« 「パッドマン 5億人の女性を救った男」 | トップページ | 「キングダム」 »

2019年5月12日 (日)

ビートルズも好きだったローレル&ハーディ

Stanollie2 先日掲載の「僕たちのラストステージ」の記事には書かなかったが、ローレル&ハーディに関して思い出した事があるので追記しておく。

 

私はビートルズの大ファンでもあるのだが、そのビートルズが1967年に発表した傑作アルバム、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のジャケットには、古今東西の58人もの著名人の写真がコラージュされていて、眺めるだけでも楽しい(下)。

Sgtpeppers_1

Sgtpeppers で、実はその著名人の中に、ローレル&ハーディが入っている(右・拡大図)。

登場する人物は、ルイス・キャロルやH・G・ウェルズといった作家から、政治家、哲学者、ボブ・ディランなどの歌手、フレッド・アステアやマリリン・モンロー、マレーネ・ディートリッヒといった映画俳優まで実に多彩だが、その中にこのコンビが混じっているのが嬉しい。チャップリンやバスター・キートンを差し置いて、である。

掲載基準は、ポール・マッカートニーの着想を元に、世界的な著名人(最初の選考ではキリストやヒトラーも入っていたが後に削除)を中心に、“ビートルズのメンバーが関心を持つ人々”の中から選ばれたのだそうだが、彼らもローレル&ハーディが好きだったのかと思うと、なおの事ビートルズが好きになった。

ただ左のローレルはすぐに分かるのだが、右のハーディは、他に写真がなかったのだろうか、別人かと思ったくらい似てない。それがちょっと残念。

「サージェント-」のアルバムを持っている方は、虫眼鏡で、じっくり探していただけたらと思う。

 

 

|

« 「パッドマン 5億人の女性を救った男」 | トップページ | 「キングダム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「パッドマン 5億人の女性を救った男」 | トップページ | 「キングダム」 »