« 「沖縄 うりずんの雨」 | トップページ | 「ヴィンセントが教えてくれたこと」 »

2015年9月 6日 (日)

「ナイトクローラー」

Nightkrowrer2014年・アメリカ/Bold Films他
配給:ギャガ
原題:Nightcrawler
監督:ダン・ギルロイ
脚本:ダン・ギルロイ
製作:ジェニファー・フォックス、トニー・ギルロイ、ミシェル・リトバク、ジェイク・ギレンホール、デビッド・ランカスター
編集:ジョン・ギルロイ

刺激的な映像を求めるテレビ業界の裏側を描いたサスペンススリラー。監督は「落下の王国」「トゥー・フォー・ザ・マネー」等の異色作や「ボーン・レガシー」等の脚本を書いたダン・ギルロイ。これが監督デビュー作となる。主演は「複製された男」のジェイク・ギレンホール。共演に「マイティ・ソー」シリーズのレネ・ルッソ。第87回アカデミー賞脚本賞ノミネート作品。

ケチな窃盗でかろうじて糊口をしのいでいたルイス(ジェイク・ギレンホール)は、ある日通りかかった交通事故現場で、凄惨な映像を撮ってはテレビ局に売る、いわゆる映像パパラッチをやっている男ジョー(ビル・パクストン)の仕事ぶりを目撃する。これはカネになると感じたルイスは早速ビデオカメラと無線傍受器を手に入れ、事件や事故の現場にいち早く駆け付けてはスクープ映像を撮影し、これがテレビ局のディレクター、ニーナ(レネ・ルッソ)に認められて高値で買い取られるようになる。しかし視聴率を求めるテレビ局の要求はエスカレートし、それに応えようとするルイスの行動は次第に常軌を逸して行く…。

着想がまず面白い。ネットやデジカメ、スマホが普及し、昔と違って今は事故現場に居合わせた一般大衆が誰でも、凄惨かつリアルな映像を撮る事が出来、それがネットにアップされたり、テレビでも放映されたりで、我々は日常的に生々しいスクープ映像を見る事が出来るようになった。

だがそうした凄惨な映像に慣れてしまうと感覚がマヒし、大衆はますます過激な映像を求めるようになり、ネットではとても正視に耐えないようなグロテスクな映像などが無修正でアップされていたりする。

テレビでも、おとなしいニュース映像では飽き足らなくなり、最近でもシリア難民の子供の遺体が浜辺に打ち上げられている無残な映像が、一部ボカシをかけられてはいるけれどもそのままテレビで放映されていた。昔ならこんな映像は絶対にテレビでも新聞でも見る事は出来なかったはずだ。

そうした現代の際限のない映像エスカレート状況を痛烈に風刺したのが本作である。これは実にタイムリーな問題作である。

(以下ネタバレあり)

主人公ルイスは、ケチなコソ泥である。街なかの金網やマンホール蓋等を盗んでは屑鉄業者に売るという泥棒稼業である。だがいつかはマトモな職業に付きたいと焦っている。

そんな彼が、報道パパラッチの取材現場を目撃し、これは商売になるとピンと来たルイスは、盗んだ高級自転車を打った金でカメラと無線傍受器を入手し、パパラッチ業に参入する事となる。
最初は見様見マネで失敗したり、警察に邪魔されたりもするが、やがてコツをマスターし、警察無線を傍受して警察より先に事故・事件現場に到着しては凄惨な映像を撮りまくり、ついにテレビ局に高値で買い取ってもらう事に成功する。

だがテレビ局ディレクター・ニーナはルイスに、もっと過激な映像をと要求し、ルイスもそれに応えるべくパパラッチ行動をエスカレートさせ、時には映像映りをよくする為に事故現場の死体を移動させたり、ついには殺人現場と犯人を目撃しながら犯人の情報を警察に隠し、別の日、犯人を尾行して匿名で通報し、警察に追われて逃げるさまをすべてカメラに収めたりもする。
元々、泥棒が稼業だったルイスにとっては、倫理とかモラルなんかは端から持っていないに等しい。過激な映像の為にはどんな逸脱行為だって平気でやってしまう。

この彼の行動原理が、最後に伏線として効いて来る。うまい脚本である。どんな結末かはここでは書かない。

このエンディングには不快感を示す人がいるかも知れない。こんな卑劣で汚い、人間の屑のような奴が[業界で成功を収め、悠々と生き延びる]のは後味が悪いと思う人もいるだろう。

そういう意味では、彼は現代が生んだ怪物(モンスター)であるとも言えよう。

だが、そんなモンスターを生んだのは、マスコミであり、そして我々大衆なのである。大衆が刺激を、過激さを求め続ける限り、そうしたモンスターは増殖し続けるだろう。
我々自身も、罪は深いのである。本作はその事を痛烈に風刺し、我々に刃を突きつけて来るのである。

悪は滅びる、ありきたりの結末なら、我々は自らの罪に気づかないまま、安心して映画館を後にするだろう。それでは映画が描こうとしたものが見えなくなってしまうのである。

頭が良くて、狡猾で、そして誰よりも大衆が欲求するものを知り尽くしている…そんな奴ほど成功し、大衆のカリスマになりうる、それが現代であり、この時代が抱える闇でもある。
誰とは言わないが、現実にこの日本にもそんな政治家や首長がいるはずだ。

 
ルイスを演じたジェイク・ギレンホールがすごい。もともと目玉が大きくて薄気味悪い(失礼)顔をしてるのだが、本作の為に体重を12キロも落として、さらに目はギラつき、不気味さを増している。まさに怪演である。

夜のロサンゼルスをダイナミックに映し取った名手ロバート・エルスウィット(「インヒアレント・ヴァイス」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」)のキャメラも素晴らしい。

監督のダン・ギルロイは、脚本を書いた「トゥー・フォー・ザ・マネー」(2005)でも、試合の勝敗、得点差を予想して大金を動かすスポーツ賭博を舞台に、スポーツ情報屋としてのし上がって行く男の人生を描いていた。大衆の欲望をビジネスにして成功させる、という点で本作と共通するものがある。

監督デビュー作にして、現代の闇を鋭く切り裂いた衝撃の問題作を完成させたダン・ギルロイには、今後も注目して行きたい。     (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

 
(付記)
ダンが脚本に参加した「ボーン・レガシー」の監督、トニー・ギルロイはダンの兄である。トニーは本作のプロデューサーにも名を連ねている。
ついでに、本作の編集者としてクレジットされているジョン・ギルロイは、ダンの双子の兄弟だそうである。いわば兄弟3人が協力し合った作品だとも言える。

も一つついでに、彼らの父、フランク・D・ギルロイも1950年代から脚本家、映画監督として活躍していた人。なんとピューリッツア賞作家でもあり、ブロードウェイの舞台劇「The Only Game in Town」(後にエリザベス・テイラー主演で映画化もされた。邦題は「この愛にすべてを」)の原作者でもあるという多彩な人である。監督作としてはチャールズ・ブロンソン主演の異色西部劇「正午から3時まで」(1976)がある。

血筋は文句なし。トニーとダン兄弟、互いにライバルとして、協力者として切磋琢磨し活躍する事を期待したい。

|

« 「沖縄 うりずんの雨」 | トップページ | 「ヴィンセントが教えてくれたこと」 »

コメント

おもしろかったですが、「セッション」といいこれといい、「クライマックスで車が激突!」はさすがに飽きました。

いや、おもしろかったですよ。

投稿: タニプロ | 2015年9月 9日 (水) 00:59

◆タニプロさん
>「クライマックスで車が激突!」はさすがに飽きました。
本当に多いですね。「セッション」は確かに必要だったか?という気はしますが、本作の場合は例の「ダイアナ妃事故」でもお馴染み、パパラッチを描いてるわけですから、対象追跡→自動車クラッシュは必然だったと思いますね。

投稿: Kei(管理人) | 2015年9月21日 (月) 12:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/62229293

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイトクローラー」:

» ナイトクローラー〜学習熱心なこそ泥に適した職業 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Nightcrawler。ダン・ギルロイ監督。ジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド、ビル・パクストン。原題の原義は夜に這い出て来るミミズのことで、 ... [続きを読む]

受信: 2015年9月 6日 (日) 21:46

» 「ナイトクローラー」:J.ギレンホールがビョーキなんです [大江戸時夫の東京温度]
映画『ナイトクローラー』は、かなりの毒気を持った異色作。ジェイク・ギレンホールが [続きを読む]

受信: 2015年9月 6日 (日) 22:00

» ナイトクローラー [だらだら無気力ブログ!]
コレは後味悪いが中々に面白い。 [続きを読む]

受信: 2015年9月 6日 (日) 23:07

» ナイトクローラー/NIGHTCRAWLER [我想一個人映画美的女人blog]
今月一番楽しみにしていた作品 アカデミー賞にて、脚本賞にノミネート。 L.A.。傍受した警察無線から事件、事故を嗅ぎ付け猛スピードで車を走らせ、いち早く現場に駆け付けて被害者にカメラを向ける者たち。 通称ldquo;ナイトクローラーrdquo; 報道ス...... [続きを読む]

受信: 2015年9月 7日 (月) 00:15

» ナイトクローラー [あーうぃ だにぇっと]
ナイトクローラー@ギャガ本社試写室 [続きを読む]

受信: 2015年9月 7日 (月) 05:32

» 『ナイトクローラー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ナイトクローラー」□監督・脚本 ダン・ギルロイ□キャスト ジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド、ビル・パクストン■鑑賞日 8月22日(土)■劇場  チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>...... [続きを読む]

受信: 2015年9月 7日 (月) 08:13

» 『ナイトクローラー』 [こねたみっくす]
この報道パパラッチさん、怖すぎるよ! 正義も主義もない、金銭欲と支配欲に駆られたハイエナのようでヴァンパアイのようでもあるこの異様に痩せこけてギョロ目がさらに強調され ... [続きを読む]

受信: 2015年9月 7日 (月) 23:58

» 「ナイトクローラー」 [或る日の出来事]
ジェイク・ギレンホールすげーな! [続きを読む]

受信: 2015年9月 9日 (水) 22:40

» 夜にさまよう狂気の男 [笑う社会人の生活]
映画「ナイトクローラー」を鑑賞しました。 まともな仕事につけず軽犯罪で稼ぐ男ルイスは衝撃的な映像を撮ってはマスコミに売るパパラッチの姿を目にする。 ルイスも事件や事故の現場に駆けつけ 悲惨な映像を次々と撮影していき 高額な報酬を得るようになったルイスは行...... [続きを読む]

受信: 2015年9月21日 (月) 16:19

» 夜に輝く~『ナイトクローラー』 [真紅のthinkingdays]
 NIGHTCRAWLER  The City Shines Brightest At Night  盗品を売って日銭を稼ぎ、糊口をしのいでいた青年ルイス・ブルーム(ジェイ ク・ジレンホール)は、深夜の高速道路で事故現場を撮影する一行を見かける。  ジェイク・ジレンホールが過酷なダイエットで体型と人相を変え、スキャンダ ラスな映像に取り憑かれ...... [続きを読む]

受信: 2015年9月25日 (金) 08:19

» 「ナイトクローラー」 [ここなつ映画レビュー]
ルー(ジェイク・ギレンホール)は狂っている。それは間違いのない共通認識だし、作品は前面にそれを押し出している。しかし、ルーが映像を売るケーブルテレビのプロデューサーレネ(ニーナ・ロミナ)はどうなのか?更に言えば、レネにそのオーダーをさせる視聴者は?全ては視聴率のために。それを大義名分として掲げて許される程に、刺激的なニュース映像を追い求める視聴者は、つまりは私達大衆は狂っていないとでもいうのか?ということを言いたいが為の作品なのであろう、これは。YouTube全盛で素人がどんどん動画を露出できてしま... [続きを読む]

受信: 2015年10月13日 (火) 13:06

» ナイトクローラー [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4,5点】(09) 誰かコイツに道徳心を教えてやってくれ! [続きを読む]

受信: 2015年11月15日 (日) 22:43

» ナイトクローラー [銀幕大帝α]
NIGHTCRAWLER 2014年 アメリカ 118分 サスペンス/ドラマ 劇場公開(2015/08/22) 監督: ダン・ギルロイ 製作: ジェイク・ギレンホール 脚本: ダン・ギルロイ 出演: ジェイク・ギレンホール:ルイス・ブルーム レネ・ルッソ:ニーナ・ロミナ リズ・アーメッ...... [続きを読む]

受信: 2016年2月11日 (木) 16:52

» ナイトクローラー (Nightcrawler) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ダン・ギルロイ 主演 ジェイク・ギレンホール 2014年 アメリカ映画 117分 ドラマ 採点★★★★ 街行く人々のほぼほぼ全員がある種の撮影機器を持ってるようなもんなので、“一億総ジャーナリスト時代”とか“一億総パパラッチ時代”とか言われてたりしますね…... [続きを読む]

受信: 2016年2月20日 (土) 22:32

» 『ナイトクローラー』『天使が消えた街』をキネカ大森1で観て、ギレンホールは楽し、ブリュールはつまらんふじき★★★★,★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
「過激化するマスメディアの妄想」2本立て ◆『ナイトクローラー』 五つ星評価で【★★★★ジェイク・ギレンホールが面白くて目が離せない】 何だろう。 ジェイク・ギレンホー ... [続きを読む]

受信: 2016年3月 5日 (土) 22:51

« 「沖縄 うりずんの雨」 | トップページ | 「ヴィンセントが教えてくれたこと」 »