« 「レヴェナント 蘇えりし者」 | トップページ | 「ズートピア」 »

2016年5月 5日 (木)

「ちはやふる -下の句-」

Chihayafuruvol22016年・日本/日本テレビ=ROBOT
配給:東宝
監督:小泉徳宏
原作:末次由紀
脚本:小泉徳宏
ゼネラルプロデューサー:奥田誠治
エグゼクティブプロデューサー:門屋大輔、安藤親広
企画・プロデュース:北島直明
音楽:横山 克
アニメーションディレクター:ファンタジスタ歌磨呂

末次由紀による人気コミックの実写映画化二部作の後編。脚本・監督は前作に引き続き小泉徳宏。出演者も前作の広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、森永悠希、矢本悠馬など、そしてライバル役に「ストレイヤーズ・クロニクル」の松岡茉優が新たに参加している。

都大会優勝を果たした千早(広瀬すず)たちは、全国大会に向け、懸命に仲間たちと練習に打ち込む。だが千早にとって気がかりなのは幼なじみの新(真剣佑)から「もうかるたはやらん」と告げられた事。新にもう一度会いたい一心でかるたに打ち込んで来たのに…。そんな中、千早は“最強のクイーン”と呼ばれる若宮詩暢(松岡茉優)の存在を知る。“クイーンに勝ちたい”。千早の心は次第に仲間たちから離れ、詩暢との対決に向かって行く。太一(野村周平)はそんな千早を案じるがどうする事も出来ない。果たして千早たち瑞沢高校競技かるた部は全国大会に勝てるのか。試合の日は刻々近づいて来る…。

前作「上の句」は公開されるや多くの支持を集め、興行的にも大ヒットとなった。私の批評にも書いたが、前作は“学園クラブ活動もの”の典型パターンに沿った、まさに王道娯楽映画の秀作であった。映画ファンの熱い共感を呼ぶのも当然で、若手実力派・小泉徳宏監督の手腕が見事に発揮された力作として、私も高く評価した。

さてその二部作の後編である本作、当然ファンの期待も高まって、私もさぞや前作を上回る面白い作品になっているのではないかとワクワクしながら観たのだが…。

(以下ネタバレあり)

観終わった時の感想。うーん、ちょっと期待し過ぎたかな、という印象。
何より、前作の王道娯楽映画一直線パターンとは違って、千早の心の揺れ、迷いが中心で、後半のエピソードも全国大会優勝、という究極目標に収斂するのではなく、千早と“最強クイーン”若宮詩暢との対決に主軸が移り、しかもそこで負けてしまう、という何ともスッキリしない終わり方。
後編では活躍するのではと思っていた新も、結局競技に参加せず目だった活躍もないまま。モヤモヤ感が残ってしまった。

無論、良い所もある。勝つ事ばかりに凝り固まっていた千早が、やがて太一や新たちと過ごした“かるたが最も楽しかった頃”を思い出し、“競技に勝つ事だけが目的ではない、かるたを、心から楽しむ事こそが大事なのだ”という思いに至るプロセスはなかなか感動的で、それだから詩暢に負けても、千早は明るい表情を見せているのである。

かるたを諦めようと思っていた新が、競技会で心からかるたに打ち込む千早の戦いぶりを見て、楽しかった日々を思い出し、もう一度かるたをやる決心をする辺りもいい。ちょっとウルウルした。

負けたからと言って、それで終わりではない。青春時代はまだまだ続くのだし、千早たちはこれからも、かるたを通して強い絆と友情を高め合って行くのだろう。そして、いつかは詩暢に勝つ日もやって来るだろう。エンドロールにもさりげなく、その事を匂わす映像が見える。

若宮詩暢を演じた松岡茉優がいい。圧倒的に強い、天才的クイーンらしいオーラが感じられる。千早が敵わないなと思えるのも納得である。

 
そんなわけで、悪い出来ではないし、それなりには楽しめたが、王道的なストーリー展開で楽しめた「上の句」に比べたらやや落ちる印象は否めない。
一般のレビュー批評なども、前作に比べてやや辛口なものが目立った。

野球で言うなら、前作がストレートのど真ん中ストライクとするなら、本作は変化球スライダーでコーナーギリギリに入った球と言えるだろう。審判によってはストライクとも、ボールともどちらがコールされてもおかしくない微妙なコースである。評価が分かれるのも当然ではある。

 
だが、1作目の好評を受けて、続編製作が決定したとのニュースを聞いて、ハタと思い当たった。
これ、小泉監督の、周到な作戦ではないだろうか。あの終わり方では、初めから続編製作を狙っていたのではないか。

小泉監督の頭には、3部作の構想もあったのだろう。だがこれまで実績のない小泉監督では、前例のない3部作では配給する東宝もOKは出さないだろう。前・後編2部作なら最近流行りだし、その条件でやっとゴーサインが出たのだろう。

それで、「上の句」では観客の支持を集め易い、“王道娯楽映画パターン”で作り上げた。
目論見通り、「上の句」は観客から圧倒的な好評を得た。
さらに「下の句」では、あえて主人公が勝利するような王道ストーリーを外し、「この続きを見たい」と思わせるような作りにしたのではないだろうか。
東宝首脳部としても、ここまで来たら続編GOを出さないわけには行かないだろう。

小泉監督の、見事な作戦勝ちである(私の想像通りなら)。

 
それで思い出したのが、黒澤明監督の「七人の侍」製作時のエピソードである。

完全主義者の黒澤監督のこだわりと、悪天候などが重なって撮影は遅れに遅れ、制作費は予算を大幅に超過し、完成の目途も立たない。東宝首脳陣は製作中止も検討し始める。とりあえず出来ている所まで試写をやって、それを見た上で製作続行か中止かを決める、という事になった。
そこで黒澤監督は一計を案じる。上映フィルムでは、クライマックスの三船が「来やがった、野伏せりの奴来やがった!」と叫ぶ所でプツンと終わり、この続きはと聞く重役たちに黒澤監督は「これ以降は全然作っていません」と明言する。
それで続きを見たい重役たちは結局、「いくら製作費がかかっても結構」と製作続行を決定するのである。黒澤監督の策略は見事当たったのである。

「上の句」批評で私は、「部員集めのプロセスや、集まった5人のメンバーのキャラクターは、「七人の侍」を思わせたりもする」と書いたのだが、続編(製作続行)決定プロセスまで「七人の侍」と似ているとは思わなかった。
奇しくも、配給会社もどちらも東宝である。

主要登場人物にしても、若宮詩暢は「七人の侍」の“自らを鍛えあげる事に凝り固まった”剣の達人・久蔵(宮口精二)を思わせるし、本作の冒頭、電車の中でだらしなく寝入っている千早は、主人公でありながらユーモラスで奔放なキャラ(酒飲んでイビキをかいて寝てしまったり)の菊千代(三船敏郎)を思わせたりもする。
瑞沢高校かるた部の5人に、新と、彼らの師である原田先生(國村隼)を加えれば、メンバーは7人になる。頼りになる軍師格という点で原田先生は「七人-」の勘兵衛(志村喬)的存在でもある。

1作目は正統王道娯楽映画、2作目は続編がある作り方、という点では、ジョージ・ルーカス監督の「スター・ウォーズ」シリーズとも共通している。
最初にルーカスが作ったのは、まさしく正統王道娯楽映画パターンの「エピソードⅣ・新たなる希望」。これの大ヒットを受けて製作が決定した続編「エピソードⅤ・帝国の逆襲」では、いい所で終わって3部作の最終作「エピソードⅥ・ジェダイの帰還」に繋げている。
で、この「エピソードⅣ・新たなる希望」のストーリーや登場キャラクターが、黒澤監督作品「隠し砦の三悪人」からいただいているのは有名な話。

なんとまあ、見事に“黒澤明映画”で繋がっていた、というのも不思議な縁ではある。

 
そんなわけで、観終わって時間が経ってから思い起こしてみると、なかなかに奥が深く、千早がさまざまな試練、心の迷いを経て、仲間たちに支えられ成長して行く素敵な青春映画になっていたと思う。
改めて、「上の句」「下の句」を通して観直すと、また新しい発見があるかも知れない。    (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  

|

« 「レヴェナント 蘇えりし者」 | トップページ | 「ズートピア」 »

コメント

ちょうど「下の句」を観終わって劇場出たところで、続編のニュースを聞きました。
素晴らしいけど、どうしても拭えない未完結感が残るよなと思ってたので、ニュース聞いてやられたと苦笑い。
これ構成を考えれば完全に狙ってますね。
とりあえず、めちゃめちゃ楽しみです。

投稿: ノラネコ | 2016年5月 8日 (日) 22:24

◆ノラネコさん
>これ構成を考えれば完全に狙ってますね。
その通りだと思います。小泉監督、なかなか策略家ですね。
しかし、続編製作開始が来年ですって。もっと早く作って欲しいですね。待ちきれません。

投稿: Kei(管理人) | 2016年5月11日 (水) 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/63584037

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちはやふる -下の句-」:

» ちはやふる -下の句- [Akira's VOICE]
かるたで泣けるとは!!   [続きを読む]

受信: 2016年5月 5日 (木) 15:07

» ちはやふる 下の句 [映画好きパパの鑑賞日記]
 競技カルタに青春をうちこむ高校生達を描いた後編。上の句から見事なまでにつながっており、演出や撮影、美術も見事で、早くも今年ベストの作品になりそう。上の句の感想はこちら。 ブログ村のランキングです。よかったらポチッと押してください にほんブログ村 ... [続きを読む]

受信: 2016年5月 5日 (木) 15:26

» 劇場鑑賞「ちはやふる 下の句」 [日々“是”精進! ver.F]
みんながいるから、勝てる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604300002/ 小説 映画 ちはやふる 下の句 [ 時海結以 ]価格:734円(税込、送料無料) 映画『ちはやふる』オリジナル・サウンドトラック [ 横山克 ]価格:3240円(税込、送料無料) ... [続きを読む]

受信: 2016年5月 5日 (木) 15:59

» ちはやふる −下の句− [佐藤秀の徒然幻視録]
詩暢に一目ぼれした千早 公式サイト。末次由紀原作、小泉徳宏監督、主題歌:Perfume。広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、坂口涼太郎、松岡茉優 ... [続きを読む]

受信: 2016年5月 5日 (木) 17:31

» 「ちはやふる 下の句」:やはり失速の後篇 [大江戸時夫の東京温度]
映画『ちはやふる 下の句』は、楽しみにしていた後篇なのですが、やはり「前後篇に分 [続きを読む]

受信: 2016年5月 5日 (木) 19:56

» ちはやふる ー下の句ー [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
同じ高校の部活メンバー内の葛藤だけでなく、主人公の片思いの幼なじみやライバルの出現で色々な波乱が起きる。登場人物それぞれの個性が豊かに描かれており、挫折する設定がいい。簡単に成功しては面白くない。千早がチームの和を乱すこともあるけど、最後には全員一丸とな... [続きを読む]

受信: 2016年5月 5日 (木) 22:59

» 『ちはやふる-下の句-』 [こねたみっくす]
個人戦こそ団体戦。その意味は「チームちはやふる」と「瑞沢高校かるた部」を見れば分かる。 さすが小泉徳宏監督と言わんばかりの、何と爽やかな映画だことか。競技かるたの説明 ... [続きを読む]

受信: 2016年5月 5日 (木) 23:04

» 「ちはやふる 下の句」 彼女はちはやぶる [はらやんの映画徒然草]
上の句では、主人公千早が集めたかるた部員たちが団体戦を通して、本当の仲間になって [続きを読む]

受信: 2016年5月 6日 (金) 13:15

» ちはやふる -下の句- ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
競技かるたに情熱を注ぐ高校生たちの青春を描いた末次由紀の大ヒット・コミックスを「海街diary」の広瀬すず主演で実写映画化。本作は2部作の後編。ついに迎えた全国大会の舞台で最大の試練に直面したヒロイン千早が、太一や新、かるた部の仲間たちと織りなす熱き青春模...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 6日 (金) 18:37

» ちはやふる 下の句 [象のロケット]
新と再会した時に『強くなったな』と言われたい千早。 そして、新に勝たなければ前に進むことが出来ないと感じる太一。 しかし当の新は、かるたをやる目的を見失っていた。 そんな頃、最強のかるたクイーン・若宮詩暢の噂を耳にした千早は、部活の団体戦そっちのけで個人練習に励むように。 そして瑞沢高校かるた部の、運命の日がやって来た…。 青春ドラマ後編。... [続きを読む]

受信: 2016年5月 6日 (金) 21:12

» 映画「ちはやふる -下の句-」 [FREE TIME]
GW中に映画「ちはやふる -下の句-」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2016年5月 7日 (土) 20:58

» ちはやふる 上の句 & 下の句・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
繋がっているから、強くなれる。 挑戦的な作品である。 末次由紀作の同名漫画を原作に、競技かるたに明け暮れる高校生たちを「上の句」「下の句」と題した二部作で描く熱血青春映画。 和のスポコン+控えめなラブストーリーに、思春期のワクワクドキドキが加速する。 観客の立場では、二部作というのは必ずしも歓迎出来ない上映形態。 しかし脚本も手掛ける小泉徳宏監督は、真っ直ぐの剛速球で「上の句」...... [続きを読む]

受信: 2016年5月 8日 (日) 22:20

» ちはやふる −下の句−  監督/小泉 徳宏 [西京極 紫の館]
【出演】  広瀬 すず  野村 周平  真剣 佑  松岡 茉優 【ストーリー】 高校で再会した幼なじみの太一と一緒に競技かるた部を作った千早は、創部1年にして東京都大会優勝を果たす。自分をかるたに導いてくれた新に優勝報告をした際、新の衝撃的な告白に動揺する千早だ...... [続きを読む]

受信: 2016年5月12日 (木) 16:48

» 「ちはやふる -下の句-」 [或る日の出来事]
後編は、松岡茉優さんが大きくフィーチャーされました。(使い慣れない言葉をテキトーに使ってます。) [続きを読む]

受信: 2016年5月12日 (木) 22:33

» 「ちはやふる [下の句]」最強クイーン打倒を目指した先にみたあまりの強さに大きな挫折を味わった千早の挫折から知ったチームとして戦うかるたに再び青春を賭けていく決意を固めた [オールマイティにコメンテート]
「ちはやふる [下の句]」はかるたに青春を賭けた少女のストーリーの続編で幼馴染との再会で最強のかるたクイーンを知る事になった千早は最強のクイーンを倒すために猛特訓を目指 ... [続きを読む]

受信: 2016年5月13日 (金) 06:10

» すずちゃんの白目サイコー!(そこかいな。(;´∀`))~ちはやふる上の句&下の句~ [ペパーミントの魔術師]
るろ剣あたりから、前編後編一気に見れるようになったおかげで、 はしごで見てまいりました~☆ちなみに原作は未読。 余談なんですけど、娘が小6のときに、 百人一首を覚えました。担任の先生がこういうことを授業とは別にやってくれて、 そのためにそれこそ単語カードみ...... [続きを読む]

受信: 2016年7月22日 (金) 18:02

» ちはやふる 下の句 [E'S STREAM]
クイーンは侵しがたい聖域に住まい、本意を秘める…。高校で再会した幼なじみの太一(野村周平)と一緒に競技かるた部を作った千早(広瀬すず)は、創部1年にして東京都大会優勝を果たす。自分をかるたに導いてくれた新(真剣佑)に優勝報告をした際、新の衝撃的な告白に動揺する千早だったが、全国大会のために仲間たちと練習に打ちこむ。そんな折、千早は同い年で日本一となった若宮詩暢(松岡茉優)のことを知り……。(シネマトゥデイ)競技かるたで、名を挙げた瑞沢高校は、有志で作られた少数のかるた部が、北央高校を破り、全国大会に... [続きを読む]

受信: 2016年10月15日 (土) 20:44

» ちはやふる -下の句- [銀幕大帝α]
2016年 日本 102分 青春/ドラマ 劇場公開(2016/04/29) 監督: 小泉徳宏 『ちはやふる -上の句-』 原作: 末次由紀『ちはやふる』 脚本: 小泉徳宏 主題歌: Perfume『FLASH』 出演: 広瀬すず:綾瀬千早 野村周平:真島太一 真剣佑:綿谷新 上白石萌音:大江...... [続きを読む]

受信: 2016年10月20日 (木) 15:12

» ちはやふる -上の句-/ちはやふる -下の句- [いやいやえん]
【概略】 綾瀬千早、真島太一、綿谷新の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷の福井へ戻り、はなればなれになってしまう。高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創部を決意する。 青春 【概略】 「かるたはもうやらん」と言う新の告白にショックを受ける千早だったが、全国大会へ向けて仲間たちと練習に励む。そんな中、千早は最強のクイー... [続きを読む]

受信: 2016年11月14日 (月) 15:32

« 「レヴェナント 蘇えりし者」 | トップページ | 「ズートピア」 »