« 「パッセンジャー」 (2016) | トップページ | 「グレートウォール」 »

2017年4月16日 (日)

「ゴースト・イン・ザ・シェル」

Ghostintheshell 2017年・アメリカ/パラマウント=ドリームワークス
配給:東和ピクチャーズ
原題:Ghost in the Shell
監督:ルパート・サンダース
原作:士郎正宗
脚本:ジェイミー・モス、ウィリアム・ウィーラー、アーレン・クルーガー
製作:アビ・アラド、アリ・アラド、スティーブン・ポール、マイケル・コスティガン
製作総指揮:ジェフリー・シルバー、藤村哲哉、野間省伸、石川光久

士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメの傑作「GHOST IN THE SHELL    攻殻機動隊」の実写リメイク版。監督は「スノーホワイト」のルパート・サンダース。主演は「LUCY    ルーシー」のスカーレット・ヨハンソン。共演は「クリミナル・ミッション」のマイケル・ピット、デンマーク出身の俳優ピルウ・アスベック、フランスの名女優ジュリエット・ビノシュ、それに日本からビートたけし、桃井かおりが参加と国際色豊かなキャストが揃った。

電脳ネットワークと肉体のサイボーグ(義体)化が高度に発達した近未来。脳とわずかな記憶を残して全身が義体化された捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)率いる公安9課は、ハンカ・ロボティックスの推し進めるサイバー・テクノロジーを狙うサイバーテロ組織と対峙していた。捜査を進めるうち、やがてクゼ(マイケル・ピット)という名のハッカーの存在が浮かび上がる。しかしクゼを追う中で、いつしか少佐自身も自己の隠された記憶を呼び覚まして行く…。

押井守監督「GHOST IN THE SHELL    攻殻機動隊」(1995)は、その革新的な発想と映像美で公開当時、コアなファンからは熱狂的支持を得た(私もその一人)が、あくまでマイナーな位置に留まり、キネ旬ベストテンでは39位(投票したのはわずか4名)と評論家からはほぼ無視されてしまった。ちなみに読者のベストテンでは18位だった。
しかし海外に輸出されると反響を呼び、アメリカ・ビルボード誌のビデオ売上ランキングで1位となる快挙を達成した。また海外の多くの映画作家にも多大な影響を与え、ウォシャウスキー兄弟(当時)監督はこれに触発され、傑作SF「マトリックス」を発表するに至ったのはご存知の通り。毎度の事ながら、日本発の優良コンテンツが日本でよりも海外で先に評価されるパターンが繰り返されるのも困った事なのだが。

士郎正宗の原作も、膨大な情報量を持ったサイバーパンク傑作SFコミックなのだが、主役の草薙素子のキャラクターはややコミカルで、命令に対して「やなこった、へへーん」とおチャラケたり、毎回最後のコマでは、部長に「高給払ってね~」とか「私に有給休暇をー」とシナを作ったりのオチがあったりと、ハードなアクションの中に、結構ユーモラスな描写も交えている。

ところが押井守監督によるアニメ版では、こうしたコミカルさは全く影を潜め、素子が自己の出自とアイデンティティーに悩む等、硬質でダークなトーンに統一されている。ラストでは電脳ネットワークの中で生きる謎の生命体と素子が融合し、素子自身が新しい生命体へと転生するという結末を迎える。

まさにタイトルの持つ意味…“シェル(殻=実体)”の中に“ゴースト(霊的自我)”はどう存在するか、という、実に哲学的なテーマを持った作品なのである(これは原作のラストにも登場する)。そんなわけでこの作品は「2001年宇宙の旅」と並ぶ、時代を先取りした哲学的ハードSFの傑作として高く評価されたのである。これは原作を咀嚼して緻密に再構成した伊藤和典の脚本の力も大きいと言える。

 
さて、そんな傑作SFを実写映画化した本作、果たしてどんな仕上がりになったのか、期待と不安半々で鑑賞したのだが…。

(以下ネタバレあり)

映画は冒頭から、少佐がどういう経緯で義体の体を持つに至ったか、そして相棒のバドーの眼がなぜレンズの義眼になったのか、という原作にもアニメ版にもない前日譚が描かれる。少佐に義体化をほどこすオウレイ博士(ジュリエット・ビノシュ)も本作のオリジナル人物である。

これは序章としては分かり易いが、その分ポール・ヴァーホーヴェン監督の秀作SF映画「ロボコップ」とほとんどそっくりな出だしとなって、ややオリジナリティに欠けるきらいがないでもない。

少佐の名前が草薙素子でなく、ミラ・キリアンになっているのは、スカヨハが演じている為日本名では具合が悪いからだろう。その分、義体となる前は日本人・草薙素子だったという過去があり、少佐がその記憶をたどって自分の家族を探すというエピソードが追加されている。よってますます同様の展開となる「ロボコップ」にお話が似てしまったのはややマイナス。桃井かおりの登場は嬉しいサプライズだったが。

芸者ロボットの登場も笑える。元ネタは井口昇監督の「ロボゲイシャ」あたりか。その他にも、漢字が混じった和服仕様のCG広告媒体や香港的町並み等、「ブレードランナー」を思わせるビジュアル(注1)も合わせて東洋的なテイストが満載なのは、日本発の原作への敬意か、それともハリウッド映画への資本進出が目立つ中国へのおベンチャラか。

ストーリーの本筋は、クゼと名乗るネット空間を自在に動き回るハッカーが起こす殺人事件を捜査して行く中で、背後に隠された陰謀を少佐たち公安9課が暴いて行くというもの。そこに、自分の出自を探る少佐のエピソードが挟まれ、スリリングで飽きさせない展開でなかなか面白く見られた。

押井監督アニメのエッセンスを、巧みにハリウッド的アクションに消化させた脚本はなかなか健闘している。部分的に、アニメ版の名シーンを、アングルまでそっくりに再現したシーン(ビルの谷間を飛ぶ大型ヘリ、清掃車、水たまりでのアクション、戦車に飛び移りハッチをはがそうとする少佐、等)は、アニメ版ファンには思わず胸が熱くなるだろう。

ただ、押井監督作にあった哲学的な要素は排除されよくあるハリウッドSFアクションの1本になっているのは、トータルに見れば押井監督作に愛着のあるファンには物足りないかも知れない。私自身もそうしたファンだが、まあこれは仕方がないと割り切った方がいいだろう。もし哲学的要素を盛り込んだなら観客を選ぶ事となり、多分興行的には厳しいものになるだろうから。

その埋め合わせかどうか、押井監督オマージュが結構あるのが楽しい。押井作品に必ず登場するバセット・ハウンド犬がやっぱり登場するし、少佐の母(桃井かおり)が住む高層アパートの名前が「アヴァロン」というのもニヤリとさせられる(「アヴァロン」は押井監督の実写作品のタイトル)。エンドロールに、押井版の川井憲次作曲のテーマ曲とそっくりな曲(原曲を使用?)が流れたのも嬉しい。

ラストが、押井版アニメの冒頭シーンと同じ、熱光学迷彩スーツでビルを飛び降りるシーンで終わっているのもオマージュを感じさせておおっと唸りたくなるし、これで続編の可能性も匂わせている辺りがうまい。

Ghostintheshell2ただ、少佐が装着する熱光学迷彩スーツが、まるで相撲コントの着ぐるみみたいに見える(笑)のはやや興醒め。アニメ版ではもう少しエロいデザインだったし(右)。

ビートたけし扮する荒巻は、じっと構えている原作と違ってガン・アクションがあるのは、「アウトレイジ」などのアクション映画を作り主演したたけしへのリスペクトだろうか。ただ、日本語のセリフが聞き取れないのは難。つい英語の字幕の方を読んで補完してしまった(笑)。あちらの役者に英語で吹き替えさせた方が良かったかも知れない。
なお、クレジットではたけしは「"Beat" Takeshi Kitano」と表記されていた。あちらでは「北野武」の名前の方が有名だからか。

ついでだが日本語吹替え版では、アニメと同じ、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一らが吹替えを担当しているのも嬉しいサービス。アニメ・ファンには日本語吹替え版をお奨めする。

そんなわけで、これは良くも悪くもハリウッド製の「ブレードランナー」+「ロボコップ」を思わせるSF近未来アクションとして観ればそれなりに楽しめる作品である。士郎正宗原作や押井守監督作品を知らない人には十分面白いし、アニメ版ファンには、オマージュ部分を見つけて楽しむ方向にシフトチェンジして鑑賞する事をお奨めしたい。    (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

(注1)
押井監督のアニメ版にも、「ブレードランナー」的な香港を思わせる町の風景が登場する(下)。

Ghostintheshell3_3

 

DVD「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」 
  同・Blu-ray

原作コミック「攻殻機動隊」(1)
同・「攻殻機動隊」(2)

|

« 「パッセンジャー」 (2016) | トップページ | 「グレートウォール」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/65157858

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴースト・イン・ザ・シェル」:

» ゴースト・イン・ザ・シェル〜翻訳機能付き登場人物 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Ghost in the Shell。士郎正宗原作、ルパート・サンダーズ監督。スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ジュリエット・ビノシュ、マイケル・ピット、ピルー・アスベ ... [続きを読む]

受信: 2017年4月16日 (日) 22:05

» 「ゴースト・イン・ザ・シェル」(1回目) [或る日の出来事]
おもしろかった。 [続きを読む]

受信: 2017年4月16日 (日) 22:17

» ゴースト・イン・ザ・シェル [Akira's VOICE]
オリジナル愛を込めてシーンを繋げた印象。   [続きを読む]

受信: 2017年4月16日 (日) 22:23

» 劇場鑑賞「ゴースト・イン・ザ・シェル」 [日々“是”精進! ver.F]
ゴーストとともに… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201704070001/ GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊【Blu-ray】 [ 士郎正宗 ] [続きを読む]

受信: 2017年4月17日 (月) 06:09

» ゴースト・イン・ザ・シェル [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
士郎正宗原作の漫画「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソン主演で映画化した作品だ。押井守監督のアニメが有名なのだけど、わてはあまり物語の内容に詳しくない。草薙素子の名前は知っているし、レンズみたいな目のバトーも知っている。でも、映画を見ると物語の背景や... [続きを読む]

受信: 2017年4月17日 (月) 09:13

» ゴースト・イン・ザ・シェル [象のロケット]
近未来。 脳以外は全身義体の少佐は、悲惨な事故から命を助けられ、世界を脅かすサイバーテロリストを阻止するために完璧な戦士として生まれ変わった。 テロ犯罪は脳をハッキングし操作するという驚異的レベルに到達しており、少佐率いるエリート捜査組織・公安9課がサイバーテロ組織と対峙している。 捜査を進めるうちに、少佐は自分の記憶が操作されていたことに気づく。 自分の命は救われたのではなく、奪われたのだと…。 人気SFアクション実写版。... [続きを読む]

受信: 2017年4月17日 (月) 16:41

» ゴースト・イン・ザ・シェル★★★★ [パピとママ映画のblog]
『スノーホワイト』などのルパート・サンダーズが監督を務め、士郎正宗のSF漫画「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソンやビートたけしらを迎えて実写映画化。近未来を舞台に、脳以外は全身義体の少佐が指揮する捜査組織公安9課の活躍を描く。『イングリッシュ・ペイ...... [続きを読む]

受信: 2017年4月17日 (月) 20:16

» 「ゴースト・イン・ザ・シェル」☆何もかも凄い [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
士郎正宗のコミックを押井守監督が映画化したSFアニメの金字塔「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」は、あまりに有名なのだけど、未見だった私。 今回試写会の前にちょっとだけ触れてみよう~~と思い立ち、アニメシリーズを全話一気見!... [続きを読む]

受信: 2017年4月20日 (木) 00:45

» ゴースト・イン・ザ・シェル [とりあえず、コメントです]
SFアニメの大ヒット作をハリウッドで実写映画化したSFアクションです。 オリジナルのアニメシリーズが好きなので、どんなふうに実写で描かれるのだろうと気になっていました。 突っ込みどころは色々ありますけど、最後まで楽しめる作品になっていました。 ... [続きを読む]

受信: 2017年4月29日 (土) 23:18

» ゴースト・イン・ザ・シェル [だらだら無気力ブログ!]
あれ?悪くないぞ。 [続きを読む]

受信: 2017年5月 5日 (金) 00:36

» ゴースト・イン・ザ・シェル(日本語吹替版) 監督/ルパート・サンダース [西京極 紫の館]
【出演】  スカーレット・ヨハンソン(少佐/声:田中敦子)  ピルー・アスベック   (バトー/声:大塚明夫)  ビートたけし      (荒巻大輔)  マイケル・カルメン・ピット(クゼ/声:小山力也) 【ストーリー】 近未来。少佐は、かつて凄惨な事故に遭い、...... [続きを読む]

受信: 2017年5月 5日 (金) 14:43

» よくも悪くもスカヨハ攻殻。~「ゴーストインザシェル」~ [ペバーミントの魔術師]
TwitterとInstagramのアイコンを草薙素子にしてるくらいですからそりゃもう大好きです。ただし、OVAは全く見ていなくて劇場版アニメオンリー。一番最初に公開された劇場版アニメ「攻殻機 ... [続きを読む]

受信: 2017年5月11日 (木) 13:03

» [映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・完成度は高いのだと思う。 わりと堅実に、地味に物語を進めていた。 ただ、世界観の情報量は雑多で、私は、いちいち、自分の思い描く「リアル」との比較検討を心の中でさせられるのだった・・・。 私は、同じく完成度の高い『ダークナイト』にも面白さを感じな...... [続きを読む]

受信: 2017年5月14日 (日) 02:00

» ゴースト・イン・ザ・シェル [銀幕大帝α]
GHOST IN THE SHELL 2017年 アメリカ 107分 SF/アクション 劇場公開(2017/04/07) 監督: ルパート・サンダーズ 『スノーホワイト』 原作: 士郎正宗 出演: スカーレット・ヨハンソン:少佐 ビートたけし:荒巻大輔 マイケル・カルメン・ピット:クゼ ピ...... [続きを読む]

受信: 2017年9月 2日 (土) 14:23

« 「パッセンジャー」 (2016) | トップページ | 「グレートウォール」 »