2019年5月12日 (日)

ビートルズも好きだったローレル&ハーディ

Stanollie2 先日掲載の「僕たちのラストステージ」の記事には書かなかったが、ローレル&ハーディに関して思い出した事があるので追記しておく。

 

続きを読む "ビートルズも好きだったローレル&ハーディ"

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年 -お知らせとお詫び-

 あけまして おめでとうございます。

 本年もよろしくお願いいたします。 

 

続きを読む "謹賀新年 -お知らせとお詫び-"

| | コメント (6)

2018年4月 5日 (木)

吉永小百合考

Yoshinagasayuri先日の「北の桜守」評に関連し、吉永小百合という女優の存在について、是非言っておきたい事があるので書かせていただく。

 

 

 

続きを読む "吉永小百合考"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞に思うこと

Bobdyranボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞。

このニュースを聞いて、一瞬、意外な結果だと思った。が、すぐに、「授与したスウェーデン・アカデミーも、なかなかやるな」と感心した。
ディランと言えば、代表作「風に吹かれて」「戦争の親玉」など、反戦・反権力・体制批判を内容としたプロテスト・ソングが多い。
音楽に、と言うより、その詩に込められた、メッセージ性を一つの文学的表現として評価したのだろう。

続きを読む "ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞に思うこと"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016年4月16日 (土)

10周年

今日は4月16日。
早いもので、このブログがスタートして今日でちょうど10年目となります。

開設した当初は、そんなに続けられるとは想像もしていませんでした。
飽きっぽい性格なのか、これまでいろんな情報発信(ミニコミ、ミニペーパー、ホームページ等)をやって来ましたたが、どれも4~6年くらいで廃刊したり次のものに移ってしまったり(HPはまだ細々と続けてはいるがほとんど開店休業状態)で長続きしたためしがない。よくまあ続けて来られたものだと我ながら感心しております。

続きを読む "10周年"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

飛田東映、トビタシネマ閉館

少々旧聞に属する事になるのだが、
4月21日発行の「映画秘宝」誌6月号を読んでいたら、大阪・西成区の名画座(というか3番館)、飛田東映(邦画)トビタシネマ(洋画)が本年3月末で閉館していた事が載っていた。

若い頃はよく見に行ってたのだけれど、家からも勤務先からも遠い事もあって、ここ10年以上は足が遠ざかっていた。それでも、閉館と聞けば寂しい。事前に知っていれば、ラストショーに駆けつけていたかも知れない。残念である。

Tobitatouei

続きを読む "飛田東映、トビタシネマ閉館"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年8月31日 (日)

大阪・千里セルシーシアター閉館

Selcy3また一つ、大阪から名物映画館が消える。

大阪・豊中市の、「千里セルシーシアター」が、8月31日をもって閉館される事となった。

続きを読む "大阪・千里セルシーシアター閉館"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2012年9月22日 (土)

日活映画ベスト20

朝日新聞土曜日の「beランキング」で、日活映画の投票によるベスト20を掲載していたので、紹介しておきます。
そういえば、今年は日活映画創立100周年になるのですね。

続きを読む "日活映画ベスト20"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

天六ユウラク座の閉館に思う

Hokutenza1大阪の映画ファンに馴染みの深かった、北区天神橋6丁目の名物映画館「天六ユウラク座」(と地下のコクサイ劇場、有楽地下劇場も)が、本年3月30日に閉館になっていました。

→ 「十三のいま昔を歩こう」ブログより

続きを読む "天六ユウラク座の閉館に思う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

被災地の方々に、お見舞い申し上げます

今回の東北・太平洋沖地震で被災された方たちには、心からお見舞い申し上げます。

地震から1週間が経ちましたが、まだまだ行方不明の方も数多く、加えて福島原発事故の問題が、重く心にのしかかっております。

続きを読む "被災地の方々に、お見舞い申し上げます"

| | コメント (1) | トラックバック (0)