« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月26日 (日)

「リチャード・ジュエル」

Richard-jewell 2019年・アメリカ/マルパソ・プロダクション
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:Richard Jewell
監督:クリント・イーストウッド
原案:マリー・ブレナー
脚本:ビリー・レイ
製作:クリント・イーストウッド、 ティム・ムーア、ジェシカ・マイヤー、 ケビン・ミッシャー、 レオナルド・ディカプリオ、 ジェニファー・デイビソン、 ジョナ・ヒル

1996年のアトランタ・オリンピック爆破テロ事件の真実に迫ったサスペンスドラマ。監督は「運び屋」の名匠クリント・イーストウッド。出演は「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェル、「ブラック・クランズマン」のポール・ウォルター・ハウザー、「ミザリー」のキャシー・ベイツなど。

続きを読む "「リチャード・ジュエル」"

| | コメント (4)

2020年1月19日 (日)

「パラサイト 半地下の家族」

Parasite 2019・韓国/Barunson E&A
配給:ビターズ・エンド
原題:Parasite
監督:ポン・ジュノ
脚本:ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン
製作:クァク・シネ、ムン・ヤングォン、チャン・ヨンファン

韓国の格差社会の現状を背景に、ある貧困家族が富裕家族にパラサイト(寄生)した事で巻き起こる騒動を描いたブラックコメディの秀作。監督は「母なる証明」「スノーピアサー」の鬼才ポン・ジュノ。主演は「殺人の追憶」以来監督とはこれが4度目のタッグとなるソン・ガンホ。共演は「最後まで行く」のイ・ソンギュン、「後宮の秘密」のチョ・ヨジョン、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のチェ・ウシクなど。第72回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した他、第92回アカデミー賞国際長編映画賞にもノミネートされた。

続きを読む "「パラサイト 半地下の家族」"

| | コメント (2)

2020年1月12日 (日)

「男はつらいよ お帰り 寅さん」

Otokohaturaiyookaeritorasan 2019年・日本
配給:松竹
監督:山田洋次
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝原雄三
プロデューサー:深澤宏
音楽:山本直純、山本純ノ介 

故・渥美清主演で49作作られた「男はつらいよ」シリーズの、97年の「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来22年ぶり、第50作目の新作。第1作公開以来50周年となる記念作品でもある。監督はシリーズ生みの親の山田洋次。出演は倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、佐藤蛾次郎らレギュラー陣に加え、準レギュラーとも言える浅丘ルリ子、後藤久美子、夏木マリも出演。

続きを読む "「男はつらいよ お帰り 寅さん」"

| | コメント (4)

2020年1月 3日 (金)

2020年度・鑑賞作品一覧

2020年度鑑賞の新作映画のタイトルと、採点です。 (随時追加)
タイトルをクリックすれば、リンク先に飛びます。リンクがないものは未掲載です。

 

タイトル 採点
1月 ヒックとドラゴン 聖地への冒険 ★★★★☆
  男はつらいよ お帰り 寅さん ★★★★☆
  貸間あり  (1959) ★★★★
  人も歩けば (1960) ★★★☆
  接吻泥棒  (1960) ★★★★
  パラサイト 半地下の家族 ★★★★★
  ある女優の不在 ★★★★☆
  エクストリーム・ジョブ ★★★★
  縞の背広の親分衆 (1961) ★★★☆
  花影(かえい) (1961) ★★★☆
  さよならテレビ ★★★★
  つつんで、ひらいて ★★★★☆
  ジョジョ・ラビット ★★★★☆
  リチャード・ジュエル ★★★★☆
  青べか物語 (1962) ★★★★
  箱根山    (1962) ★★★★☆
  記憶屋 あなたを忘れない
  キャッツ ★★
  ラストレター ★★★★☆
  フォードVSフェラーリ ★★★★☆
  9人の翻訳家 囚われたベストセラー ★★★☆
  AI崩壊 ★★★☆
2月 テリー・ギリアムのドン・キホーテ ★★★★
  テルアビブ・オン・ファイア ★★★☆
  ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密 ★★★★
  37セカンズ ★★★★☆
  グッド・ライアー 偽りのゲーム ★★★★
  プロジェクト・グーテンベルク 贋札王 ★★★☆
  1917 命をかけた伝令
★★★★☆
  影裏 ★★
  彼らは生きていた ★★★★☆
  蝶々夫人 (1955) ★★★☆
  母との約束、250通の手紙 ★★★★
  名もなき生涯 ★★★★☆
  スキャンダル ★★★★
  恐怖への旅 (1942) ★★★
  Red  (2020) ★★★☆
  屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ ★★★★
  his ★★★★☆
3月 スケアリーストーリーズ 怖い本 ★★★☆
  初恋  (2020) ★★★★☆
  夜は千の眼を持つ (1942) ★★★★
  エスケープ・ルーム ★★★☆
  ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ ★★★★
  都会の叫び (1948)
★★★★
  グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~ ★★
  星屑の町 (2020) ★★★★
  野生の呼び声 ★★★★
  仮面の男 (1944) ★★★☆
  ミッドサマー ★★★★
  パニック (1946) ★★★★☆
  Fukushima50 ★☆
  必死の逃避行 (1947) ★★★★
  ジュディ 虹の彼方に ★★★☆
  ジョン・F・ドノヴァンの死と生 ★★★★
  邪魔者は殺せ (1947) ★★★★☆
  ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像 ★★★★
  悪魔の往く町 (1947)
★★★★
  影を追う男  (1945) ★★★☆
  黒い司法 0%からの奇跡 ★★★★☆
  暴力行為  (1948) ★★★★
  三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 ★★★★
  疑惑の渦巻  (1949) ★★★★
  秘密調査員  (1949) ★★★★
  一度死んでみた ★★★★☆
  子どもたちをよろしく ★★★★
  私は殺される (1948) ★★★★
  出獄  (1948) ★★★★
  女囚の掟  (1950)  ★★★☆
  武装市街  (1950) ★★★★
4月     (1949) ★★★★☆
  街の野獣  (1950) ★★★★
  レ・ミゼラブル (2019) ★★★★☆
  ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 ★★★☆
  その男を逃すな (1951) ★★★★
  囚われた国家 ★★★
  脅迫者  (1951) ★★★★
  その女を殺せ (1952) ★★★★☆
  絶壁の彼方に (1950) (DVD) ★★★★☆
5月 らせん階段 (1946) (DVD) ★★★★☆
  昨日と明日の間 (1954) (DVD) ★★★★
  もみの家 ★★★★
  サーホー ★★★☆
  精神0 ★★★★
  21世紀の資本 ★★★  
  淪落の人 ★★★★☆
6月 在りし日の歌 ★★★★☆
  恐竜が教えてくれたこと ★★★★
  ルース・エドガー ★★★★☆
  デッド・ドント・ダイ ★★☆
  ANNA アナ ★★★★
  ストーリー・オブ・マイ・ライフ /わたしの若草物語 ★★★★
  コリーニ事件 ★★★★☆
  グッド・ボーイズ ★★★☆
  花のあとさき ムツばあさんの歩いた道 ★★★★☆
  ペイン・アンド・グローリー ★★★★
  その手に触れるまで ★★★★☆
  ドクター・ドリトル (2020) ★★★☆
  ライブリポート ★★★☆
  島にて ★★★★
  馬三家からの手紙 ★★★★☆
  銀座っ子物語 (1961) ★★★
  エジソンズ・ゲーム ★★★
  ランボー ラスト・ブラッド ★★★★
7月 ワイルド・ローズ ★★★★
  一度も撃ってません ★★★★☆
  レイニーデイ・イン・ニューヨーク ★★★★
  のぼる小寺さん
★★★★☆
  カセットテープ・ダイアリーズ
★★★★★
  お名前はアドルフ?
★★★☆
  透明人間 (2020)
★★★★
  MOTHER マザー ★★★★☆
  今宵、212号室で ★★★☆
  悪人伝 ★★★★☆
  パブリック 図書館の奇跡 ★★★★
  ブリット=マリーの幸せなひとりだち ★★★☆
  はちどり ★★★★☆
  なぜ君は総理大臣になれないのか ★★★★☆
  リトル・ジョー ★★★☆
  アルプススタンドのはしの方 ★★★★☆
  ウォー! ★★★☆
  海辺の映画館 キネマの玉手箱 ★★★★★
  海底47m 古代マヤの死の迷宮 ★★★☆

 

|

2020年1月 2日 (木)

2019年度・ベスト20 ワースト10発表

 あけまして おめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。 

 

さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋混成のベスト20です。

 

続きを読む "2019年度・ベスト20 ワースト10発表"

| | コメント (8)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »