がかかる度に、「これ絶対行こうね!」と言い合ってた作品。もちろん前作も2人で鑑賞。剣心の世界に浸り切ったものでした。言うまでもなく、私の興味は、これがアクション監督谷垣健治さんの出世作となるかどうか。谷垣アクションを観に行ったと言っても過言ではなかった。で、確か自分の備忘録で2012年の邦画ベストワンに据えた覚えがある。世界に通用するとか何とか。いや、谷垣さんは元々世界(アジア)発の方なんですがね。で、プレミア試写会。プレミアには... [続きを読む]

受信: 2014年8月27日 (水) 15:15

» 「るろうに剣心  京都大火編」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
********************************* 嘗てldquo;人斬り抜刀斎rdquo;と呼ばれた伝説の人斬り、緋村剣心(佐藤健氏)。刀を置き、平穏な生活を送る剣心は、或る日、剣心から影の人斬り役を引き継いだ志々雄真実(藤原竜也氏)が...... [続きを読む]

受信: 2014年8月29日 (金) 01:24

» 『るろうに剣心 京都大火編』を109シネマズ木場3で観て、困った顔見世興行だなふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★面白いけど進まない話】   基本、色々なタイプの剣豪が出てきて、 あっちでチャンチャン、こっちでバラバラ、 大活劇を繰り広げる。 活劇やキャラクター ... [続きを読む]

受信: 2014年8月31日 (日) 23:02

» 映画「るろうに剣心 京都大火編」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
ジャンプ系ヒロインは、どうして主人公の足を引っ張る事しかしないのだろう。 無知で無能で天然で可愛くて胸が大きくてミニでたまにおパンツ係というのが、ほとんどの典型。無理に数合わせに女性を大臣にしても、漫画のヒロインがこういう青少年の劣情に都合の良いタイプであるうちは、男女平等など絶対に来ないだろう。 ストーカー体質も多い。「来るな」といわれても「来ちゃった、テヘ」。その裏に...... [続きを読む]

受信: 2014年9月 6日 (土) 03:10

» [映画]「るろうに剣心 京都大火編」(大友啓史監督作品) [タニプロダクション]
出演 佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、神木隆之介、江口洋介、藤原竜也他 新所沢レッツシネパーク 座席位置 前方中央 評点・・・☆☆☆★★★  twitterより転載 やや前時代的なテーマ性はひっかかるけど、今の日本映画でここまでアクションで魅了してくれる映画は無い。前作... [続きを読む]

受信: 2014年9月10日 (水) 00:01

» るろうに剣心 京都大火編 [いやいやえん]
【概略】 新時代を迎え、緋村剣心は大切な仲間と穏やかな日々を送っていた。そんなある日、剣心は新政府から剣心の後継者として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実を討つよう頼まれる。 アクション 正直ストーリーは連載当時にリアル読んでいただけなのではっきりとは覚えてない…コミックスももってたはずなのになー^;でも、こんな話じゃなかったよね、混ぜこぜになってるなー。 蒼紫さまの伊勢谷さんとか宗次郎の神木くんとか、配役は結構いい。志々雄は藤原竜也さんだしね。前キャストは続投しています。薫よ... [続きを読む]

受信: 2014年12月18日 (木) 09:24

» るろうに剣心 京都大火編 [銀幕大帝α]
2014年 日本 139分 アクション/時代劇 劇場公開(2014/08/01) 監督: 大友啓史 原作: 和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』 脚本: 大友啓史 主題歌: ONE OK ROCK『Mighty Long Fall』 出演: 佐藤健:緋村剣心 武井咲:神谷薫 伊勢谷友介:四乃森蒼...... [続きを読む]

受信: 2014年12月22日 (月) 23:20

« 「複製された男」 | トップページ | 「太秦ライムライト」 »