2020年1月19日 (日)

「パラサイト 半地下の家族」

Parasite 2019・韓国/Barunson E&A
配給:ビターズ・エンド
原題:Parasite
監督:ポン・ジュノ
脚本:ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン
製作:クァク・シネ、ムン・ヤングォン、チャン・ヨンファン

韓国の格差社会の現状を背景に、ある貧困家族が富裕家族にパラサイト(寄生)した事で巻き起こる騒動を描いたブラックコメディの秀作。監督は「母なる証明」「スノーピアサー」の鬼才ポン・ジュノ。主演は「殺人の追憶」以来監督とはこれが4度目のタッグとなるソン・ガンホ。共演は「最後まで行く」のイ・ソンギュン、「後宮の秘密」のチョ・ヨジョン、「新感染 ファイナル・エクスプレス」のチェ・ウシクなど。第72回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した他、第92回アカデミー賞国際長編映画賞にもノミネートされた。

続きを読む "「パラサイト 半地下の家族」"

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

「男はつらいよ お帰り 寅さん」

Otokohaturaiyookaeritorasan 2019年・日本
配給:松竹
監督:山田洋次
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝原雄三
プロデューサー:深澤宏
音楽:山本直純、山本純ノ介 

故・渥美清主演で49作作られた「男はつらいよ」シリーズの、97年の「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来22年ぶり、第50作目の新作。第1作公開以来50周年となる記念作品でもある。監督はシリーズ生みの親の山田洋次。出演は倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、佐藤蛾次郎らレギュラー陣に加え、準レギュラーとも言える浅丘ルリ子、後藤久美子、夏木マリも出演。

続きを読む "「男はつらいよ お帰り 寅さん」"

| | コメント (2)

2019年12月28日 (土)

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」

Konosekainosaraniikutumono 2019年・日本/製作:ジェンコ
アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル
監督:片渕須直
原作:こうの史代
脚本:片渕須直
監督補・画面構成:浦谷千恵
プロデューサー:真木太郎
企画:丸山正雄

2016年に公開され、小規模公開ながら異例のロングランヒットを記録し、各映画賞を総ナメにした片渕須直監督の「この世界の片隅に」に、40分ほどの新たなシーンを追加したニューバージョン。主人公すず役ののん、今作で登場シーンが大幅に追加されたリン役の岩井七世ら主要キャスト陣はそのまま続投。
 

 

続きを読む "「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」"

| | コメント (4)

2019年12月21日 (土)

「映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!」

Shaun-the-sheep-movie_farmageddon 2019年・イギリス・フランス合作/アードマン=スタジオ・カナル
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
原題:Shaun the Sheep Movie:Farmageddon
監督:リチャード・フェラン、ウィル・ベッカー
原案:リチャード・スターザック
脚本:ジョン・ブラウン、マーク・バートン
製作総指揮:マーク・バートン、 リチャード・スターザック、 ピーター・ロード、 ニック・パーク、 デビッド・スプロクストン、 カーラ・シェリー

「ウォレスとグルミット」で知られるイギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」に続く長編劇場版第2弾。監督は前作やTVシリーズのスタッフを務めていたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

続きを読む "「映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!」"

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

「幸福路のチー」

On-happiness-road 2017年・台湾/幸福路映畫社
原題:幸福路上  On Happiness Road
配給:クレストインターナショナル
監督:ソン・シンイン
脚本:ソン・シンイン
主題歌:ジョリン・ツァイ 

祖母の死をきっかけに帰郷した女性が、幼少時の思い出とともに自分を見つめ直す姿をノスタルジックに描いた台湾製アニメーション。監督は本作が初のアニメ監督作品となるソン・シンイン。声の出演は、「薄氷の殺人」のグイ・ルンメイ、「海角七号 君想う、国境の南」の監督ウェイ・ダーション、他。東京アニメアワードフェスティバル2018で長編グランプリ、第55回電影金馬奨で最優秀アニメーション映画賞を受賞。

続きを読む "「幸福路のチー」"

| | コメント (1)

2019年12月 6日 (金)

「i -新聞記者ドキュメント-」

Documentshinbunkisha 2019年・日本/スターサンズ
配給:スターサンズ
監督:森達也
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
撮影:小松原茂幸、森達也 

今年夏公開され、予想外のヒットとなった劇映画「新聞記者」の原案者である東京新聞記者・望月衣塑子を追った社会派ドキュメンタリー。監督は「A」「A2」「FAKE」の森達也。企画・製作も「新聞記者」の河村光庸。2019年・第32回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門の作品賞を受賞。

続きを読む "「i -新聞記者ドキュメント-」"

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

「ターミネーター ニュー・フェイト」

Terminatordarkfate 2019年・アメリカ/スカイダンス=20世紀フォックス=パラマウント
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
原題:Terminator: Dark Fate
監督:ティム・ミラー
原案:ジェームズ・キャメロン、チャールズ・イグリー、ジョシュ・フリードマン、デビッド・ゴイヤー、ジャスティン・ローズ
脚本:デビッド・ゴイヤー、ジャスティン・ローズ、ビリー・レイ 
製作:ジェームズ・キャメロン、デビッド・エリソン
製作総指揮:ダナ・ゴールドバーグ、ドン・グレンジャー、エドワード・チェン、ジョン・J・ケリー、ティム・ミラー、ボニー・カーティス、ジュリー・リン

SFアクション「ターミネーター」シリーズの通算6作目で、シリーズ生みの親ジェームズ・キャメロンが製作に復帰した、「ターミネーター2」の正統な続編。監督は「デッドプール」のティム・ミラー。出演はシリーズ「1」「2」でサラ・コナーを演じたリンダ・ハミルトン、同じくターミネーターT-800を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーの他に、「タリーと私の秘密の時間」のマッケンジー・デイヴィス、「ザ・ボーダーライン 合衆国国境警備隊」のガブリエル・ルナ。

続きを読む "「ターミネーター ニュー・フェイト」"

| | コメント (1)

2019年11月 6日 (水)

「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」

T34 2018年・ロシア
配給:ツイン
原題:T-34
監督:アレクセイ・シドロフ
脚本:アレクセイ・シドロフ 
製作:ニキータ・ミハルコフ、ルーベン・ディシュディシュヤン、アントン・ズラトポルスキー

第二次大戦下、捕虜となった戦車兵が戦車を使って脱走する、実話をベースにしたロシア製戦争アクションの快作。「太陽に灼かれて」等の名匠ニキータ・ミハルコフ監督が製作を務めている。脚本・監督は「アルティメットウェポン」のアレクセイ・シドロフ。出演は「アトラクション 制圧」のアレクサンドル・ペトロフとイリーナ・ストラシェンバウム、「ジェイソン・ボーン」のヴィンツェンツ・キーファー等。ロシア国内では800万人の観客を動員する大ヒットとなった。

続きを読む "「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」"

| | コメント (4)

2019年10月27日 (日)

「イエスタデイ」

Yesterday 2019年・イギリス/ワーキング・タイトル=ユニヴァーサル・ピクチャーズ
配給:東宝東和
原題:Yesterday
監督:ダニー・ボイル
原案:ジャック・バース、リチャード・カーティス
脚本:リチャード・カーティス 
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、マシュー・ジェームズ・ウィルキンソン、バーナード・ベリュー、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル

ビートルズが存在しない世界に迷い込んでしまったら、という奇想天外なお話を、ビートルズの名曲の数々に乗せて描いた音楽ファンタジー。「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティスが書いた脚本を、「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイルが監督した。主演はテレビ出身の新人ヒメーシュ・パテル。共演は「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、「ゴーストバスターズ」のケイト・マッキノンなど。またシンガーソングライターのエド・シーランが本人役で出演している。

続きを読む "「イエスタデイ」"

| | コメント (1)

2019年10月19日 (土)

「ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん」

Longwaynorth 2015年・フランス=デンマーク合作
原題:Tout en haut du monde (世界の頂点)
配給:リスキット、太秦
監督:レミ・シャイエ
脚本:クレール・パオレッティ、パトリシア・バレイクス
作画監督:リアン・チョー・ハン
音楽:ジョナサン・モラリ

19世紀後半のロシアを舞台に、行方不明の祖父を捜すため北極点を目指す旅に出た少女の冒険を描く、フランス・デンマーク合作による長編アニメーション。監督は本作が長編デビュー作となるフランス出身のレミ・シャイエ。主人公サーシャの声は「偉大なるマルグリット」のクリスタ・テレが担当。アヌシー国際映画祭・観客賞、TAAF(東京アニメアワードフェスティバル)2016・グランプリをそれぞれ受賞した秀作。

続きを読む "「ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧