« 「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」 | トップページ | 「群盗」 »

2015年5月24日 (日)

「ラン・オールナイト」

Runallnight2015年・アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:Run All Night
監督:ジャウム・コレット=セラ
脚本:ブラッド・インゲルスビー
製作:ロイ・リー、ブルックリン・ウィーバー、マイケル・タドロス
製作総指揮:ジャウム・コレット=セラ、ジョン・パワーズ・ミドルトン

かつてマフィアの殺し屋だった男が、疎遠だった息子の命を守る為に奮闘するクライム・アクション。主演は「96時間」シリーズ等のリーアム・ニーソン。監督は「アンノウン」「フライト・ゲーム」に続き、ニーソンとのタッグはこれが3度目となるジャウム・コレット=セラ。共演にエド・ハリス、ヴィンセント・ドノフリオ、ニック・ノルティと通好みの渋い役者が並んでいるのも魅力である。

ニューヨーク、ブルックリンを縄張りとするマフィアの殺し屋ジミー・コンロン(リーアム・ニーソン)は、歳も重ね、これまでに犯した罪の重さに苛まれ、酒に浸る事も多くなっていた。そんなある日、殺害現場を目撃した息子マイク(ジョエル・キナマン)が命を狙われる。マイクを救う為、ジミーはその相手を殺害してしまうが、彼が殺したのは、マフィアのボスで長年の親友、ショーン(エド・ハリス)の息子だった。ショーンが差し向けた殺し屋と警察の両方から追われ、ジミーとマイクは夜のニューヨークの街中を逃げ回る…。

もう還暦を越えたというのに、リーアム・ニーソン(1952年生れ)はこの所派手なアクションづいている。リュック・ベッソン製作の「96時間」シリーズ、コレット=セラ監督とのコンビ作「フライト・ゲーム」、いずれもニーソンの年齢を感じさせないスピーディなアクション、プラス頭を使った戦術等も見どころだった。

(以下ネタバレあり、注意)

本作は、“家族を守る為に戦う”というストーリーも含めて、「96時間」シリーズと被っていると指摘する人も多い。

だが、「96時間」シリーズや「フライト・ゲーム」とは大きく異なる要素が本作にはある。それは職業で、前者ではニーソンの職業はアメリカ政府の元CIA秘密工作員、後者は航空保安官と、いずれも政府や航空会社という組織に所属し、犯罪を防止する役割を担っていた。

それに比べて本作のジミーの職業はマフィアの殺し屋…。明らかに犯罪者の側である。汚い事も、大勢の人間を無慈悲に殺す事もやってきた。世間に背を向ける日陰者である。おそらくは、自分の人生に引け目も感じている事だろう。歳も取って、そうした罪の意識に苛まれる事も多くなり、酒でその意識を紛れさせる時もある。そんな彼を慰めてくれるはずの家族にすら疎まれている。ボスの息子にエアコンを買う金をせびる程の金欠ぶりで、ほとんどドツボの情けない体たらくである。こんなショボくれたニーソンの姿を見るのも珍しい。

だが、ある日息子マイクの命が狙われている事を知ったジミーは、自分の命を賭けてでも息子を守ろうと動き出す。
家庭をないがしろにして来た父ジミーを激しく憎むマイクだが、自分も家族を持っており、家族の為にも死ぬわけには行かない。心ならずも、自分を守ってくれる父と行動を共にせざるを得ない。

物語はこうして、一夜の逃走劇を通して、疎遠だった息子と父の絆が次第に回復して行くさまを描く。
さらに見逃せないのは、30年以上にわたって続いて来た、マフィアのボス、ショーンとの男の絆である。深い友情に結ばれていたジミーとショーン。だが溺愛する息子を殺されたショーンは、友情の絆を断ち切り、ジミーへの復讐を開始する。信頼していただけに、裏切りに対する憎悪は底知れぬ程深いのである。

この映画は、2つの異なる、男たちの絆に関する物語である、と言えるのである。

殺し屋が主人公という事もあるが、本作に漂うのは、フランス、フィルム・ノワールの感触である。フィルム・ノワールと言えば、暗黒街に生きる、明日をも知れぬ男たちの生き様や、男同士の深い友情が描かれる事が多い。主人公も殺し屋やギャング役が多い(注1)

マイクの妻を除いて女がほとんど登場しないのも、本作がそうした、男たちの映画である事を示しているからだろう。

ジミーがショーンのいるパブに殴り込み、夜明けの操車場でショーンを倒し、やがてそっとショーンの亡骸を抱きしめるシーンも印象的だ。深い友情で結ばれていたはずなのに、殺しあう事となってしまったジミーの悲しみに、こちらもちょっとジンとなった。エド・ハリスがいい。

ハリウッド映画らしい、派手なカーチェイス、銃撃アクションについ惑わされがちだが、こうした男のドラマにも是非目を配って欲しい。

ついでだが、ジミーがオートマチックでなく、リボルバー銃を愛用している点も見逃してはならない。そして最後の決闘に使用するのもウインチェスター・ライフルである。
どちらも西部劇で使われる銃である。西部劇もまた、男たちのドラマである(注2)

そしていいのがラスト。朝、仕事にでかけるマイクが、部屋を出る直前にじっとみつめていたのが、ジミーと並んだ子供時代のマイクの写真。これだけで、亡き父に寄せるマイクの気持ちが伝わる、いいエンディングである。

最初に登場した時はヨレヨレだったジミーが、途中から俄然「96時間」ばりにスピーディな動きを示すのがちょっと違和感があるし、とことどころ、展開がご都合主義的なシーンもあったりするが、それを補って余りある、男の臭いが充満する物語に堪能させられた。

夜の上空から、急激に下降し登場人物たちを捕らえるカメラワークも面白い。地理関係を分かり易く見せる狙いもあるのだろうが、“神の視点で人間の運命を凝視している”事も示しているのだろう。

アクション映画としてだけ見ても十分面白いが、男たち、親と子の、それぞれの絆のドラマ、として見ればより楽しめるだろう。

新進、ジャウム・コレット=セラ監督、脂が乗って来た、と言えるだろう。次回作も楽しみである。   (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ   

 

(注1) フランス映画と言えば、殺し屋が、子供を守って組織を相手に闘う…という展開の、リュック・ベッソン監督、ジャン・レノ主演の「レオン」(1994)を思い出す。こちらは血は繋がってはいないけれど、レオンと少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)との間にはやがて親子のような絆が結ばれ、最後にはレオンはマチルダを守り死んで行く辺りも、本作と似ている。
そう言えば、リュック・ベッソンは「96時間」シリーズのプロデューサーであり脚本家だった、というのも何かの縁か。

(注2) 西部劇と言えば、思い出した映画がある。ジョン・スタージェス監督の「ガンヒルの決斗」(1959)である。

Lasttrainfromgunhill保安官の主人公カーク・ダグラスの妻が、傍若無人に振舞う若者に殺されるが、それは長年の親友、アンソニー・クインの息子で、ダグラスは息子を逮捕するが、それに怒ったクインが息子奪還の為ダグラスと敵対する、という物語で、親友クインが息子を溺愛していたり、それが原因で二人の男の友情にヒビが入り対決する事となったり、最後に息子が死に、クインは息子の仇としてダグラスと決闘したり、と、本作と似ている要素は多い。親友を倒し、主人公が深い悲しみにくれるラストもそっくりである。
そう言えば、どちらも親友同士の決闘の場となったのが、列車の線路の上、という共通点もある。

|

« 「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」 | トップページ | 「群盗」 »

コメント

安定のクオリティで見せました。
ニーソンはもちろんいいですが、ボス役のエド・ハリスが老けましたが良かったです。
渋い俳優が出てましたね。
ただ、ニーソンとセラ監督のコンビはやはり1作目の「アンノウン」が一番良かったです。

投稿: きさ | 2015年5月25日 (月) 06:01

◆きささん
エド・ハリス、老けて見えますが、調べたらまだ64才で、リーアム・ニーソンと2歳しか違わないんですね。ひょっとしたら老けメイクなのかも知れません。
「アンノウン」はヒッチ・オマージュもあったりでお気に入りです。本作は細かい所のアラがあり、完成度としてはあっちに譲りますが、全編に漂うノワール・ハードボイルドの雰囲気が魅力的で、これも好きな作品なのですね。

投稿: Kei(管理人) | 2015年5月25日 (月) 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/61640920

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラン・オールナイト」:

» 『ラン・オールナイト』をトーホーシネマズ六本木1で観て、ネット評判はいいしおもろいはおもろいけど、割と普通やないかふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★ちょっと丁寧ないつものリアム無双映画】 最近のリアム・ニーソンはアクションがない映画は別として、アクション映画の中では「得体のしれない強さを秘めた ... [続きを読む]

受信: 2015年5月25日 (月) 01:02

» 劇場鑑賞「ラン・オールナイト」 [日々“是”精進! ver.F]
必ず、守ってみせる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201505160000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】96時間 トリロジー ブルーレイBOX【Blu-ray】 [ リーアム...価格:5,239円(税込、送料込) ... [続きを読む]

受信: 2015年5月25日 (月) 05:30

» 「ラン・オールナイト」 [ここなつ映画レビュー]
リーアム・ニーソンは往年の殺し屋なのである。人呼んで「墓掘りジミー」。ショーン・マグワイア(エド・ハリス)のために、汚れ仕事をずっとずっとし続けてきた。今、ショーンは成功してNYの裏社会を取り仕切るボスとなり、一人息子を後継者に、と考えている。ジミーはその生業の非道さから息子にも愛想を尽かされ絶縁されており、クリスマスだというのに暖房も効かない部屋で酒浸りで過ごすのみであった。その日、リムジンの運転手をしているジミーの息子マイク・コンロン(ジョエル・キナマン)が、ヤバイ客をヤバイ相手に送り届けた事に... [続きを読む]

受信: 2015年5月27日 (水) 12:35

» ラン・オールナイト・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
譲れない、オヤジの流儀。 もはや何本あるのかすら分からない、リーアム・ニーソン主演のアクション映画だが、回を重ねるごとに劣化が進むベッソン系の「96時間」シリーズと違って、ジャウム・コレット=セラとのコンビ作はハズレがない。 サイコ・ホラーの秀作「エスター」で脚光をあびたコレット=セラは、その後2011年のスパイ・スリラー「アンノウン」以来三作連続でニーソンと組んでいるが、中でも本作...... [続きを読む]

受信: 2015年6月 1日 (月) 22:47

» ラン・オールナイト [だらだら無気力ブログ!]
テンポよくて面白かった。 [続きを読む]

受信: 2015年6月 4日 (木) 22:48

» 『ラン・オールナイト』をトーホーシネマズ六本木1で観て、ネット評判はいいしおもろいはおもろいけど、割と普通やないかふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★ちょっと丁寧ないつものリアム無双映画】 最近のリアム・ニーソンはアクションがない映画は別として、アクション映画の中では「得体のしれない強さを秘めた ... [続きを読む]

受信: 2015年6月22日 (月) 08:07

» ラン・オールナイト [銀幕大帝α]
RUN ALL NIGHT 2015年 アメリカ 114分 アクション/犯罪 R15+ 劇場公開(2015/05/16) 監督: ジャウマ・コレット=セラ 『フライト・ゲーム』 製作総指揮: ジャウマ・コレット=セラ 出演: リーアム・ニーソン:ジミー・コンロン ジョエル・キナマン:マ...... [続きを読む]

受信: 2015年9月19日 (土) 13:23

» ラン・オールナイト [いやいやえん]
【概略】 殺し屋のジミーは、殺人現場を目撃した息子を救うため、親友であるマフィアのボス・ショーンの息子を射殺してしまう。ショーンはジミーに「息子とお前を殺す」と宣告し…。 アクション 見渡す限り、全員敵。 リーアム・ニーソンの「96時間」シリーズを彷彿させるアクション映画。娘ではなく今度は命がけで息子を守り抜くのです。同じような映画に立て続けに出てるものだから、もうニーソンはいいよ、と思いつつも鑑賞です。 裏社会で生きる2人の父親。一人はマフィアのボス。一人は殺し屋。堅気の息... [続きを読む]

受信: 2015年10月 8日 (木) 08:06

« 「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」 | トップページ | 「群盗」 »