« 「ルック・オブ・サイレンス」 | トップページ | 「ターミネーター:新起動/ジェニシス」 »

2015年7月25日 (土)

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」

Onthehighway2013年/イギリス・アメリカ合作
配給:アルバトロス・フィルム
原題:Locke
監督:スティーブン・ナイト
脚本:スティーブン・ナイト
製作:ポール・ウェブスター、ガイ・ヒーリー
製作総指揮:ジョー・ライト

画面に映るのは主人公ただ1人、物語は主人公と声だけの相手との会話だけで進行するという、異色のワンシチュエーション・サスペンスドラマ。主演はこの所主演作が相次ぐ「マッドマックス   怒りのデス・ロード」「チャイルド44」のトム・ハーディ。監督は「イースタン・プロミス」の脚本で注目され、「ハミングバード」で監督デビューしたスティーブン・ナイト。本作でハーディはLA批評家協会賞その他の主演男優賞、ナイト監督は英国インディペンデント映画賞最優秀脚本賞をそれぞれ受賞した。

プライベートでは妻と2人の子供と仲睦まじく暮らし、仕事でも建築現場監督として評価され、順風満帆な人生を送っているアイヴァン・ロック(トム・ハーディ)。だが大規模なプロジェクトの着工を翌日に控えたある夜、ハイウェイに乗り、目的地へ向かおうとしていたアイヴァンに1本の電話がかかってきたことから、彼の人生がゆっくりと狂い始めて行く。

これはとても実験的な異色作である。画面に登場するのはトム・ハーディただ一人。上映時間と物語の進行が一致し、その86分の間、主人公は車を運転してハイウェイを進み、電話のやり取りをするだけ。まあ分かり易く言うなら、イッセー尾形や奈良岡朋子なんかがよくやってる“一人芝居”ドラマである。

これは難しい。主人公は運転席に座りっぱなしで単調だし、夜間ゆえに周囲の景色も変り映えしない。主役の演技力だけで物語を牽引しなければならない。ヘタすれば退屈な作品になりかねない。出だしではやや不安が付きまとった。

だが、物語が進むにつれて、主人公にさまざまなアクシデントや決断を迫る問題が連続し、テンションが持続して目が離せなくなる。そしていつしか観客はこの主人公に同化し、最後には「頑張れよ」と声をかけたくなって来る。
ナイト監督の演出力、ハーディの演技力それぞれに見事で、小品だが、観終わってじんわりと心に響く、渋い佳作に仕上がっている。

(以下ネタバレあり)

主人公アイヴァンは、ごく普通の労働者である。これもトム・ハーディ主演作としては珍しい。

この平凡な男に人生の波風を立たせたのは、かつてロンドンに出張していた時、知り合った一人の女性である。彼女とは一夜だけの性関係を持ち、そのまま別れたのだが、その女性が妊娠し、今晩出産すると彼に電話して来たのである。

どうやら難産で、彼女には身寄りもなく、病院は誰か身内の人に立ち会って欲しいと要望している。思い余った女性は、父親であるアイヴァンに、ロンドンの病院まで来て欲しいと言って来たのだ。

これは彼にとっては困った状況である。明日行われる工事着工には、現場監督のアイヴァンが立ち会って陣頭指揮を執らねばならない。しかもこれが妻に知れたら離婚の危機である。
仕事と家庭を優先して、女性の願いを無視するか、それとも仕事と家庭を棒に振ってまで、父親としての責任を取るべきか…。
アイヴァンにとっては、人生最大の難関であると言えよう。

そしてアイヴァンが取った決断は、仕事をほっぽり出して、彼女の元に向かうというものだった。
彼女は頼る者がおらず、不安で仕方がない。誰かが傍に居てあげなければならない。男として見捨てられない…。立派な決断ではあるが、失うものはあまりに大きい。

それでも彼は決断し、ハイウェイをひた走る。この勇気に、まずジンと来た。自分がその立場に立たされたら、どんな決断が出来るだろうか。観客自身も試されるのである。

当然会社は激怒する。明日現場に行かないなら解雇するとまで脅される。おまけに不測のトラブルも発生し、部下からはどうすればいいかとオロオロした電話もかかって来る。女性からも早く来てと電話があり、はたまた妻には事実を打ち明ける電話を入れた為に罵詈雑言を浴びせられ家庭崩壊の危機に直面し…と、電話のやり取りだけでもスリリングでドラマチックで、観ているこちらもハラハラし通しである。このテンポに乗れたら、十分この映画を楽しめる。

そしてもう一つ感動したのは、会社の上司から、「明日はもう来なくていい。別の監督を手配した。おまえはクビだ」と宣告されながらも、アイヴァンは、「給料が出なくてもいい。この仕事は絶対やり遂げる」と宣言した事である。
部下に矢継ぎ早に指示を出し、道路規制の為に警察に電話し、市の許可がいると言われると、電話で市の担当者を探し出して頼み込み、と、僅かの時間の間に電話1本でテキパキと仕事をこなす。
自分の仕事に誇りを持っているのだろう。この心意気、愚直さにも、会社人間だった私は感動してしまう。

さらには若い部下に現場指揮を任せ、それにビビッてヤケ酒をあおり、仕事を投げ出しかけた部下を懇々と説得し「お前ならやれる」と励まし、勇気付け、そしてとうとう彼に一仕事を成し遂げさせてしまう。
部下の男にとっても、この夜は生涯忘れられない夜となる事だろう。

電話がない合間には、アイヴァンと、今はこの世にいない父に対する独白(あるいは一方的な会話)も登場するのだが、どうやら二人の間には確執もあったようで、父親のような男にはならない、という思いも、彼の決断に影響している気がする。こういうディテールもきちんと書き込んだ辺りが脚本のうまさであると言える。

そして終盤、目的地に近づいた時に、女性から掛かって来た電話の、ある声には感動し、泣いてしまった。それが何かは映画を観ればわかる。とても素晴らしい、心に残る幕切れである。
言い忘れる所だったが、母に内緒でかけて来た、彼の息子との電話のやり取りもいい。父と子の、深い親子愛にも泣かされる。

Onthehighway2

トム・ハーディの演技が素晴らしい。時に苦悩し、時に激高し、時に力強く励まし、そして時には涙を溜めて泣く。たった一人の演技だけで映画を持たせたトム・ハーディは、本当に素晴らしい俳優である。今年の主演男優賞候補に挙げたい。

声だけの共演者たちもみんないい。それぞれに感情がこもり、ドラマを盛り上げるのに一役買っている。

男とは、仕事とは、人生とは…さまざまな事を、観終わっても考えさせてくれる、見事な秀作である。

それにしても、こんな難しい実験作を、監督2作目で成功させてしまった脚本・監督のスティーブン・ナイトはただ者ではない。前作「ハミングバード」 も、ジェイソン・ステイサムに新境地を開かせた異色の力作だった。この監督には、今後も注目して行きたい。
    (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

|

« 「ルック・オブ・サイレンス」 | トップページ | 「ターミネーター:新起動/ジェニシス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/61956844

この記事へのトラックバック一覧です: 「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」:

» 「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」:運転席での地獄巡り [大江戸時夫の東京温度]
映画『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』の原題は“Locke”。主人公の名前 [続きを読む]

受信: 2015年7月26日 (日) 00:22

» オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 [象のロケット]
多国籍の大手建設会社で現場監督をしているアイヴァン・ロックは、翌朝早くに55階建の超高層ビルの工事現場へ行き、200台以上のトラックが運んできたコンクリートを型枠に流し込む、大規模な作業を控えていた。 その夜は妻子と共に自宅でサッカーを観戦する予定だったが、思いがけない電話がかかってきて、彼はイングランド北部の工事現場から遠く離れたロンドンへと車を走らせる…。 サスペンス・ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2015年8月 1日 (土) 02:04

» 車内、電話にて一変する一夜 [笑う社会人の生活]
13日のことですが、映画「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」を鑑賞しました。 超高層ビルの工事を手掛ける大手建設会社のエリート社員アイヴァン、彼は自宅ではなくロンドン方面の高速道路に車を走らせていく。 電話で部下に翌日の作業を押し付け、妻に自宅に戻れなく...... [続きを読む]

受信: 2015年8月22日 (土) 17:37

» オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分★★★ [パピとママ映画のblog]
ロサンゼルス映画批評家協会賞やイギリスのインディペンデント映画賞などで称賛された異色のサスペンス。思わぬ状況に追いやられる中、高速道路を車で走る男の胸中に漂う不安や焦燥を見つめる。監督と製作総指揮に『ハミングバード』などのスティーヴン・ナイトと『つぐな...... [続きを読む]

受信: 2015年8月24日 (月) 18:04

» トム・ハーディ! ~『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』 [真紅のthinkingdays]
 LOCKE  夜のハイウェイ。1台のBMWが、ロンドンに向けてひた走る。ドライバーはア イヴァン・ロック(トム・ハーディ)。彼の目的は、生まれて来る我が子の出生に 立ち会うこと。しかし彼には、妻と二人の息子が待つ家庭があった。  登場人物はただひとり、舞台は運転席のみ。車中にかかってくる電話の会話 だけで、ストーリーが進行する野心作。お...... [続きを読む]

受信: 2015年9月 8日 (火) 07:42

» オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 [いやいやえん]
【概略】 順風満帆な人生を送っていた男、アイヴァン・ロック。だが1本の電話によって、彼は人生のすべてを懸けた決断を迫られることになる。 サスペンス トム・ハーディ主演のワンシチュエーション劇。 演じるのはトム・ハーディのみで、出演はあとは声のみです。建築の現場責任者である主人公アイヴァンと4人の人物との関わりが電話を通じて描かれていきます。ある意味役者としての見せ所の作品でもありました。 電話の相手は4人、それぞれあげていきますね。 一人目:ベッサン 1年前ワインのせいで1... [続きを読む]

受信: 2015年10月14日 (水) 07:50

» オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 [銀幕大帝α]
LOCKE 2013年 イギリス/アメリカ 86分 ドラマ/サスペンス 劇場公開(2015/06/27) 監督: スティーヴン・ナイト 脚本: スティーヴン・ナイト 出演: トム・ハーディ:アイヴァン・ロック 声の出演: オリヴィア・コールマン:ベッサン ルース・ウィルソン:カ...... [続きを読む]

受信: 2016年5月12日 (木) 21:13

« 「ルック・オブ・サイレンス」 | トップページ | 「ターミネーター:新起動/ジェニシス」 »