« 「嗤う分身」 | トップページ | 「インターステラー」 »

2014年11月18日 (火)

高倉健さん 追悼

Takakuraken2映画俳優の高倉健(本名・小田剛一)さんが、今月10日、悪性リンパ腫により亡くなりました。享年83歳でした。

ニュースを知った時は呆然となりました。とうとう、来る時が来た、という感じです…。

昨年、文化勲章を受章された時は、まだまだお元気そうでしたし、近々、新作も準備されていたと聞いていたので、また来年、健さんに会える、と思っていましたのに。残念です。

私たちの世代にとっては、心強いアニキであり、尊敬する偉大なスターであり、男の哀愁を感じさせては日本一の、真の日本男児でした。

Takakuraken1私が最初に健さんを見たのは、多分「天下の快男児 万年太郎」(1960・小林恒夫監督)というコメディだったと思います。
後の任侠映画のヒーロー像からは想像がつかない、化粧品会社に勤務する、女にモテまくるサラリーマンを演じていました。
他にも、美空ひばりと共演した「べらんめえ芸者」シリーズなど、コメディ・タッチの作品が多く、まあ後の加山雄三の若大将シリーズを思わせる、明朗青春スターといった感じでした。

ただ、この頃は、当時全盛の片岡千恵蔵や市川右太衛門や中村錦之助らが主演する東映京都撮影所製作の時代劇が観客を集めていて、東京撮影所製作の現代劇はほとんどパッとせず、健さん主演作も興行的にはさっぱりでした。

やがて、新東宝からやって来た石井輝男監督の「花と嵐とギャング」に、健さんはトッポいギャング役で出演し、これが結構面白くて、以後もこうしたアウトロー路線に主演を続け、次第に人気を集めて行く事となります。
しかし、若い映画ファンには支持されたものの、全体から見ればほんの一握り。まだまだ興行的な大ヒットを飛ばすまでには至りませんでした。
この頃の作品で、是非お奨めしたい作品は、渡辺祐介監督「恐喝」(1963)、石井輝男監督「ならず者」(1964)、そして深作欣二監督の「狼と豚と人間」(1964)の3本。
いずれも、アウトローとして無残に死んで行く鮮烈な青春像が活写された力作です。これらの作品で、コアな映画ファンの心を掴みました。

そして、1964年のマキノ雅弘監督「日本侠客伝」、65年の石井輝男監督「網走番外地」がいずれも大ヒットし、ようやく健さんは任侠映画のドル箱スターとして脚光を浴び、以後押しも押されもせぬ一流俳優になって行ったのはご存知の通り。

近年は「幸福の黄色いハンカチ」「八甲田山」「鉄道員(ぽっぽや)」などの風格ある作品に主演し、昨年は映画専門の俳優としては初めて文化勲章を受勲するなど、国民的スターとなりましたが、我々映画ファンにとっては、無数のギャング映画、フィルム・ノワール、ヤクザ映画で演じたチンピラ、犯罪者、侠客などのアウトロー群像が今でも目に焼きついています。

老境に入ってからは、いずれはフランスのジャン・ギャバンが「地下室のメロディー」「シシリアン」等で演じたような、渋い老ギャング役を演ってくれたらなあ、と期待していたのですが、でも文化勲章までもらってしまったらちょっと無理かも知れません(笑)。でも見たかったですね。

 

それにしても、遺作となった2012年の「あなたへ」の拙批評で、私は、
「もしかしたら、降旗監督自身も、これが健サンとの最後の映画になるかも知れない、と思っているのだろうか。」

「洋子の、最後の絵手紙の言葉『さようなら』は、あるいは健サンから、ファンへのメッセージ、と取れなくもない。」

そしてクリント・イーストウッド監督・主演の「グラン・トリノ」を引き合いに出して
「(「あなたへ」は)高倉健にとっての「グラン・トリノ」と言えるのではないだろうか。ますます本作が、
健サン最後の主演作のような気がして来た。」

と書いたのだが、まさかそれが本当になってしまうとは…。

思い出しても、又涙が溢れてきます。

本当に、素晴らしい、最後の映画スターと言える方でした。もう、こんな俳優は、出て来ないかも知れません。惜しみて余りあります。

謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

 さようなら、健さん。

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

|

« 「嗤う分身」 | トップページ | 「インターステラー」 »

コメント

大変残念です。個人的に好きなのは「宮本武蔵」の佐々木小次郎役。元々かっこいい悪役が好きなので、あの健さんの高慢で美しい小次郎は好きでした。

投稿: きさ | 2014年11月19日 (水) 05:40

◆きささん
コメントありがとうございます。
中村錦之助主演の「宮本武蔵」は私も大好きな作品です。
当時時代劇のビッグスターだった中村錦之助に対して、健さんはまだ人気がいま一つ。しかも現代劇専門で時代劇はほとんど経験がありません。それでも充分錦之助の武蔵と互角の好演だったように思います。最終作「巌流島の決闘」のラストは息詰まる名勝負でした。この経験が後の任侠映画のドスさばきに生きたのかも知れませんね。

投稿: Kei(管理人) | 2014年11月20日 (木) 01:00

菅原文太さんまでが亡くなりました。

偶然にも来週、東京の池袋にある新文芸坐という名画座で「太陽を盗んだ男」と「新幹線大爆破」の2本立てがあります。

投稿: タニプロ | 2014年12月 1日 (月) 21:36

◆タニプロさん
健さんだけでもショックで滅入っていた所に、今度は文太さんまで。
本当に悲しいです。
深作欣二監督は、息子に、お二人の名前から1字づつとって“健太”と名付けたそうですね。多分、日本中にもっといそうな気がします。
その二人が、相次いで亡くなられるとは。
今夜は、健さんと文太がそれぞれ相手役として出演した加藤泰監督の傑作「緋牡丹博徒・花札勝負」(健さん)と「同・お竜参上」(文太)でも見てお二人を偲ばせていただきましょうか。

投稿: Kei(管理人) | 2014年12月 3日 (水) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/60676191

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉健さん 追悼:

» 高倉健さん死去・・・往年のスターの死に多くの人たちが悲しんだ [オールマイティにコメンテート]
18日俳優の高倉健さんが 11日3時49分に悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。 高倉健さんは1955年に東映ニューフェイス第2期生として東映 ... [続きを読む]

受信: 2014年11月20日 (木) 00:34

» 高倉健さん死去 [虎哲徒然日記]
 任俠(にんきょう)映画の「健さん」として一時代を築き、「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」「鉄道員(ぽっぽや)」などで寡黙で一本気な「日本の男」を演じ続 ... [続きを読む]

受信: 2014年11月20日 (木) 19:03

» 【追悼】高倉健さん [ FUKUHIROのブログ・其の参]
高倉健さん死去 新作準備中…安らか笑顔 俳優・高倉健さんが亡くなった。83歳だった。 高倉健さんは福岡県出身。明治大学卒業後、1955年に東映に 入社。翌1956年の映画『電光空手打ち』で主役デビュー。 1963年からは『人生劇場 飛車角』、『網走番外...... [続きを読む]

受信: 2014年11月21日 (金) 18:38

» 高倉健さん死去 [FREE TIME]
俳優の高倉健さんが今月10日に死去していた事が明らかになりました。 83歳でした。 [続きを読む]

受信: 2014年11月21日 (金) 22:28

» さよなら健さん、安らかに…。 [ビーチサイドの人魚姫]
 11月18日、高倉健さん死去のニュースが列島を駆け巡った。東映がおくる任侠映画の看板スターとして、「網走番外地」「日本侠客伝」などが大ヒットし、シリーズ化され映画スターとしての地位を確実なものとした。  高倉健さんについては皆さんもよくご存知の事であるから、ここでは私自身と高倉健さんの接点について述べて行きたいと思う。  健さんを語るにあたり、避けて通れないのが実は私の父「信夫」の...... [続きを読む]

受信: 2014年11月23日 (日) 17:22

« 「嗤う分身」 | トップページ | 「インターステラー」 »