« 小説 「孤狼の血」 | トップページ | 「家族はつらいよ」 »

2016年3月 5日 (土)

「ヘイトフル・エイト」

The_hateful_eight2015年・アメリカ/ワイスタイン・カンパニー
配給:ギャガ
原題:The Hateful Eight
監督:クエンティン・タランティーノ
脚本:クエンティン・タランティーノ
美術:種田陽平
音楽:エンニオ・モリコーネ
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーベイ・ワインスタイン、ジョージア・カカンデス

大雪のため閉ざされたロッジで繰り広げられる密室ミステリーを描いた西部劇。監督・脚本はこれが長編第8作目となる「ジャンゴ 繋がれざる者」のクエンティン・タランティーノ。出演はタランティーノ作品常連のサミュエル・L・ジャクソンに、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチルとくせ者揃いの豪華キャスト。音楽をタランティーノが敬愛する巨匠エンニオ・モリコーネが担当し、これで第88回アカデミー賞の作曲賞を受賞した。70ミリフィルムによる「ウルトラ・パナビジョン70」方式で撮影(ロバート・リチャードソン担当)された事でも話題となった。

南北戦争後のワイオミング。雪の中を走る1台の駅馬車。乗っているのは賞金稼ぎのジョン・ルース(カート・ラッセル)と手錠をはめられた賞金首の女デイジー・ドメルグ(ジェニファー・ジェイソン・リー)。その道中に、お尋ね者3人の死体を運ぶ途中の賞金稼ぎマーキス・ウォーレン(サミュエル・L・ジャクソン)、レッドロックの新任保安官だというクリス・マニックス(ウォルトン・ゴギンズ)も乗り込んで来る。雪嵐が近づき、一行は道中にあるミニーの紳士洋品店に立ち寄る。が、そこには店主ミニーの姿はなく、見知らぬメキシコ人のボブ(デミアン・ビチル)が店番をしていた。店には他に、絞首刑執行人のオズワルド・モブレー(ティム・ロス)、カウボーイのジョー・ゲージ(マイケル・マドセン)、南軍の元将軍サンディ・スミザーズ(ブルース・ダーン)という3人の先客がいた。それぞれに訳ありの8人は、吹雪の中この店で一晩を一緒に過ごす事になるが…。

タランティーノ監督の、長編作としてはこれが8本目だそうである。題名に“8”が入ってるのはその意味もある。
なんか、多作のイメージがあったが、そんなに少なかったのかと意外な感じである(「キル・ビル」はパート1、2足して1本の勘定だそうだ)。まあ脚本のみ提供とか、出演のみの作品など、関係してる映画は沢山あるので監督作品も多いと錯覚していたようだ。

ただしカンヌでパルムドールを獲った「パルプ・フィクション」の後、4人の監督で撮ったオムニバス「フォー・ルームス」(1995)の第4話の監督も担当してるから、本数から言えば「8 1/2(2分の1)本目に当たるとも言えるわけで、フェデリコ・フェリーニ監督の名作
「8 1/2」を連想してしまう。あちらもこれまた4人の監督によるオムニバス「ボッカチオ’70」(1962)を1/2本と数えて、フェリーニ監督8 1/2本目の作品だった。奇しくもその1/2の作品の題名に
“70”が付いてるが、本作のフィルムも70ミリと、なんか縁があるようだ。

閑話休題、本作は前作に引き続いて西部劇仕立て。ただし西部劇らしいのは、駅馬車が登場する事と、賞金稼ぎのガンマンが登場人物の中にいる、という2点だけで、後半に入ると、雪に閉ざされたロッジに集まった訳ありの8人が次々と死んで行き、さて犯人は…という謎解きミステリー仕立て。

いつもいろんな映画からの引用、オマージュを散りばめるタランティーノ監督作品の例に洩れず、本作も映画ネタが満載。映画ファンとしてはいくつ元ネタが見つけられるか、というお楽しみもあり、これは早いものがち(笑)。
これについては、恒例、お楽しみコーナーで詳述することとする。

ストーリー的には、やや強引な所もあったりで、多少脚本に無理がなきにしもあらずだが、冒頭から無駄話的会話を延々と喋っていたり、章立てにしたり、時制を途中で逆転させたり、そして何よりデビュー作「レザボア・ドッグス」以来、近作に至るまで続く、殺し殺される凄惨な血みどろバイオレンス描写、と、タランティーノ印の刻印が随所に散りばめられ、タランティーノ・ファンなら十分楽しめる作品に仕上がっている。

前作にもあった、黒人差別への批判も健在で、特に南北戦争時、相当の黒人兵を殺したらしい南軍の元将軍スミザーズに対し、怒りと復讐心をぶつけるウォーレンは、前作のジャンゴの分身であるとも言える。

そういう意味でも本作は、タランティーノ監督作品の集大成とも言え、まさにタランティーノ版「8 1/2」である、と言えるだろう。

これを70ミリで作ったというのも、タランティーノならではである。「デス・プルーフ in グラインド・ハウス」では、昔ながらの2本立てプログラム・ピクチャーを場末の3番館で見る、という懐古趣味を復権させたタランティーノ、今回はこれも今では絶滅危惧種である70ミリ・フィルムでの上映を復活させた。
今ではほとんど消えてしまった昔ながらの上映方式を、今の時代にもう一度復活させたい、という思いは、昔から映画を見ているファンなら誰でも思うだろう。それを自分で実行しているタランティーノは、やはり筋金入りの映画ファンである。それだけでも尊敬に値する。

残念ながら、日本ではもう70ミリ上映館はなく、映写機もないようだ。昔は大阪にも、OS劇場、梅田東映パラス、神戸では聚楽館、と、70ミリ上映館はいくつもあった。大画面でのクリアな映像に酔ったものだった。映画館で観てれば分かるが、上下の黒味は普通のシネスコよりも多い。縦横比が2.76:1という超横長映像。舞台を見ているようで、ロッジ内での会話劇はまさに舞台劇。これ、大スクリーンの70ミリ劇場で、フィルム上映で観たかったと痛切に思う。

ともあれ、タランティーノ・ファンなら是非観るべし。少しでも、大きな劇場で。   (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

 

(で、お待ちかね、お楽しみはココからだ)

まず、“雪に閉ざされた一軒家の中で殺人が起き、誰が犯人か、を捜す謎解きミステリー”という物語シチュエーション。
これは本格ミステリーでは昔からよくあるパターンで、ミステリー作家は大抵これをやりたがる(笑)。東野圭吾や綾辻行人、有栖川有栖など、みんな1回はこれを書いている。

で、本作の元ネタは、おそらくはアガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」、それと「そして誰もいなくなった」の2本だろう。
前者では、で立往生した列車の中で殺人が起き、犯人は同じ車両に乗り合わせた12人の中にいるはず。名探偵ポアロが犯人探しを行う。
後者では、孤島に集められた10人が、次々と殺されて行く物語で、最後に全員が死んでしまう。では犯人は誰か、というもの。本作でも最後に全員が死んでしまった(らしい)。10人の登場人物の中には、退役した老将軍や、元判事など、本作と似たキャラクターもいる。
ちなみに「そして誰もいなくなった」の原作小説の原題は"Ten Little Niggers"といい、本作でも登場人物がウォーレンを「ニガー」と呼んだりしているのも、これに引っ掛けている気配あり。
も一つ小ネタを披露すると、この原作の2度目の映画化作品(邦題「姿なき殺人者」)(1965)の舞台は、雪に閉ざされた山荘である。

そのウォーレン、「このシチューはミニーが今朝作ったものだ」とか「メキシコ人嫌いのミニーがメキシコ人を雇うはずがない」など、ちょっとしたヒントから謎を解いて行く辺りも、ポアロ並みの名探偵ぶりである。

もう1本、雪に閉ざされた基地内で不気味な怪物が次々人間を殺して行く「遊星からの物体X」(ジョン・カーペンター監督)にもオマージュを捧げている。これはタランティーノ自身も公言している。この作品で主役を演じていたのがカート・ラッセル。ジョン・ルースにカート・ラッセルをキャスティングしたのはその為だろう。
ちなみに、この作品の音楽を担当したのもエンニオ・モリコーネ

 
そしてもう1本、元ネタとなっている映画がある。

セルジオ・コルブッチ監督のマカロニ・ウエスタン「殺しが静かにやって来る」(1968)である。

これは、全編雪が降り積もる山中の町、スノーヒルが舞台で、しかもその雪の山道を走る駅馬車も登場する(写真1)。これに主人公(ジャン・ルイ・トランティニャン)も乗っており、おまけに途中で、馬が死んで歩いていた保安官が馬車を止め、同乗する(写真2)。
さらに、途中からは、賞金稼ぎの殺し屋(クラウス・キンスキー)が、お尋ね者の3人の死体を馬車の屋根に乗せて同乗するシーンまである。

Thegreatsilence1
ほとんど、本作の前半とそっくりである。前作「ジャンゴ 繋がれざる者」 でも雪山が登場し、前作の元ネタ「続・荒野の用心棒」と同じセルジオ・コルブッチ監督作である「殺しが静かにやって来る」のオマージュだろうと書いた事があるが、今度はその「殺しが静かに-」の重要シーンが再現されている。タランティーノ、よほどコルブッチ監督の大ファンなのだろう。

ついでに、その「殺しが静かに-」の音楽を担当したのが、これまたエンニオ・モリコーネ。タランティーノが本作の音楽にモリコーネを熱望したのも、よって当然であろう。

|

« 小説 「孤狼の血」 | トップページ | 「家族はつらいよ」 »

コメント

うっわあ~~~ ニガー ニガー ニガー ニガー・・・
サミュ次郎(→サミュエル・ジャクソン)に 黒人侮蔑連発~~(これじゃ映倫にひっかかるよ~)

いつものごとく タラ夫(→クエンティン・タランティーノ)お得意の ダラダラトーク演出で のばしまくり~(映画館だったら かったるくて いねむりするよぉ~)

北部VS南部の 元兵役経験ということで 元南部将軍ジジイことブル彦(→ブルース・ダーン)と サミュ次郎は元北部少佐だが ブル彦は根っからの ニガー嫌い!!!

な・な・な・なんと ブル彦の息子の死の経緯を サミュ次郎が・・・サミュ次郎が・・・・とんでもない えげつない内容をはなしてんじゃん(とても・・・とても・・・倫理上 書けません・・・)

そっから 次々とひともんちゃくあって ひとり、ふたり 減ってゆく(まさに ”そして だれもいなくなった”じゃな)

さてはタラ夫 アガサ・クリスティの隠れファンだね(隠れキリシタンみたいに!)

タラ夫の もうひとつのお得意演出方 「時間軸シャッフル」
おはこやなぁ~タラ夫(この手法は 誰にもマネできねえぜといわんばかり!)

そこで タネ明かしが 時間軸を 事件発生したのその日の早朝にもどして 見る者に伝える(大きなマジックショーほど タネは意外と身近に あるもんやなぁ~)

最後に ジェニ恵(→ジェニファージェイソンリー)
顔 きったねえ~(汚れざんまいだ~)

賞金稼ぎのカトリン(→カート・ラッセル)に 肘鉄くらうわ 頭を銃のグリップで殴られるわ シチュー ぶっかけられるわ カトリンの吐血を顔面に まるでAV撮影で男優のザーメンを顔射されたみたいに もろ浴びするわ まさに 汚れの女王や(さすが 名優ビッグモローの娘・・・汚れ役が板について輝いて見えるわ~)

アカデミー賞助演女優賞に ノミネートされたのに受賞されなくて残念・・・・

これだけ 体張って 汚れ役に徹したんだから受賞させろよな~

投稿: zebra | 2016年10月16日 (日) 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/63304714

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘイトフル・エイト」:

» ヘイトフル・エイト [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
南北戦争後西部の山奥で大雪にあい避難したロッジで繰り広げられるミステリーだ。前半にしっかりと伏線がまかれて、後半に綺麗に回収されるという映画の定石どおりの展開だ。何回も見たくなるほどの作りこみだと思う。星5個。... [続きを読む]

受信: 2016年3月 6日 (日) 21:30

» ヘイトフル・エイト [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:The Hateful Eight。クエンティン・タランティーノ監督。サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミ ... [続きを読む]

受信: 2016年3月 6日 (日) 22:47

» 『ヘイトフル・エイト』 [こねたみっくす]
密室ミステリー要素ゼロ! これぞQT要素はたくさんあって面白いのに、見終わった後の満足度が低いのはなぜか。それは8人のクセ者だけではない、この映画も嘘つきだったからだ ... [続きを読む]

受信: 2016年3月 6日 (日) 22:56

» 『ヘイトフル・エイト(THE HATEFUL EIGHT)』クエンティン・タランティーノ監督、サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、他 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞、重要登場人物、オチなどに触れています。『ヘイトフル・エイト』THE HATEFUL EIGHT監督・脚本 : クエンティン・タランティーノ出演 : サミュエル・L・ジャクソンカート・ラ [続きを読む]

受信: 2016年3月 7日 (月) 05:51

» 劇場鑑賞「ヘイトフル・エイト」 [日々“是”精進! ver.F]
8人の極悪人… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602270000/ ヘイトフル・エイト オリジナル・サウンドトラック [ エンニオ・モリコーネ ]価格:2700円(税込、送料込) 【在庫品】【送料無料】ヘイトフル・エイト The Hateful Eight/ 8インチ ...... [続きを読む]

受信: 2016年3月 7日 (月) 05:54

» ヘイトフル・エイト [Akira's VOICE]
憎み合いは不毛!   [続きを読む]

受信: 2016年3月 7日 (月) 08:40

» ヘイトフル・エイト/THE HATEFUL EIGHT [我想一個人映画美的女人blog]
やっときました今年のわたしの一番のお楽しみ、タランティーノ最新作 アカデミー賞にて、助演女優賞、作曲賞、撮影賞ノミネート 仕事帰りに夜中に終わる最終にて無事初日に鑑賞してきた ハイ、今回も、期待裏ぎりません 舞台は南北戦争から約10年後...... [続きを読む]

受信: 2016年3月 7日 (月) 22:48

» QT,No.8~『ヘイトフル・エイト』 [真紅のthinkingdays]
 THE HATEFUL EIGHT  This is the eighth film by Quentin Tarantino.  南北戦争後、雪のワイオミング。賞金稼ぎのジョン・ルース(カート・ラッセル) は、1万ドルの賞金がかかった女ギャング、デイジー・ドメルグ(ジェニファー・ジ ェイソン・リー)を手錠に繋ぎ、レッドロックを目指していた。そこへ、元騎...... [続きを読む]

受信: 2016年3月 9日 (水) 12:55

» ヘイトフル・エイト [象のロケット]
南北戦争(1861〜65年)後のアメリカ。 重罪犯の女を連行中の賞金稼ぎが乗る駅馬車に、雪で立ち往生した元北部の騎兵隊で同じく賞金稼ぎの男と、元南部の略奪団の一味だった新任保安官が乗り込んだ。 迫り来る猛吹雪から避難するため、一行は山の上のロッジへ立ち寄るが、そこでは見知らぬメキシコ人が店番をしており、絞首刑執行人、カーボーイ、南部の元将軍という、いわくありげな3人の先客がいた…。 クライム・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2016年3月 9日 (水) 15:50

» ショートレビュー「ヘイトフル・エイト・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「ヘイトフル・エイト」とは誰の事か? 猛烈な吹雪で一軒の店に閉じ込められた、8人の怪しい男たちと1人の賞金首の女を巡る密室ミステリ。 なるほど、コレはタランティーノにとっての原点回帰。
 要するに西部劇版の「レザボア・ドッグス」なんだな。 登場人物全員ワケあり。 はたして誰が事件を仕掛ける黒幕で、誰が生き残るのか?という訳だ。 しかし100分しかなかった長編デビュー作に対して...... [続きを読む]

受信: 2016年3月11日 (金) 21:49

» 「ヘイトフル・エイト」 [ここなつ映画レビュー]
クエンティン・タランティーノは近々にもう一作繋がれる面々の作品を作って、「繋がれし」三部作展開をすればいいと思う。「ジャンゴー繋がれし者ー」でもそうだったのだが、上映時間の長さに観る前は鑑賞を躊躇したものの、観終わった後には上映時間の長さを全く感じなかった。168分だったのに。とはいえ、鑑賞中はちょっと見苦しかったりテイストに合わなかった部分も本作にはあった。最も「違う」と感じたのは、奪回譚が復讐譚に見えてしまう所だ。「密室サスペンス」ということで、ネタバレしては申し訳ないので、以下は鑑賞済みの方、... [続きを読む]

受信: 2016年3月17日 (木) 17:58

» 「ヘイトフル・エイト」:好きな人は好きなんでしょうが・・・ [大江戸時夫の東京温度]
映画『ヘイトフル・エイト』は、タランティーノらしさたっぷりの西部劇。だけど、序盤 [続きを読む]

受信: 2016年3月20日 (日) 23:53

» [映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「ヘイトフル・エイト」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 クエンティン・タランティーノ監督・脚本、サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー他出演。南北戦争終結から数年後のワイオミング州、猛吹雪の中、偶然居合わせた8人による、壮絶な騙し合いを描くミステリー西部劇。 「カルト映... [続きを読む]

受信: 2016年3月28日 (月) 19:19

» ヘイトフル・エイト [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヘイトフル・エイト』を渋谷シネクインで見てきました。 (1)タランティーノ監督の作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、雪をいただくワイオミングの山々が聳えていて、雪雲が横に大きくなり、鳥が群れをなして飛んでいます。  雪野原...... [続きを読む]

受信: 2016年4月 4日 (月) 21:51

» ヘイトフル・エイト(2015)**THE HATEFUL EIGHT [銅版画制作の日々]
 クエンティン・タランティーノ監督が仕掛ける[密室]ミステリー! クセもの8人、全員ウソつき。生き残るのは誰だ! MOVIX京都にて鑑賞。長〜い作品でした。密室の場面で少々寝落ち・・・・。しまった!覚えているのはピアノを弾くメキシコ人ボブやギターを上手に弾...... [続きを読む]

受信: 2016年4月27日 (水) 01:25

» ヘイトフル・エイト [銀幕大帝α]
THE HATEFUL EIGHT 2015年 アメリカ 168分 ミステリー/アクション/西部劇 R18+ 劇場公開(2016/02/27) 監督: クエンティン・タランティーノ 『ジャンゴ 繋がれざる者』 脚本: クエンティン・タランティーノ 音楽: エンニオ・モリコーネ 出演: サミュエ...... [続きを読む]

受信: 2016年9月 7日 (水) 15:04

« 小説 「孤狼の血」 | トップページ | 「家族はつらいよ」 »