2018年8月19日 (日)

「カメラを止めるな!」

Onecutofthedead_22017年・日本/ENBUゼミナール・シネマプロジェクト
配給:アスミック・エース=ENBUゼミナール
監督:上田慎一郎
脚本:上田慎一郎
編集:上田慎一郎
撮影:曽根剛
プロデューサー:市橋浩治

今日本中を席巻している、ジャンル分け不能の異色ヒット作。映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で、監督はオムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」内の1編「猫まんま」を手がけた上田慎一郎。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・2018ゆうばりファンタランド大賞を受賞した他、世界各国でも受賞が相次ぐ。

続きを読む "「カメラを止めるな!」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2018年8月15日 (水)

「沖縄スパイ戦史」

Okinawaspysenshi2018年・日本/ドキュメンタリー・ジャパン
配給:東風
監督:三上智恵、大矢英代
プロデューサー:橋本佳子、木下繁貴
音楽:勝井祐二
撮影:平田守

第二次大戦末期の沖縄戦における、知られざる真実に迫ったドキュメンタリー。監督は「標的の村」「戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)の三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきたジャーナリストの大矢英代。

続きを読む "「沖縄スパイ戦史」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

「菊とギロチン」

Kikutogirochin2018年・日本/スタンス・カンパニー=国映
配給:トランスフォーマー
監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助、瀬々敬久
プロデューサー;坂口一直、石毛栄典、浅野博貴、藤川佳三
音楽:安川午朗
ナレーション:永瀬正敏

大正末期を舞台に、アナキストの若者たちと女相撲の力士たちとの交流を描いた青春群像劇。監督は「64  ロクヨン」「友罪」の瀬々敬久。監督が構想30年の企画を実現させた入魂の作品である。出演は「パンク侍、斬られて候」他出演作が相次ぐ東出昌大、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の寛一郎、「光(河瀬直美監督)の大西信満、「大和(カリフォルニア)」の韓英恵、新人木竜麻生など。ナレーションを永瀬正敏が務める。

続きを読む "「菊とギロチン」"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2018年8月 6日 (月)

「ウインド・リバー」

Windriver
2017年・アメリカ
配給:KADOKAWA (提供:ハピネット)
原題:Wind River
監督:テイラー・シェリダン
脚本:テイラー・シェリダン
製作総指揮:エリカ・リー、ジョナサン・ファーマン、ブレイデン・アフターグッド、クリストファー・H・ワーナー、ボブ・ワインスタイン、ハーベイ・ワインスタイン、デビッド・C・グラッサー、ウェイン・マーク・ゴッドフリー、ロバート・ジョーンズ、ニック・バウアー、ディーパック・ネイヤー

雪深いワイオミング州の先住民保留地で起きた事件を通して現代アメリカを見つめるクライム・サスペンスの傑作。脚本・監督は「ボーダーライン」「最後の追跡」の脚本で2年連続アカデミー賞にノミネートされたテイラー・シェリダン。主演は共に「アベンジャーズ」シリーズに出演しているジェレミー・レナーとエリザベス・オルセン。第70回カンヌ国際映画祭(2017)「ある視点」部門で監督賞を受賞。

続きを読む "「ウインド・リバー」"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2018年7月26日 (木)

「アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!」

Earlyman2018年・イギリス・フランス合作
制作:アードマン・アニメーションズ/スタジオ・カナル
配給:キノフィルムズ
原題:Early Man
監督:ニック・パーク
原案:マーク・バートン、ニック・パーク
脚本:マーク・バートン、ジェームズ・ヒギンソン
製作:カーラ・シェリー、リチャード・ビーク、ピーター・ロード、デビッド・スプロクストン、ニック・パーク

「ウォレスとグルミット」シリーズで知られるアードマン・アニメーションズ制作のストップモーション・アニメの新作。監督は短編「ウオレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」以来となるニック・パーク。声の出演は「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「マイティ・ソー」のトム・ヒドルストン、他。

続きを読む "「アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018年7月16日 (月)

「パンク侍、斬られて候」

Panksamurai2018年・日本/エイベックス通信放送
配給:東映
監督:石井岳龍
原作:町田康
脚本:宮藤官九郎
特撮監督:尾上克郎
製作:若泉久央
企画・プロデュース:伊藤和宏
プロデューサー:湊谷恭史

芥川賞作家・町田康が2004年に発表した異色時代小説を原作に、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍という豪華トリオで映画化。出演者も綾野剛、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、豊川悦司、國村隼、永瀬正敏とこれまた豪華実力派俳優が集結。

続きを読む "「パンク侍、斬られて候」"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2018年7月 8日 (日)

「ブリグズビー・ベア」

Brigsby_bear2017年・アメリカ/ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
配給:カルチャヴィル
原題:Brigsby Bear
監督:デイブ・マッカリー
脚本:ケヴィン・コステロ、カイル・ムーニー
製作総指揮:P・ジェニファー・デイナ、ロス・ジェイコブソン、フィル・ホールティング

コメディユニット、GOOD NEIGHBORのメンバーで、テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」にも進出していたチームが主体となって作り上げた、ちょっと不思議な味わいのコメディ。監督のデイヴ・マッカリー、脚本・主演のカイル・ムーニー、脚本のケヴィン・コステロともGOOD NEIGHBORの一員。その他の出演者は「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミル、「ロミオ&ジュリエット」のクレア・デーンズ、「リトル・ミス・サンシャイン」のグレッグ・キニアなど。

続きを読む "「ブリグズビー・ベア」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018年7月 1日 (日)

「ワンダー 君は太陽」

Wonder2017年・アメリカ/ライオンズゲイト、他
配給:キノフィルムズ
原題:Wonder
監督:スティーブン・チョボスキー
原作:R・J・パラシオ
脚本:スティーブン・チョボスキー、スティーブ・コンラッド、ジャック・ソーン
製作:デビッド・ホバーマン、トッド・リーバーマン

全世界で800万部以上を売り上げたR・J・パラシオの同名ベストセラー小説を映画化したヒューマンドラマ。監督は「ウォールフラワー」のスティーブン・チョボスキー。出演は「ルーム」の子役ジェイコブ・トレンブレイ、「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソン、「マネーモンスター」のジュリア・ロバーツ。

続きを読む "「ワンダー 君は太陽」"

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2018年6月18日 (月)

「万引き家族」

Manbikikazoku2018年・日本/フジTV=AOI.Pro.=ギャガ
配給:ギャガ
監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
編集:是枝裕和
撮影:近藤龍人
音楽:細野晴臣
プロデューサー:松崎薫、代情明彦、田口聖

万引き等の犯罪を重ねる一家の姿を通して、家族とは何なのかを問いかけるヒューマン・ドラマ。監督は「三度目の殺人」の是枝裕和。出演は「blank13」のリリー・フランキー、「DESTINY 鎌倉ものがたり」の安藤サクラ、「ちはやふる」シリーズの松岡茉優、「モリのいる場所」の樹木希林、その他池松壮亮、緒方直人、柄本明と多彩な顔ぶれ。第71回(2018年)カンヌ国際映画祭にて日本映画としては21年ぶりとなるパルムドールを受賞。

続きを読む "「万引き家族」"

| | コメント (3) | トラックバック (10)

2018年6月10日 (日)

「海を駆ける」

Manfromthesea2018年・日本=フランス=インドネシア合作
企画制作:日活
配給:日活=東京テアトル
英題:The Man from the Sea
監督:深田晃司
脚本:深田晃司
製作:新井重人
プロデューサー:小室直子、紀嘉久
撮影:芦澤明子

海から現れた謎の男が巻き起こす奇跡を描いたファンタジー。インドネシア、スマトラ島のバンダ・アチェでのオールロケによる映像も見どころ。監督は「淵に立つ」で第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した俊英・深田晃司。出演は「結婚」のディーン・フジオカ、「南瓜とマヨネーズ」の太賀、「孤狼の血」の阿部純子、「ほとりの朔子」の鶴田真由など。

続きを読む "「海を駆ける」"

| | コメント (1) | トラックバック (3)

より以前の記事一覧