« 「キセキ あの日のソビト」 | トップページ | 「愚行録」 »

2017年2月19日 (日)

「マリアンヌ」

Allied22016年・アメリカ/パラマウント・ピクチャーズ
配給:東和ピクチャーズ
原題:Allied
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:スティーヴン・ナイト
音楽:アラン・シルベストリ
製作:グレアム・キング、ロバート・ゼメキス、スティーブ・スターキー

ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールの豪華共演で、戦争の只中で愛し合った二人の過酷な運命を描いたサスペンス・メロドラマ。監督は「フォレスト・ガンプ 一期一会」「ザ・ウォーク」の名匠ロバート・ゼメキス。脚本は「イースタン・プロミス」などの脚本で知られ、異色作「ハミングバード」「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」を脚本・監督したスティーヴン・ナイト。

1942年、カサブランカ。カナダの秘密諜報員マックス(ブラッド・ピット)とフランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、ある極秘ミッションを通して運命の出会いを果たす。それは、夫婦を装い、敵の裏をかいてドイツ軍大使を射殺するという作戦だった。作戦は成功し、任務を通してやがて深く愛し合った二人はロンドンで結婚し、子供も生まれて幸せな生活を送っていたが、ある日マックスは上官から呼び出され…。

舞台は第二次大戦下の仏領カサブランカ。主人公は美男美女…。とくればハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン主演の古典的名作「カサブランカ」を思い出す(ボガートは美男とは言えないが(笑))。

ナチス・ドイツ占領下の1942年、という時代や、ドイツに抵抗するレジスタンスの登場なども「カサブランカ」との共通性がある。ラストで、飛行場から脱出しようとするサスペンスも「カサブランカ」のラストと重なる。明らかにオマージュを捧げているようだ。
マックスがマリアンヌに将来の事を聞かれて答える「そんな先の事は分からない」のセリフは、「カサブランカ」のファンならニヤリとしてしまう、有名なセリフである。

お話自体も古典的で、激しい戦争のさなか、過酷な任務に従事する男がやがて美女と恋に堕ちる、という展開も、やはりイングリッド・バーグマンがゲーリー・クーパーと共演した「誰が為に鐘は鳴る」を思い起こす。ちなみにこれも「カサブランカ」と同じ1943年製作、製作会社は本作と同じパラマウントである。

本作は、こうしたいくつかのハリウッド製クラシック作品を下敷きにしている気配が濃厚である。

(以下ネタバレあり)

物語は、スパイとしてドイツ軍大使暗殺を命じられた秘密諜報員のマックスが、現地のレジスタンスの女マリアンヌと協力して任務を遂行するうち、二人は愛し合うようになり、任務終了後に結婚してロンドンで新居を構え、可愛い娘も生まれて幸福一杯。

ところが、マリアンヌにスパイ疑惑が持ち上がり、本当のマリアンヌは死んでいるという情報も伝わって来る。上層部はそれを確認する為、マックスを通じてわざと妻に偽の情報を聞かせるという作戦を取る。その情報がドイツ軍に伝わっていればマリアンヌのスパイ疑惑は確定し、そうなればマックスが妻を射殺しなければならなくなる。そのタイムリミットは72時間。

マックスには信じられない。果たして妻はスパイなのか。浮かんだ疑惑を払拭する為、マックスはさまざまな手を使って、妻が本当のマリアンヌであるという証拠を見つけようとする。

ここからラストに至るまでのシークェンスは、ヒッチコック風サスペンスを思わせる。
実際ヒッチコックがハリウッドで撮った作品には、夫が犯罪者ではないかという疑惑を抱いた妻の不安心理を描いた「断崖」(1941・原題は"SUSPITION"(疑惑))や、大好きだった叔父さんが実は殺人犯ではないかという疑惑に苛まれる少女が主人公の「疑惑の影」(1943)などのサスペンス作品がある。
ちなみにヒッチコックの1940年作品「海外特派員」には本作と同じく、ロンドン空襲シーンが登場する。

本物のマリアンヌを知る人物に接触する為、レジスタンスと共にドイツ軍支配下の町にある警察拘置所に潜入するシークェンスもスリリングで、緊迫感に満ちている。

その人物から、本物のマリアンヌは「ラ・マルセイエーズ」をピアノで弾けたと聞いたマックスは、マリアンヌを酒場に連れて行き、「ラ・マルセイエーズ」を弾いてみよと言う。
弾けなかったら、彼女は偽のマリアンヌであり、スパイである事が確定する。さあ、どうなるか。緊迫のサスペンス展開にハラハラする。

だが、彼女を深く愛していたマックスは、例えスパイだろうと、彼女を殺す事は出来ない。上層部が真実を知る前に、マリアンヌを逃がそうと脱出を試みる。

ラストはほぼ予想がつくが、それでも悲しい結末に涙してしまう。

 
物語全体を貫くのは男と女の愛のドラマであるが、スパイ・アクション部分もあれば、謎を孕んだサスペンスでもあり、空襲シーンやレジスタンス活動もある戦争映画でもある、となかなか欲張った構成であるが、それら要素が無理なく絶妙にブレンドされていて見事。脚本がよく出来ている。

その脚本を書いたスティーヴン・ナイトは、脚本デビュー作「堕天使のパスポート」がアカデミー脚本賞にノミネートされ、「イースタン・プロミス」でも注目され、「ハミングバード」(2012)では自らの脚本で監督としてもデビュー、2013年の脚本・監督作「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」 もトム・ハーディの一人芝居で全編を通すという異色の秀作だった。そういう実力派脚本家が書いてるのだから面白いはずである。

ロバート・ゼメキス監督にしては珍しい本格的なラブ・ロマンスものである(初期の頃に「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」があるが、あれは他愛ないコメディ要素が強かった)が、年輪を重ねたせいか、堂々たる風格のハリウッド王道悲恋メロドラマに仕上がっている。

マリアンヌを演じたマリオン・コティヤールが、かつてのハリウッド・メロドラマ女優を思わせる入魂の演技で魅せるし、ブラッド・ピットもこれまたボガートや、これも戦争悲恋もの「哀愁」(1940)のロバート・テイラーを思わせる、女を一途に愛し続ける男を演じて味わい深い好演を見せる。ちなみにこの作品にもロンドン空襲シーンが登場する。

往年のハリウッド・メロドラマを愛する映画ファンには特にお奨めの、クラシカルな風格を持った佳作である。    (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 

 

(で、お楽しみはココからだ)

ブラッド・ピット主演作としては、やはり第二次大戦を舞台とした「フューリー」 (2014)に続く戦争ものである。
その作品評で私は、同作に影響を与えたと思われる作品として、ハンフリー・ボガート主演の「サハラ戦車隊」(これも1943年作品)を挙げたのだが、本作も上述の通り、ボガート主演の「カサブランカ」の影響を明らかに受けている。
「サハラ戦車隊」の舞台も題名通り、本作と同じサハラ砂漠である。

つまりはブラピ、2本の第二次大戦を舞台としたハンフリー・ボガート出演作に影響を受けた作品、に立て続けに主演したという事になる。

もしかして、彼はハンフリー・ボガートのファンなのだろうか(「フューリー」は彼自身の製作総指揮)。

                                     
DVD「カサブランカ」
         
Blu-ray「カサブランカ」
         
 

                                     
DVD「フューリー」
 
DVD「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」
       
 

|

« 「キセキ あの日のソビト」 | トップページ | 「愚行録」 »

コメント

はじめまして!
ブラッド映画と言う不純な動機で見ましたが、
これがほんと、クラシカルないい映画に仕上がっていて堪能!
で、こちらのブログの、古い作品との解説に、なるほど~~と、納得した次第で。
ちょっと前なら、もっと上映館も多くて
解説もいろいろあったと思うのに、ブラッド映画も遠出をしないと観れない1本になってしまいました。
また、お邪魔します。

投稿: mariyon | 2017年2月19日 (日) 22:23

◆ mariyonさん
はじめまして。ようこそ。
>ブラッド映画も遠出をしないと観れない1本になってしまいました。
確かに、ファーストランでは全国150スクリーンと、「ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち」なんかの半分以下のスクリーン数ですね。製作は大手のパラマウントなのに配給は独立系の東和ピクチャーズ(東宝東和ではない)とままっ子扱い。ブラピ+ゼメキスでも、もうあまり客呼べないと思われてんでしょうかね。
か、あるいはクラシックな作りなので、今の若い人には受けないと判断したのでしょうか。
見れば楽しめると思うんですがね。
せめて、シニア世代の人には映画館に足運んで欲しいですね。

投稿: Kei(管理人) | 2017年2月27日 (月) 00:00

なかなか良かったと思います。
ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールがいいですね。
ゼメキスの演出も快調でした。
前半も後半もサスペンスが効いていて良かったです。
まあ「カサブランカ」やヒッチコック映画の様なムードはもう少し欲しかったですが。
ブラッド・ピット制作にしては珍しくアメリカでは興行は振るわなかったそうです。
やはりクラシックすぎたのかな。

投稿: きさ | 2017年2月27日 (月) 22:54

◆きささん
ゼメキス監督は、1940年代のハリウッド・メロドラマを再現したかったのではないでしょうか。ヒッチコック作品でも、「断崖」「レベッカ」あたりの戦前作品を意識してる気がします。
その為、若い観客には古めかしく見えて、興行がパッとしなかったのかも知れませんね。
それにしても「ラ・ラ・ランド」といい、古いハリウッド作品にオマージュ捧げた作品が続きますねぇ(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2017年3月 5日 (日) 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/64914965

この記事へのトラックバック一覧です: 「マリアンヌ」:

» マリアンヌ~007+カサブランカ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Allied。ロバート・ゼメキス監督。ブラッド・ピット、 マリオン・コティヤール、リジー・キャプラン、マシュー・グード。1942年のモロッコ・カサブランカとなると、 ... [続きを読む]

受信: 2017年2月19日 (日) 22:24

» 「マリアンヌ」☆映画ゆかりの地をたずねて [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
スパイと言えば美男美女。 吊り橋効果も手伝って、そんな二人だもの恋に落ちる訳だわ☆ ジョニデにしてもブラピにしても、やっぱり若い美女の魅力には抗えないのne [続きを読む]

受信: 2017年2月19日 (日) 23:02

» 劇場鑑賞「マリアンヌ」 [日々“是”精進! ver.F]
本物の愛のために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702100000/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/ALLIED【輸入盤】 [続きを読む]

受信: 2017年2月20日 (月) 07:03

» マリアンヌ [象のロケット]
第二次世界大戦中。 イギリス人諜報員の男性マックスと、フランス人諜報員の女性マリアンヌは、モロッコ・カサブランカでの作戦中に恋に落ち結婚する。 二人はイギリス・ロンドンで幸せな夫婦生活を送っていたが、妻マリアンヌに信じられない疑惑が持ち上がった。 72時間以内に疑いを晴らせなかった場合、マックスは妻の命を奪うようにと命じられてしまう…。 サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2017年2月20日 (月) 17:19

» マリアンヌ ★★★・8 [パピとママ映画のblog]
俳優だけでなくプロデューサーとしても活躍するブラッド・ピットと、アカデミー賞受賞監督ロバート・ゼメキスがタッグを組んだラブストーリー。第2次世界大戦下を舞台に、ある極秘任務を通じて出会った男女が愛し合うものの、過酷な運命に翻弄(ほんろう)されるさまを描...... [続きを読む]

受信: 2017年2月21日 (火) 17:46

» マリアンヌ [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【ALLIED】 2017/02/10公開 アメリカ PG12 124分監督:ロバート・ゼメキス出演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール 、ジャレッド・ハリス、サイモン・マクバーニー 、リジー・キャプラン 何度涙を流せば、愛する妻を守れるのか。 STORY:1942年、極秘諜報(ちょ...... [続きを読む]

受信: 2017年2月23日 (木) 16:47

» マリアンヌ(2016)**ALLIED [銅版画制作の日々]
 何度涙を流せば、愛する妻を守れるのか。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ポイントが貯まったのでポイント鑑賞。どちらかといえば、恋愛ものはどうも苦手なのですが、観たい作品が上手く上映されていないので、これを鑑賞することに・・・・。大体筋書は読めていましたが、やはり思ったとおりかな? ブラビはひげもじゃじやなくてきれいでしたね。もちろんコティヤール女史もお綺麗!美男美女のカップルでそれは中々見るにはいいのではないかなあと思いました。  だけどこういう映画には悲劇がつきもの!だけど泣けるほどのものではな... [続きを読む]

受信: 2017年2月25日 (土) 23:36

» マリアンヌ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
「カサブランカ」と同じ時代設定であり、まさに前半のモロッコ編ではスパイアクションが繰り広げられる。任務を終えて英国に戻ったらもう関係ないと思っていたら、ロンドンも空襲があい落ち着く暇もない。夫婦となった仕事仲間は詰めが甘かったのか、時代の嵐に負けてしまっ... [続きを読む]

受信: 2017年2月26日 (日) 23:34

» マリアンヌ [映画的・絵画的・音楽的]
 『マリアンヌ』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)前回取り上げた『たかが世界の終わり』に出演しているマリオン・コティヤールが本作にも出演しているというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、プロペラ機の音がして、原題の「ALLIED」が映し出...... [続きを読む]

受信: 2017年2月28日 (火) 18:46

» マリアンヌ [銀幕大帝α]
ALLIED 2016年 アメリカ 124分 ロマンス/サスペンス/ミステリー PG12 劇場公開(2017/02/10) 監督: ロバート・ゼメキス 『ザ・ウォーク』 製作: ロバート・ゼメキス 出演: ブラッド・ピット:マックス マリオン・コティヤール:マリアンヌ ジャレッド・ハ...... [続きを読む]

受信: 2017年6月29日 (木) 21:22

» これぞ往年のハリウッド映画 [笑う社会人の生活]
13日のことですが、映画「マリアンヌ」を鑑賞しました。 1942年、極秘諜報員のマックスとフランス軍レジスタンスのマリアンヌはドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う その後、ロンドンで再会し次第に惹かれ合った二人は愛を育んで結婚 幸せにみえ...... [続きを読む]

受信: 2017年7月21日 (金) 22:07

« 「キセキ あの日のソビト」 | トップページ | 「愚行録」 »