« 「群盗」 | トップページ | 「私の少女」 »

2015年6月10日 (水)

「あん」

Ann2015年・日本=フランス=ドイツ合作
配給:エレファントハウス
監督:河瀬直美
原作:ドリアン助川
脚本:河瀬直美
プロデューサー:福嶋更一郎、大山義人
撮影:穐山茂樹

詩人や作家、ミュージシャンとして活動するドリアン助川原作の同名小説を、「殯(もがり)の森」でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督が映画化した、心震える秀作。主演は「駆込み女と駆出し男」等の樹木希林。助演は「KANO~1931 海の向こうの甲子園~」の永瀬正敏、樹木の孫娘・内田伽羅など。

どら焼き屋「どら春」の雇われ店長として働く千太郎(永瀬正敏)の店に、徳江(樹木希林)という老女がやって来て、この店で働きたいと願い出る。最初は体よくあしらっていた千太郎だが、徳江が置いていった粒あんの美味しさに惹かれ、彼女を雇う事にする。やがて徳江が作る粒あんが評判となり、店は大繁盛。そんな中徳江は、つぶれたどら焼きをもらいに来ていた女子中学生のワカナ(内田伽羅)と親しくなる。しかし、徳江に関するある噂が広まって、客足が遠のいてしまい…。

河瀬直美監督作品は、史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞した「萌の朱雀」以来、主だった作品は観ているのだが、正直言ってどの作品もやや観念的で、面白いと思った事はない。カンヌ国際映画祭グランプリを獲った「殯の森」も、前作「二つ目の窓」も、どんどん抽象性が増している印象だった。カンヌ受けはするが、商業ベースには乗らないアート系作家、というのが私の評価である。

で本作は、河瀬監督作としては初めての原作ものである。が、これまでのイメージからして、また退屈な作品ではないかと内心危惧していたのだが…。 

これは素晴らしい秀作である。原作ものという事もあるのだが、ストーリーがしっかりしていて、これまでの河瀬作品とはかなり異なる、心温まる、泣けるヒューマン・ドラマに仕上がっていた。感動した。河瀬監督、やればやれるじゃないか。

河瀬監督作と聞いて、敬遠している人も是非観て欲しい。これは本年屈指の力作である。 

ただ、予告編や宣伝、チラシの作品梗概に、二人の主人公たちそれぞれに関する秘密が暴露されているのだが、これは隠しておくべきだろう。これらの過去を知らないで観た方がより感動を増すだろうから。これから映画を観る方は、出きるだけ情報を仕入れないで作品に向き合う事をお奨めする。 

(以下ネタバレあり)

物語は、どこか暗い影を宿す、どら焼き屋「どら春」の店長・千太郎の日常から始まる。ペチャクチャ喋る女子中学生グループ以外にあまり客もいなさそう。ある日、人懐っこそうな老女・徳江が雇ってくれないかとやって来る。こんな高齢者に店の切り盛りは無理だと思い、千太郎は「時給は安いですよ」とかなんとか言って断るのだが、徳江は「時給は300円でいい」と引き下がらない。
数日後、徳江は今度は「一度食べてみて」、と自分が作ったという粒あんを置いて帰る。何の気なしにそのあんを一口食べた千太郎は、自分の店で売っているどら焼きのあんと比べて、その美味さに驚き、徳江を雇入れる事にする。

この導入部からして河瀬演出は、今までの作風を継承しながらも、この先どうなるのかという期待感を膨らませる、軽やかなテンポでドラマを牽引して行く。過去の河瀬作品を見慣れた目には、別人かとさえ思ってしまうほどだ。 

無愛想で取っつきにくい千太郎と、軽妙でユーモラスな喋りで千太郎の心を掴んで行く徳江のコンビネーションが楽しい。永瀬正敏と樹木希林がそれぞれ見事な演技を見せる。中でも樹木が素晴らしい。

特に、あんこ作りを任された徳江が、次々と指示を出し、千太郎を振り回す辺りの演技の間合いは絶妙である。 

そのあんこ作りのプロセスを、ドキュメンタリー風にじっくり時間をかけて見せる演出もいい。
春の桜、夏の緑、秋の紅葉…といった風景の移り変わりで時の経過を示す辺りの演出も含め、河瀬作品の特徴である、自然の風景や、周囲の物音まで拾った録音などのドキュメンタリー的手法が、作品のかもし出す雰囲気とうまくマッチしている。

徳江の作る粒あんはやがて評判となり、どら春は客が行列をなすほど繁盛する。

だが、やがて徳江が、元ハンセン病患者であった事が噂となり、さらに千太郎が疲労で休んだ時に徳江が店頭に出てその姿を見られた事で、客足は途絶えてしまう。

徳江の手は、瘤があったり不自然な曲がり方をしているので、ハンセン病の知識がない人でも異様だと気づき、避けるだろう。生半可な知識があればなおさら。
普通の患者なら、そんな姿は見られたくないだろう。だが徳江は、自分の姿を人前に晒す事にあまり躊躇がないようだ。おそらくは「自分は病気でも凛として生きてきた。隠れたりコソコソする理由なんかない」という信念を持っているのかも知れない。

実は千太郎も、徳江の手を見て彼女がハンセン病だという事は薄々気づいていたのかも知れない。最初徳江の求職を断ったのもその為かも知れないし、店のオーナー(浅田美代子)が「らい(病)じゃないか」と伝えに来た時もあまり驚いた様子はない。「クビにしたら」というオーナーの提案も「考えときます」と返事を濁している。
それでも徳江を雇い入れたのは、徳江の作ったあんの美味しさと、病気に負けず明るく、真っ直ぐに生きている徳江の姿に感銘を受けたからだろう。

千太郎には、かつて刑務所に入っていた過去がある。どことなく影があるのもその為だし、徳江と出会うまでは、過去にこだわり、ひっそりと生きて来たのだろう。
徳江の生き方を見て、千太郎も少しづつ、前を向いて生きようと思い始めたのかも知れない。 

さっぱり客が来なくなったある日、店を早じまいする千太郎を見て、徳江は自ら、そっとどら春から去って行く。

理不尽な目に合っても、徳江は誰にも文句を言わない。その姿を捉える演出も淡々としていて、決して声高に社会批判を叫んだりはしない。
その静かな空気感が、余計に、何十年にも亙っていわれなき差別に耐えてきたハンセン病患者の哀しみ、苦しみの根深さを訴えている。

もう一人のサブキャラクター、いつも一人ぼっちで、カナリアだけが友だちの女子中生、ワカナ(内田伽羅)が、さりげないが重要な役割を担う。
彼女はいつもどら春に、つぶれて形の崩れたどら焼きをもらいに来るのだが、この醜く崩れたどら焼きは、ハンセン病のメタファーとも取れる。
実際、徳江がハンセン病を患い、施設に送り込まれたのが14歳の時。今のワカナと同年齢だ。ワカナは徳江の分身とも言える。二人が心を通わせるのも当然の成り行きだろう。
そのワカナを演じたのが樹木の孫娘というのは、意識してのキャスティングだろう。

そして白眉は、千太郎とワカナが二人で、徳江の暮らす、森に囲まれた療養所を訪れるシーン(実際の施設、全生園でロケしている)。

二人を迎え入れた徳江は、二人に手作りのあんが入った汁粉をふるまう。これまた美味い。不本意にせよ徳江を辞めさせるはめになった千太郎は、彼女を守れなかった事を悔やみ涙する。こちらももらい泣きする。
ここで、自分の過去をポツリポツリと語りかける、徳江役の樹木希林の演技はまさに神がかり。まるで本当の元ハンセン病患者かと思えるほどだ。
名前に引っ掛けるわけではないが、キキ(鬼気)迫る熱演だ(笑)。

このシーンでも使われた、河瀬監督作ではお馴染みの、自然光を生かした撮影、周囲の音も拾う録音、というドキュメンタリー的手法は、これまでの作品では、素人役者の場合にしばしば「声が聞き取り難い」とのクレームが出ていたが、本作ではそのような事はなかった。さすが大ベテラン女優。

そして物語は終盤、オーナーの意向で(というか甥っ子の職場確保の為)どら春はお好み焼き屋に改装させられる事となる。徳江のあん入りどら焼きも、やがては片隅に追いやられるだろう。

失意の千太郎は、ワカナと再び全生園を訪れるが、徳江の友人、桂子(市原悦子)から、彼女は3日前に亡くなったと知らされる。深い悲しみに襲われる二人。

千太郎は桂子から、徳江の形見として粒あん作りの道具一式を譲り受ける。
徳江はもうこの世にいないが、彼女が生きて来た証しを残し、それは次の世代に受け継がれるのである。

そして、また春がやって来たラスト、どこかの公園で千太郎は、どら焼きを売っている。その傍らには、徳江が残したあん作り道具が。
何の説明もないが、このワンシーンだけで、その後千太郎がどんな決断を下したかが即座に判る。いいシーンである。
「どら焼き、いかがですかぁ~」と声を張り上げる千太郎の顔は、冒頭とはまるで違って、晴れ晴れと輝いている
このラストで、またジワーっと涙がこみ上げて来た。

 
ハンセン病、という重いテーマを題材としているにも関わらず、映画は暗くならず、時にユーモラスで、心がほっこりと温かくなる。
そして、これまでの河瀬作品にもよく登場した、“自然と共生する人間の営み”、“生きている事の大切さ”が、より分かり易く、かつ力強く描かれた、これは河瀬直美監督の最高作であるばかりか、本年屈指の感動の傑作であると断言したい。

樹木希林、永瀬正敏、共にこれまでの中で最高の名演である。本年度の主演女優賞、主演男優賞にノミネートしておきたい。無論、脇を支える市原悦子、内田伽羅も、みんな素敵だ。

全国77スクリーンと劇場数は少ないが、ジワジワと客足が伸びているようで心強い。是非、多くの人に観ていただきたいと思う。必見。     (採点=★★★★★

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    

|

« 「群盗」 | トップページ | 「私の少女」 »

コメント

> 名前に引っ掛けるわけではないが、キキ(鬼気)迫る熱演だ(笑)。

そう言えば『ツナグ』では魔女みたいな役だった。そして、このドラ焼きが映画と観客をツナグ宅急便の役を担うのなら、まるで『魔女の宅急便』。・・・キキだけに。

・・・ムリムリこじつけて見ました。

投稿: ふじき78 | 2015年7月 6日 (月) 23:36

◆ふじき78さん
樹木さんと言えば、2011年公開の「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」では主人公たちを地獄に案内する妖しい占い師を演じてましたね。
この役も、魔女っぽいと言えば言えるかも知れません。今度から「キキでーす」と自己紹介されたら「魔女の宅急便」を思い出しそう(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2015年7月 8日 (水) 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/61724919

この記事へのトラックバック一覧です: 「あん」:

» あん〜“異物混入”の風評被害 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。日本=フランス=ドイツ。ドリアン助川原作、河瀬直美監督。樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、太賀、兼松若人、浅田美代子。ハンセン病を患ってい ... [続きを読む]

受信: 2015年6月11日 (木) 01:11

» [映画『あん』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・これはいい作品でした。  ・・・傷害事件を起こし服役した主人公は、どら焼き屋の雇われ店長となっていた。 そんなおり、一人の老女がやってくる。 バイトを希望してきたが、あまりにも年老いていたので店長は躊躇する。... しかし、勧められて食べた、老女...... [続きを読む]

受信: 2015年6月12日 (金) 15:50

» 月とカナリヤ~『あん』 [真紅のthinkingdays]
 小さなどら焼き屋 「どら春」 の雇われ店長・千太郎(永瀬正敏)のもとに、 徳江と名乗る老婦人(樹木希林)がやってくる。彼女は病気で指が不自由だ が、どら焼きの 「あん」 作りが得意で、ここで働きたいと千太郎に言うのだ った。  カンヌ映画祭の常連・河瀬直美監督の映画を、劇場鑑賞するのは初めて。 ドリアン助川の小説が原作ということと、キャストにも惹かれて初日鑑賞。中 高年...... [続きを読む]

受信: 2015年6月14日 (日) 13:56

» 映画「あん」河瀬直美監督作品で初めて、しっくり感じた [soramove]
映画「あん」★★★★☆ ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、 アムル・アミーン、トーマス・ブロディ=サングスター、 キー・ホン・リー、ウィル・ポールター出演 河瀬直美 監督、 113分、2015年5月30日公開 2015,エレファントハウス (原題/原作:あん) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「世界の注目を集める監督、... [続きを読む]

受信: 2015年6月14日 (日) 21:41

» 『あん』 [こねたみっくす]
陽の当たる社会で生きるために、心を自由にしなさい。 まるでもう会えない母親に言われたような、この淋しさの奥に感謝しきれない想い。こんな感覚をまさか河荑直美監督作品で味 ... [続きを読む]

受信: 2015年6月14日 (日) 23:33

» あん [映画的・絵画的・音楽的]
 『あん』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作が、河瀬直美監督(注1)が制作し、第68回カンヌ映画祭「ある視点」部門のオープニング作品となったというので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、早朝、アパートの1室から千太郎(永瀬正敏)が出てきて、...... [続きを読む]

受信: 2015年6月23日 (火) 07:10

» あん  ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が樹木希林を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれる。原作は、詩人...... [続きを読む]

受信: 2015年6月23日 (火) 17:01

» 「あん」:樹木希林のネ申演技! [大江戸時夫の東京温度]
映画『あん』は河瀬直美監督作品なのに、原作ものであり、また社会性は十分に持ちなが [続きを読む]

受信: 2015年6月23日 (火) 21:00

» 日のあたる場所、月との約束。〜「あん」〜 [ペパーミントの魔術師]
ほんとは予定になかった。これは完全に周りのブロガーさんの評判てことで。 ついでに言うと、これを見に行く前夜にこんなのもテレビで見てた。 36年ぶりのデュエットだったらしいね〜。年がばれる話ですがドラマ「ムー」「ムー一族」は好きだったし リアルタイムで見...... [続きを読む]

受信: 2015年7月 2日 (木) 09:55

» ショートレビュー「あん・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
残したい、最後の声。 餡は甘いものだけど、映画はちょっとビターだ。 明け方、桜並木に近い古めかしいビルの屋上で、たばこを燻らせる一人の男。 彼の背負っているものの重さ、静かなる葛藤を、映像だけで端的に感じさせる秀逸なオープニング。 長瀬正敏演じる千太郎は、小さなどら焼き屋「どら春」を一人で切り盛りする店長だ。 ある日、店に徳江という謎めいた老婆が現れて、働かせて欲しいという。 ...... [続きを読む]

受信: 2015年7月 4日 (土) 22:29

» 『あん』をユーロスペース1で観て、永瀬がいい顔ふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★映画としては普通だけど、永瀬の無骨な泣き顔にやられる】 どら焼き屋店長と餡作り名人の老女との出あいと別れ。 というか、樹木希林が赤毛のアンをやる ... [続きを読む]

受信: 2015年7月 7日 (火) 00:06

» あん [映画好きパパの鑑賞日記]
 河瀬直美監督がこれまでの作風を若干かえ、有名キャストで東京を舞台にした作品。これまで、彼女の作品は数本みており、すべて途中で寝てしまいましたが、初めて、最後まで見た作品になりました。  作品情報 2015年日本映画 監督:河瀬直美 出演:樹木希林、永瀬正…... [続きを読む]

受信: 2015年7月 8日 (水) 06:33

» 『あん』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「あん」□監督・脚本 河瀬直美□原作 ドリアン助川□キャスト 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子■鑑賞日 6月20日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> あることが...... [続きを読む]

受信: 2015年7月10日 (金) 08:19

» 「あん」☆行間の美 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
あえて言葉にしない。 なのにこんなに胸の奥にまで響くとは・・・・ 想いがいっぱい、その行間から次々と溢れてくる。 [続きを読む]

受信: 2015年7月25日 (土) 22:46

» あん [Cest joli〜ここちいい毎日を♪〜]
あん 15:日本+フランス+ドイツ ◆監督:河瀬直美「2つ目の窓」「朱花の月」 ◆出演:樹木希林、永瀬正敏、市原悦子、内田伽羅、浅田美代子、水野美紀、太賀、兼松若人、村田優吏愛、高橋咲樹、竹内海羽 ◆STORY◆縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単...... [続きを読む]

受信: 2015年8月 4日 (火) 20:07

» あん [にきログ]
さて、久々の更新です。 相変わらずの映画感想 地味ながらもしみじみした日本映画でした あらすじ 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。徳江が作る粒あんが評判となり、店は大繁盛。そんな中徳江は、つぶれたどら焼きをもらいに来ていた女子中学生のワカナと親...... [続きを読む]

受信: 2015年8月 8日 (土) 00:47

» 日のあたる場所、月との約束。〜「あん」〜 [ペパーミントの魔術師]
ほんとは予定になかった。これは完全に周りのブロガーさんの評判てことで。 ついでに言うと、これを見に行く前夜にこんなのもテレビで見てた。 36年ぶりのデュエットだったらしいね〜。年がばれる話ですがドラマ「ムー」「ムー一族」は好きだったし リアルタイムで見...... [続きを読む]

受信: 2015年8月12日 (水) 01:18

» あん  監督/河瀬 直美 [西京極 紫の館]
【出演】  樹木 希林  永瀬 正敏  内田 伽羅 【ストーリー】 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。徳江が作る粒あんが評判となり、店は...... [続きを読む]

受信: 2015年10月28日 (水) 01:31

» あん (2015) [のほほん便り]
もう、樹木希林を筆頭に、キャスティングが抜群にハマってました。抑えた演技が、むしろ際立ち、見事なヒロイン像です。雇われ店長の永瀬正敏はもちろん、ちょっと意地の悪い世間を象徴して、イラッとさせる、オーナー役の浅田美代子から、徳江(樹木希林)の友人の市原悦子に至るまで、ものすごいフィット感。それに、「…ひょっとして…」と思ってたら、やはりワカナ役は樹木の孫娘である内田伽羅が扮してたんのですね。これまた、ハンパない存在感。特に、木々を渡る風の音、季節のうつろい、あずきの煮える音に至るまで、音が絶妙な効果を... [続きを読む]

受信: 2016年8月19日 (金) 14:35

« 「群盗」 | トップページ | 「私の少女」 »