« 「ジャージー・ボーイズ」 | トップページ | 「悪魔は誰だ」 »

2014年10月24日 (金)

「荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~」

A_million_ways_to_die_in_the_west2014年・アメリカ/ユニヴァーサル
配給:シンカ、パルコ
原題:A Million Ways to Die in the West
監督:セス・マクファーレン
脚本:アレック・サルキン、セス・マクファーレン、ウェルズリー・ワイルド
撮影:マイケル・バレット
製作:スコット・ステューバー、セス・マクファーレン、ジェイソン・クラーク
製作総指揮:アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド

「テッド」が日本でも大ヒットしたセス・マクファーレン監督が、主演も兼ねて製作したお下劣西部劇コメディ。共演者はシャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、リーアム・ニーソンと豪華な顔ぶれで、他にクリストファー・ロイド、ユアン・マクレガー等有名俳優がカメオ出演しているのも見逃せない。

1882年、アリゾナの田舎町に暮らすアルバート(セス・マクファーレン)は、銃すら撃った経験のない気弱で冴えない羊飼い。決闘を挑まれてもヘ理屈をこねて逃げ出す始末で、ガールフレンドのルイーズ(アマンダ・セイフライド)にも愛想をつかされてしまう。しかし、ある日、射撃の名手でミステリアスな美女アンナ(シャーリーズ・セロン)が町に現れ、ふとしたきっかけからアルバートは彼女と急接近。彼女から銃の手ほどきを受けるうち、やがて2人は恋に落ちる。そんな時、西部一の大悪党クリンチ(リーアム・ニーソン)が町に現れ…。

冒頭の、ジョン・フォード映画でお馴染みのモニュメント・バレーの俯瞰映像にまずニンマリさせられる。
そこにかかる音楽も、「荒野の七人」「大いなる西部」「西部開拓史」といった代表的西部劇映画の勇壮なテーマ曲とよく似ており、さらにメイン・クレジットの字体も50~60年代の西部劇映画そのまんま。

これだけで、西部劇映画ファンなら嬉しくなる事請け合いである。

本編が始まっても、西部劇のエッセンスがぎっしり詰まっている。
街中での拳銃対決による決闘(バリエーションを変えて3度出て来る)、
家畜が放牧された牧場
(普通は牛だが本作では羊)、
娼婦たち
(イーストウッド監督「許されざる者」など)、
酒場での大乱闘

姐御肌的な美女(「駅馬車」のクレア・トレバー、「リオ・ブラボー」のアンジー・ディッキンソン等)、
未熟な男に拳銃の撃ち方を教える師匠(マカロニウエスタンでお馴染み)、
さらにインディアンまで登場…

といった具合で、おそらくマクファーレン監督、かなりの西部劇ファンなのだろう。相当研究した様子が伺える。

西部劇要素というなら、リーアム・ニーソン扮する悪役の名前がクリンチ・レザーウッド
これは言うまでもなく、多くの西部劇に出演した名優・クリント・イーストウッドのもじりだろう。

さらに、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドク(クリストファー・ロイド本人)とデロリアンも登場するが、これは前記のモニュメント・バレーでもロケするなど、まるごと西部劇オマージュをやった同作パート3へのリスペクト。
そう言えば、同作の中でマーティが名乗った名前も、クリント・イーストウッドであった。

エンドマーク(これも懐かしい“THE END”の文字)後にも、最新の西部劇の主人公が同じ役者で登場するので、これも見逃さぬよう。

まあこんな調子で、古い西部劇を愛するファンにはなんとも楽しい作品となっており、それだけで点数が甘くなる。

無論、マクファーレン監督の前作「テッド」同様、おナラ、ウ○コなどの下品ネタ、エロネタは前作以上に満載で、こうしたネタに拒否反応を示す人にはあまり奨められない。

しかし本作は、ただお下劣・下品なだけの作品ではない。
主人公アルバートは、気が弱くて意気地なしのヘタレ男であったが、そんなカッコ悪い男が、美女に恋し、努力を重ね、やがては男として勇気を出して、悪と正面から対決するに至るという、男の成長物語として一本芯が通った作品になっているのである。

荒々しい暴力がまかり通り、何かというと拳銃でカタをつけようとする開拓時代の西部において、暴力が嫌いなアルバートは、この時代には不似合いな男である。
本人も「生まれる時代と場所を間違えた」とボヤいている(ポスターにも、このフレーズがキャッチコピーとして載っている)。

しかし、今の時代から見れば、そんな暴力で相手を屈服させるやり方は古臭く、野蛮で否定すべきものである。
実際、かつては“世界の警察”を標榜して“力の正義”をゴリ押しして来た、まさに西部劇の精神を引きずって来たアメリカ流のやり方も、今では通用しなくなっている。
クリント・イーストウッド監督が「グラン・トリノ」で描いたものも、まさに“アメリカの正義の否定”そのものであった。

そう考えれば、マクファーレン監督が主人公アルバートを通して描こうとしたテーマは、イーストウッド監督が訴えたテーマとも通低するものがあると言えるだろう。
暴力を否定し、しかし勇気と愛をもって、悪に立ち向かう、その心意気の大切さを本作は訴えかけているのである。

下品でくだらないように見えて、本作、意外としっかりしたテーマを持った作品なのである。

「テッド」も、やはり下品ではあったけれども考えさせられる秀作であった(詳しくは作品評参照)。

下品、お下劣描写は、マクファーレン流の、テレなのかも知れない。

好みによるかも知れないが、私は好きな作品である。西部劇ファンには特にお奨めしたい。   (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 

 
  
(付記)
西部が舞台のコメディで、主人公がヘタレで最初はバカにされるが、やがて自分を見つめ直し、最後は悪と対決する、という、本作とテイストがよく似た作品がある。

Rango「ランゴ」という、カメレオンが主人公のCGアニメである。

いろんな西部劇のパロディが満載で、これも西部劇ファンにはお奨めの快作である。

で、この作品にも、クリント・イーストウッド(らしき人物)が登場している。その名も、"Spirit of the West"。

まさに、西部劇と言えばイーストウッド(「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part3」もそうだった)というのは、西部劇を愛する映画作家の共通の思いなのだろう。素晴らしい事である。

|

« 「ジャージー・ボーイズ」 | トップページ | 「悪魔は誰だ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/60538494

この記事へのトラックバック一覧です: 「荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~」:

» 荒野はつらいよ〜アリゾナより愛をこめて〜 [佐藤秀の徒然幻視録]
BTFからアイアンマンまで超オマージュ 公式サイト。原題:A Million Ways to Die in the West。セス・マクファーレン監督・主演。シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、リーアム・ ... [続きを読む]

受信: 2014年10月25日 (土) 00:10

» 『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』 (2014) [相木悟の映画評]
マクファーレン流、お下劣西部劇コメディを堪能せよ! バカバカしくも、その実、真っ当な青春モノで、なおかつジャンル映画への愛を感じる良コメディではあった。 本作は、『テッド』(12)で一大旋風を巻き起こしたセス・マクファーレン監督作。今回は堂々、顔出し...... [続きを読む]

受信: 2014年10月25日 (土) 00:42

» 映画:荒野はつらいよ アリゾナから愛をこめて A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST 正統派 脱力系西部劇! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
世界中で大ブーム「テッド」の監督だけでなく、アカデミー賞の司会を軽々とこなしたセス・マクファーレン。 (ゴイス!) 彼の新作が登場! しかも本人が主役で。 舞台は、1882年、西部開拓時代のアリゾナの小さな街。 ここでマクファーレンが強調するのは、いかに...... [続きを読む]

受信: 2014年10月25日 (土) 07:08

» 『荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」 □監督 セス・マクファーレン□脚本 アレック・サルキン、セス・マクファーレン、ウェルズリー・ワイルド□キャスト セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、  ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月25日 (土) 07:41

» 『荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて』をトーホーシネマズシャンテ1(4F)で観て、こーゆーの好きふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★映画よりも笑いを上にしたから好き】   監督自身が主役。メル・ブルックスかよ! しかも、これが地味フェイスでいいのである。 アメリカから100人の公 ... [続きを読む]

受信: 2014年10月25日 (土) 22:20

» 荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜 [だらだら無気力ブログ!]
当初、思ってたよりも結構面白くて笑えた。 [続きを読む]

受信: 2014年10月26日 (日) 14:20

» 「荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~」 [或る日の出来事]
シャーリーズ(・セロン嬢)に惚れ直した! [続きを読む]

受信: 2014年11月 3日 (月) 00:09

» [映画][☆☆☆★★]「荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「テッド」のセス・マクファーレン監督・製作・脚本・主演。西部開拓時代の田舎町を舞台に、ヘタレな羊飼いの青年が、なぜか西部一の極悪人と対決する事になる様を描く、ウエスタンコメディー。 タランティーノやロドリゲスに代表される、いかにもな映画ヲタクが趣味丸出... [続きを読む]

受信: 2014年11月 6日 (木) 19:56

» 映画『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』を観て [kintyres Diary 新館]
14-81.荒野はつらいよ■原題:A Million Ways To Die In The West■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:116分■料金:1,800円■鑑賞日:10月12日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本・出演:セス・マクファーレン□脚本:アレック・サルキン、...... [続きを読む]

受信: 2014年12月29日 (月) 23:06

» 荒野はつらいよ〜アリゾナより愛をこめて〜 [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST】 2014/10/10公開 アメリカ R15+ 116分監督:セス・マクファーレン出演:セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、ジョヴァンニ・リビシ、ニール・パトリック・ハリス、サラ・シルヴァーマン、リーアム...... [続きを読む]

受信: 2015年4月30日 (木) 17:21

» 荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ (A Million Ways to Die in the West) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 セス・マクファーレン 主演 セス・マクファーレン 2014年 アメリカ映画 116分 コメディ 採点★★★ 「現代の知識を持ったまま大昔にタイムスリップなんかしたら、神とか王様扱いされてウハウハなんじゃね?」なんて戯言を若い頃はよく妄想したもので。今でも…... [続きを読む]

受信: 2015年5月14日 (木) 07:36

« 「ジャージー・ボーイズ」 | トップページ | 「悪魔は誰だ」 »