« 2015年を振り返る/追悼特集 | トップページ | 2016年度・鑑賞作品一覧 »

2016年1月 2日 (土)

2015年度・ベスト20 ワースト10発表

 あけまして おめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。 

 

さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋混成のベスト20です。

Ann1位 あん
 観念的な作品が多かった河瀬直美監督が、こんな心温まる見事な傑作を作るなんて、まったく予想外でした。誰が観ても分かり易く、かつ静かに差別への怒りを滲ませた演出も見事。次もこんな作品を作って欲しいとお願いしておきます。

2位 神々のたそがれ
 ただただ圧倒されました。打ちのめされました。映画のパワーというものをまざまざと感じました。構想35年に及ぶアレクセイ・ゲルマン監督の執念が乗り移った奇跡の力作です。

3位 アメリカン・スナイパー
 クリント・イーストウッド、本当に凄い監督です。作った時84歳!ですよ。信じられません。戦争で人間が壊れて行く、重いテーマを背負った作品でありながら、スリリングな緊迫感とエンタティンメント的要素も絶妙に配分した、こんな素晴らしい傑作をこの歳で作れるなんて。脱帽です。

4位 バクマン。
 こちらは一転、軽やかにマンガ作りという夢に向かって突き進む青春群像をリズミカルかつスピーディに描いた秀作。大根仁監督、今後も期待大です。

5位 セッション
 ドラマーを目指す若者と、その彼を徹底的にしごく鬼教師。この二人の対決だけで映画を引っ張り、最後まで見せ切るデイミアン・チャゼル監督の引き締まった演出が素晴らしい。これが長編監督2作目だというから凄い。鬼教師を演じるJ・K・シモンズも鬼気迫る熱演。圧倒されました。単なる感動とお涙の作品にしていない点もいいですね。

6位 沖縄 うりずんの雨
 沖縄の歴史と現状をストレートに、かつ力強く描いたジャン・ユンカーマン監督の骨太ドキュメンタリーの傑作。沖縄問題に関心のある方は必見です。

7位 野火
 塚本晋也監督の執念を感じさせる、戦後70年の節目に登場した戦争映画の傑作。これが低予算の自主製作映画とは信じられないくらい。市川崑監督の旧作を凌ぐ、素晴らしい力作でした。

8位 マッドマックス 怒りのデス・ロード
 昔の旧作も凄く好きな作品なのですが、これにもやられました。パワフル、ダイナミック、そして狂気が充満したアクション映画の極北。ジョージ・ミラー監督、もういいお歳のはずなのに昔とまったく変わらない、どころか昔よりさらにアクションと狂気はスケールアップしてますね。まいりました。

9位 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 全編をほぼワンカットで撮るという無謀な冒険にチャレンジし、見事な成功を収めたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の戦略にまず敬意を表したいですね。映画はそれだけでなく、きちんと主人公マイケル・キートンの苦悩、恐れ、不安、そして復活に賭ける意欲を的確に表現しているのが見事。映画マジックはここまで来たか、という感慨もあります。

10位 百円の恋
 昨年度のキネマ旬報ほかの映画賞でベストテン入りを果たしていますが、当地で公開されたのは2015年初。なので今年度の私のベストに入れさせていただきます。安藤サクラが素晴らしい。武正晴監督の今後にも期待大ですね。

11位 KANO 1931海の向こうの甲子園
   台湾映画ですが、戦前は日本の領地だった、その歴史を踏まえた上できちんと感動のスポーツ・エンタティンメントに仕上がっているのが見事ですね。見ごたえあります。

12位 この国の空
 脚本家荒井晴彦氏の2本目の監督作ですが、ぐっと演出の腕を上げましたね。戦時中の時代風俗を丁寧に描き、その不安な時代の空気の中で次第に恋心を燃やす女の情念が的確に描かれています。監督・荒井晴彦の今後にも注目です。

13位 海街diary
 上の作品にも感じましたが、本作にも成瀬巳喜男監督作品の影響が垣間見えますね。純日本的な家屋や風景をバックに、異母妹のすずが姉たちとの暮らしの中で、少しづつ心を解きほぐして行くプロセスが丁寧にしっとりと描かれて感動を呼びます。写真家・瀧本幹也氏が担当した撮影も素晴らしい。是枝裕和監督、着実に名匠の域に近づいておりますね。

14位 アンジェリカの微笑み
 世界最高齢監督のマノエル・ド・オリヴェイラ監督が101歳!の時に撮った秀作。カメラマンが、若くして亡くなった少女アンジェリカの写真を撮った事から、アンジェリカの亡霊に恋し、幽玄の世界に堕ちて行くという怪談物語なのですが、地元スペインの風景や労働者たち、下宿に同居する人々の会話などが随所に配されて生活感を滲ませ、単なる幽霊話に終わらず、人間という存在の不可思議さを追求した魅力的な映画に仕上がっています。凄い監督ですね。

15位 恋人たち
 橋口亮輔監督、7年ぶりの力作。それぞれに悩み、苦悩を抱えた3人の人物の日常描写を通して、人間の生き方の根源に迫った秀作です。素人俳優の使い方もうまい。もっと上位にしても良かったのですが、批評にもあるように若干引っかかる点があってこんな位置になりました。

16位 激戦 ハート・オブ・ファイト
 香港製の、格闘技をテーマとした感動の力作。若者が、元チャンピオンの落ちぶれた男にトレーナーになってもらい、過酷なトレーニングを経て勝ち続けるがチャンピオンに敗北、その姿を見て、元チャンピオンも再びどん底から這い上がり、闘いに挑んで行く、というよくあるベタな展開なのだけれど、人生の再起を賭けて立ち上がる男たちの熱い思いに泣かされる秀作です。主演のニック・チョンがとてもいいですね。

17位 岸辺の旅
 黒沢清監督の、幽霊になって戻って来た男と彼の妻との旅を描く不思議な物語。黒沢演出は円熟味と風格が出て来ましたね。

18位 ナイトクローラー
 映像パパラッチの男が、卑劣な手段を使ってでも名声を手に入れようとする物語で、マスコミ・テレビ局の視聴率主義エゴイズム、視聴者のあくなき欲望がモンスターを生んで行く、という痛烈な社会批判が込められた異色作。ジェイク・ギレンホールが怪演。

19位 悪党に粛清を
 珍しいデンマーク製の西部劇。アメリカ製とは微妙に違う、いかにも北欧的空気感が充満した異色作です。いろんな名作西部劇のエッセンスを巧妙に取り込んで、正統西部劇ファンも満足出来る見事な出来です。

20位 群盗
 こちらは韓国製のマカロニ・ウエスタン調アクション時代劇。単なるアクションに留まらず、敵役にも過酷な過去を背負わせたり、主人公たちが次第にチームワークを結束させて行くプロセスを丁寧に描いたりで奥は深い。新鋭ユン・ジョンビン監督は今後も注目ですね。

…さて、以上がベスト20ですが、例によってまだまだ入れたい作品が目白押しですので、もう10本、ベスト30まで紹介しておきます(タイトルのみ)。

21位 バケモノの子
22位 ヴィンセントが教えてくれたこと
23位 エール!
24位 
母と暮せば
25位 
百日紅 ~Miss HOKUSAI
26位 
女神は二度微笑む
27位 
戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)
28位 
私の少女
29位 
GONIN サーガ
30位 
ソロモンの偽証 前編・事件

・・・・・・・・・・・・・・

まだまだあって、やはり2015年度も30本でも収まらなかった。31位以下も順不同で挙げておきます…
 「トラッシュ! この街が輝く日まで」
 「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦(ディレクターズ・カット版)」
 「裁かれるは善人のみ」
 「黄金のアデーレ 名画の帰還」
 「顔のないヒトラーたち」
 「マイ・インターン」
 「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
 「おみおくりの作法」
 「ミルカ」
 「ビッグ・アイズ」
ほとんど洋画ばかりですね。こういう準ベスト級というレベルの日本映画が少ない(秀作か駄作かの両極端)、という事でしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・

さてお次は、恒例となった、楽しいおバカB級映画を集めた、「愛すべきB級映画大賞」。今回もベスト5のみです。

1位 シャークトパスVSプテラクーダ  *今年もロジャー・コーマンは健在(笑)。
2位 テッド2     マクファーレン、今回もやってくれました。
3位 ムーン・ウォーカーズ   シッチャカメッチャカ度では昨年ナンバーワン、
4位 ラブ&ピース     園子温、2015年はおバカに徹したようです。
5位 ホラー・シネマ・パラダイス  ホラーなんだけど脱力、笑えます。

1位は、1昨年も1位にしたけれど、昨年もやっぱりロジャー・コーマン。もうホント、くだらなくって笑いっぱなし。で、今年もまたまた未体験ゾーン2016で続編「シャークトパスVS狼鯨」(笑)が待機中。もうトコトンやってください。偉大なりロジャー・コーマン。「テッド2」はシネコンで大ヒットしたけど中身は相変わらずのお下劣おバカムービー。メインタイトルバックのMGMミュージカル・パロディには感動。3位はこちらもメインタイトルのアニメが最高。詳しくは作品評を参照ください。4位の園子温、昨年は4本も監督し、どれもバカバカしいけれど、これは徹底的におバカでくだらない。だけど、その究極のくだらなさに愛着を感じたくなる不思議な作品。ただワーストとは紙一重ですね(笑)。5位はこれも未体験ゾーン映画祭で上映された作品で、監視カメラの殺人映像を間違ってスクリーンに映したら観客がホラー映画の場面だと思って熱狂するという展開が笑えます。POV映画がヒットしている時代状況をうまく取り入れたアイデアが秀逸。

・・・・・・・・・・・・・

最後に、こちらは腹が立つ駄作群「ワーストテン」の発表です。

1位 ギャラクシー街道  とにかくつまらない。気持ち悪い。
2位 進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド  不条理映画に理屈持ち込んだのが間違い。
3位 極道大戦争     三池さん、最近壊れてない?
4位 チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密  ジョニデにコメディは似合わない。
5位 天の茶助   SABU監督らしからぬ凡作。一体何が言いたかったの?
6位 合葬      原作も脚本も一流なのに演出がすべてブチ壊し。
7位 映画 みんな!エスパーだよ! 園子温監督、さすがにコレはアカンでしょ。
8位 予告犯    思わせぶりで最後腰くだけ。予告編にダマされた。
9位 エイプリル・フールズ  脚本に古沢良太らしさが感じられない。期待外れでした。
10位 ボクは坊さん。  「ファンシィ・ダンス」が懐かしい。脚本ちゃんと作ろうよ。
次点 トイレのピエタ   評価は高いけれど私には合いませんでした。

 

今年度も、ほとんどを日本映画(9本)が占めてしまいました。私の好きな監督や期待している人も入ってるのには余計ガッカリ。詳しくはHPの方で書きます。

という事で、今年もよろしくお願いいたします。 m(_ _)m   

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    

|

« 2015年を振り返る/追悼特集 | トップページ | 2016年度・鑑賞作品一覧 »

コメント

Twitterとかブログで色んな方の年間ベストテン見ましたけど、本当に映画なんて人それぞれだから、他人がよせる愛情にどうのこうの言うもんじゃないよなあと、改めて思いました。

もうすっかりブログ書かなくなっちゃいましたが、今年もよろしくお願いします。

投稿: タニプロ | 2016年1月 3日 (日) 11:02

◆タニプロさん
いつも情報ありがとうございます。
映画の評価なんてその人の持つ尺度、価値観次第で、他人がどう言おうと関係なく自分が感じた通り選べばいいわけで、また他人の評価に口出しするもんでもないと常々思っております。

あ、おススメの「Dressing UP」、ようやく当地で近日公開される見込みのようです。公開されたら是非見ます。「お盆の弟」おススメいただいたのに時間が合わず見逃してしまいました。あちこちで評価高いようで、これ見逃したのが悔やまれます。
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: Kei(管理人) | 2016年1月 3日 (日) 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/62990273

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年度・ベスト20 ワースト10発表:

» [映画][映画総括]2015年ベスト10(+5) [タニプロダクション]
以下、facebookより転載 映画が、好きです。だから今年も発表します。 2015年映画ベスト10(+5) 気になるのがあったらDVD等でチェックしてみてください。 外国映画から、日本映画は後日にします。 1位「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(ジョージ・ミラー監督)ア... [続きを読む]

受信: 2016年1月 2日 (土) 23:04

» 2015年マイ・シネマ・ランキング! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 う~ん、相変わらず更新できておりませんね。言い訳でけしまへん!ホントすみませんm(_ _)m。でも、やっぱりこれだけはやらせていただきます。だって年越せませんから。今年は何と!125本もの映画を、映画館・試写室で観ることが出来ました(除くTV、DVD鑑賞)。人生史上最多更新!でございます。で、とりあえず恒例の“マイ・シネマ・ランキング”。今年も殆んどUP出来てませんので、UPしていなかった映画には、一言コメントを添えておきたいと思います。  ランキングの方は、例年通り吾輩が『良かった!』と思った... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 02:46

» 2015 MY BEST MOVIE TOP 10 [日々“是”精進! ver.F]
総括… 詳細はφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201512260000/ 【送料無料】[枚数限定][限定版]【初回限定生産】マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレ…価格:3,102円(税込、送料込) 【送料無料】ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット/ヴィ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 06:32

» 2015年日本映画ベスト10 [佐藤秀の徒然幻視録]
昨年に引き続き、今年も日本インターネット映画大賞の2015年度日本映画投票に応募を兼ねて基本的に劇場新作公開99邦画作品から。 作品賞投票ルール(抄) ・持ち点合計は30点 ・1 ... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 09:18

» 2015年外国映画ベスト10 [佐藤秀の徒然幻視録]
昨年に引き続き、また「2015年日本映画ベスト10」に続いて、日本インターネット映画大賞の2015年度外国映画投票に応募を兼ねて今年見た基本的に劇場新作公開102作品から。 [作品賞投票 ... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 09:18

» 2015年ベストシネマ15(洋画編) [京の昼寝〜♪]
2015年ベストシネマ15(洋画編)   2015年は洋画50(うち2回1)、邦画47本と少しですが洋画が多かったです  昨年に比べ、少ない数だったのは、11月に換えたTOHOシネマズのフリーパスが  有効に使えなかったことも理由の一つです。   そ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 09:21

» 2015年を振り返って<映画> [はらやんの映画徒然草]
さて、年の瀬も押し迫ってきたので、毎年恒例の1年間の振り返りです。 今年の鑑賞本 [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 10:02

» 2015年のベスト10です。 [こねたみっくす]
「安心して下さい。面白い映画はありますよ。」とばかりに洋邦問わず様々な話題作や大作が数多く公開された2015年。「結果にコミットする」ような興収を得たのはやはりアニメやシリ ... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 14:30

» 2015年のワースト10です。 [こねたみっくす]
期待された才能や企画が昔からのファンを裏切る作品が多かった2015年。大衆に迎合した作品に成り下がり、本来その才能や企画が持つ魅力を完全に喪失されてしまった残念な作品を見る ... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 14:30

» 2016年新年のご挨拶と、2015年、洋画ベストランキング10 [パピとママ映画のblog]
新年明けましておめでとうございます。皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 2015年劇場鑑賞作品から、15年はアクション映画好きの私にとっては、選びきれないほどたくさんの名作品に恵まれまし...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 14:58

» 2015年、邦画ベスト・ランクング10 [パピとママ映画のblog]
明けましておめでとうございます! 昨年も邦画をたくさん観賞しました。最近の邦画もハリウッド映画に負けないくらいにとてもいい作品が公開されました。 それでも、順位を付けるとなると、私が★★★★★を付けた作品から選んで見たいと思います。 第1位:KANO〜193...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 14:58

» 2015年劇場鑑賞映画マイベストテン [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ]
業務があまりに多忙で映画は全然見れなかった。映画館での鑑賞本数はたったの18 それでベストテンもないけど、一応私の毎年の恒例行事なので… 2015年映画マイベストテン 1位 セッション(デミアン・チャゼル) 2位 恋人たち(橋口亮輔) 3位 キングスマン(マシュー・ヴ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 15:22

» 2015総括マイベスト映画レビュー [オールマイティにコメンテート]
2015年もいよいよ10日あまりとなってしまいました。 2015年度鑑賞した作品は現時点で51作品と 10年連続60本以上鑑賞する事ができませんでした。 ただ10年連続 ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 15:54

» 2015年ベスト10&ワースト10&more...(短評付き) [銀幕大帝α]
【2016年謹賀新年】 2015年銀幕大帝αベスト10 (1/1〜12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出) 1位:『イコライザー』(レンタル開始日:2015-03-25) 短評:デンゼル・ワシントンが少女の平和を願い悪を相手に無双しまくる。渋い!カッ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 21:40

» 2015年Nakajiの映画ランキング [C’est joli ここちいい毎日を♪]
今年もいよいよ終わりですね〜!!早めにランキングがんばろっと! 今年は意外にも100本いかなかったな〜!92本でした。 それでもよく見に行ったほうなのかしら。。。 映画館にはライブビューイングでよくいったから、パスポートはかえれるんだけど、 帰るのは来年...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 22:02

» 2015☆ベスト&ワースト映画/2015 BESTWORST MOVIE☆ [我想一個人映画美的女人blog]
あっという間に年末! blogは10年だけど、その前から毎年作ってたので 今年で18年目  独断と完全なる好みで選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によるものなので映画の出来の良さではなく、 面白かったもの、好きというのを重視 ちなみ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 22:34

» 2015年の映画を振り返る [メルブロ 〜海外個人旅行記〜]
 いつも訪問していただいているみなさま、あけましておめでとうございます。昨年はお世話になりました、今年も宜しくお願いします。  それでは毎年恒例12回目になるメルブロの ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 22:35

» 2015 unforgettable movies [ノラネコの呑んで観るシネマ]
いろいろな事が起こりすぎて、なんだか世界が混沌に陥っていった2015年。 映画界の最大の話題は、「マッドマックス」「スター・ウォーズ」「ロッキー」という7、80年代に絶大な人気を誇った伝説的なシリーズが、揃ってオリジナルを凌駕するクオリティで見事な復活を遂げたことだろう。 時代は連環するというが、今また新しい時の輪がはじまったという感慨がある。 それでは、今年の「忘れられない映画たち」...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 5日 (火) 00:00

» 「2015 無人島に10日間。フォーンと観るならこの映画」(大晦日の気分) [ラムの大通り]
----ついに大晦日。 こんなに顔を見せてくれなかった年もなかったニャ。 一年のまとめもやらないままなのかと…。 「まったくだね。 実は今年は、 外国映画も日本映画も引き込まれる作品がとても多かったんだ。 で、あちらを喋ればこちらは喋らなくていいのかと…。 そんな...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 5日 (火) 17:37

» 2015年ベストシネマ15(邦画編) [京の昼寝〜♪]
2015年ベストシネマ15(邦画編)   毎年、洋画より邦画のいい作品が印象に残るのですが、  後半戦は邦画にあまり良いものがなかったような気がします。  残念ながら4年連続の100本超えは出来なかったですが、  今年はもっと吟味して鑑賞して行こうと思...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 5日 (火) 18:54

» 私が見た映画ランキング2015 [センタのダイアリー]
私が2015年、劇場で見た72本の映画をまとめました。 トップ10のみランキング形式です。 また、今振り返ると見た直後の評価の基準が結構ブレているので、そこは改めてレべリングし直しました。 基本的には、以下のような考え方。星の中の並び順には意味はありません。 ★★★★★・・・傑作。DVD買って何度も見ようと思える作品。(BEST10は略) ★★★★☆・・・面白い。お勧め。(BE...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 5日 (火) 21:09

» My Best Movie of 2015 [映画!That s Entertainment]
My Best Movie of 2015 ■口上 今年は劇場20本を含め、全部で208本の作品を鑑賞しました。昨年よりやや少なくなりました。 年初はオスカー受賞作を追いかけ、年末も佳作に巡り会えました。主にフィールドとしている WOWOWでも思いもかけずいい作品に出会えたり、なかなか充実した一年でした。 中でもあまり観ない邦画に触れるチャンスが多く、良作を鑑賞することも出来ました。 またいい映画は何回観てもいいなあ、ということで複数回の鑑賞に及ぶ作品もかなり ありました。20... [続きを読む]

受信: 2016年1月 7日 (木) 21:39

» 2015年の映画ベストテン and more. [Akira's VOICE]
ベストその他いろいろ! [続きを読む]

受信: 2016年1月 8日 (金) 10:05

» 2015 Movies Best 10 [宇宙のめいぐると]
来年の目標:キネマ旬報ベストテンより先に発表する!! [続きを読む]

受信: 2016年1月11日 (月) 12:37

» 2015年マイベスト38(おまけで第11回シネマ停留所映画賞) [或る日の出来事]
「ベスト10」だけでは、つまらないから、全部に順位をつけましょうかね?という、毎年恒例のお遊び。 [続きを読む]

受信: 2016年1月11日 (月) 22:07

» 2015年ミスターシネマ的満足度ランキング [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[映画興行ランキング] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ ブログをご覧の皆さん、遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます! 昨年は4年半ぶりにブログを更新したものの、秋以降はなかなか更新できない状況が続いてしまい、誠に申し訳…... [続きを読む]

受信: 2016年1月12日 (火) 03:57

» 2015年度 年間ベスト&ワースト [Subterranean サブタレイニアン]
主食が餅の三日間を乗り越えようやく通常の食事にありつけるのかと思いきや、今朝もしっかり餅を食べた身体の主成分が餅のたおです。あけましておめでとーございました! で、考えてみれば休止期間をはさんでるんでまるっと3年振りとなる年間ランキング。3年間の思いのたけ…... [続きを読む]

受信: 2016年1月28日 (木) 16:43

« 2015年を振り返る/追悼特集 | トップページ | 2016年度・鑑賞作品一覧 »