2018年12月 9日 (日)

「銃」

Gun2018年・日本/KATSU-do=チーム・オクヤマ
配給:KATSU-do、太秦
監督:武 正晴
原作:中村文則
脚本:武 正晴、宍戸英紀
企画・製作:奥山和由
エグゼクティブプロデューサー:片岡秀介

芥川賞作家・中村文則のデビュー作となる同名小説の映画化。監督は「百円の恋」の武正晴。主演は「武曲 MUKOKU」の村上虹郎、共演は「巫女っちゃけん。」の広瀬アリス、「万引き家族」のリリー・フランキーなど。2018年・第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門・監督賞を受賞。

続きを読む "「銃」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2018年12月 1日 (土)

「ギャングース」

Gyangoose2018年・日本/アミューズ=パイプライン
配給:キノフィルムズ
監督:入江悠
原作:肥谷圭介、鈴木大介
脚本:入江悠、和田清人

ルポライターの鈴木大介作・肥谷圭介画の同名人気コミックの映画化作品。監督は「22年目の告白 私が殺人犯です」の入江悠。主演は「渇き。」の高杉真宙、「金メダル男」の加藤諒、「勝手にふるえてろ」の渡辺大知。共演は金子ノブアキ、ミュージシャンで「不屈の男 アンブロークン」にも出演したMIYAVIなど個性的な顔ぶれが揃った。

続きを読む "「ギャングース」"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2018年11月25日 (日)

「生きてるだけで、愛。」

Ikiterudakedeai2018年・日本/ハピネット=スタイルジャム
配給:クロックワークス
監督:関根光才
原作:本谷有希子
脚本:関根光才
プロデューサー:甲斐真樹

芥川賞作家・本谷有希子の同名小説の映画化。監督は数々の企業CMやMVを手掛けて来て、本年ドキュメンタリー「太陽の塔」を発表したばかりの俊英・関根光才。これが劇場長編映画初監督作となる。出演は「ブラックペアン」の趣里、「あゝ荒野」の菅田将暉、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石橋静河、「検察側の罪人」の松重豊、「土竜の唄」シリーズの仲里依紗など。

続きを読む "「生きてるだけで、愛。」"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2018年11月18日 (日)

「ボヘミアン・ラプソディ」

Bohemian_rhapsody2018年・アメリカ/リージェンシー=GK.Films
配給:20世紀フォックス映画
原題:Bohemian Rhapsody
監督:ブライアン・シンガー
原案:アンソニー・マッカーテン、ピーター・モーガン
脚本:アンソニー・マッカーテン
製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ、ロバート・デ・ニーロ、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ピーター・オーバース、ブライアン・シンガー
製作総指揮:アーノン・ミルチャン、デニス・オサリバン、ジャスティン・ヘイザ、デクスター・フレッチャー、ジェーン・ローゼンタール

伝説的人気ロックバンド“クイーン”のボーカル、フレディ・マーキュリーの短い生涯を描いた音楽伝記ドラマ。監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。主演のフレディを演じたのは「ナイト    ミュージアム」のラミ・マレック。共演は「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントン、「ソーシャル・ネットワーク」のジョセフ・マッゼロ、「オースティン・パワーズ」のマイク・マイヤーズなど。

続きを読む "「ボヘミアン・ラプソディ」"

| | コメント (3) | トラックバック (8)

2018年11月11日 (日)

「スマホを落としただけなのに」

Sumaphowootosita2018年・日本/TBS=東宝
配給:東宝
監督:中田秀夫
原作:志駕晃
脚本:大石哲也
企画プロデュース:平野隆
プロデューサー:刀根鉄太、下田淳行、辻本珠子

宝島社「このミステリーがすごい!」大賞・隠し玉に選出された志駕晃の同名ミステリー小説の映画化。監督は「リング」シリーズで和製ホラーの第一人者となった中田秀夫。出演は「パンク侍、斬られて候」の北川景子、「マンハント」の田中圭、「亜人」の千葉雄大、「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の成田凌など。

続きを読む "「スマホを落としただけなのに」"

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2018年11月 5日 (月)

「search/サーチ」

Searching2018年・アメリカ/スクリーン・ジェムス=STAGE6 FILMS
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
原題:Searching
監督:アニーシュ・チャガンティ
脚本:アニーシュ・チャガンティ、セブ・オハニアン
製作:ティムール・ベクマンベトフ、セブ・オハニアン、アダム・シドマン、ナタリー・カサビアン

物語がすべてパソコンの画面上で展開する、異色のサスペンス・スリラー。監督はGoogle Glassだけで撮影した短編映画「Seeds」が注目を集めた27歳のインド系アメリカ人、アニーシュ・チャガンティ。出演は「スター・トレック BEYOND」のジョン・チョー、「ラッキー・ユー」のデブラ・メッシング、他。サンダンス映画祭で観客賞を受賞。

続きを読む "「search/サーチ」"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2018年10月29日 (月)

「止められるか、俺たちを」

Tomerarerukaoretachiwo2018年・日本/若松プロダクション
配給:若松プロダクション、スコーレ
監督:白石和彌
脚本:井上淳一
音楽:曽我部恵一
撮影:辻智彦
製作:尾崎宗子
プロデューサー:大日方教史、大友麻子

2012年に逝去した若松孝二監督と、その下に集まった異才たちの若き日を描いた青春群像劇。監督は若松孝二に師事した「孤狼の血」の白石和彌。出演は「サニー/32」の門脇麦、若松監督作品「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」の井浦新、「断食芸人」の山本浩司、その他、大西信満、満島真之介、寺島しのぶら若松作品にゆかりの俳優たちが共演している。

続きを読む "「止められるか、俺たちを」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」

Tulipfever2017年・アメリカ・イギリス合作
配給:ファントム・フィルム
原題:Tulip Fever
監督:ジャスティン・チャドウィック
原作:デボラ・モガー
脚本:デボラ・モガー、トム・ストッパード
製作:アリソン・オーウェン、ハーベイ・ワインスタイン
製作総指揮:ポール・トライビッツ、ボブ・ワインスタイン、デビッド・C・グラッサー、ジャスティン・チャドウィック、クリストファー・ウッドロウ、モリー・コナーズ、マリア・セストーン、サラ・E・ジョンソン、パトリック・トンプソン、ローリー・マクドナルド、ウォルター・パークス

作家デボラ・モガーによる、フェルメールの絵画から着想を得たベストセラー小説を、自身も脚本に参加して映画化。監督は「ブーリン家の姉妹」のジャスティン・チャドウィック。出演は「リリーのすべて」のアリシア・ヴィキャンデル、「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーン、「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」のジュディ・デンチ、「ビッグ・アイズ」のクリストフ・ヴァルツなど。

続きを読む "「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2018年10月13日 (土)

「HOSTILE ホスティル」

Hostile2017年・フランス
配給:ブロードウェイ
原題:Hostile
監督:マチュー・テュリ
脚本:マチュー・テュリ
製作:ザビエ・ジャン

未知のクリーチャーがはびこる終末的世界を舞台にしたフランス製サバイバルホラー。監督はクエンティン・タランティーノ他、多くの著名監督の下で助監督を務め、本作が長編劇場映画デビュー作となる31歳の新進マチュー・テュリ。主演は「Accident   Man」などの新進女優ブリタニー・アッシュワース。シドニー・ファンタシティック・プラネット映画祭2017で最優秀作品賞・監督賞、ニューヨーク・シティ・ホラー映画祭2017でも主演男優賞・主演女優賞・メイクアップ賞・最優秀SF賞・最優秀音響編集賞  を受賞する等、多くの海外映画祭で受賞している。

続きを読む "「HOSTILE ホスティル」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

「散り椿」

Chiritubaki2018年・日本/東宝映画=ドラゴンフライ
配給:東宝
監督:木村大作
原作:葉室 麟
脚本:小泉堯史
撮影:木村大作
音楽:加古 隆
殺陣:久世 浩
ナレーター:豊川悦司
製作:市川 南

直木賞作家・葉室麟による同名時代小説の映画化。監督は名カメラマンで「劔岳 点の記」「春を背負って」に続きこれが監督第3作となる木村大作。脚本は同じ葉室麟原作「蜩の記」の監督を務めた小泉堯史。主演は「追憶」の岡田准一、共演は「クリーピー 偽りの隣人」の西島秀俊、「日々是好日」の黒木華、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の池松壮亮、「俳優 亀岡拓次」の麻生久美子、「棒の哀しみ」の奥田瑛二など。第42回モントリオール世界映画祭で準グランプリに当たる審査員特別賞を受賞。

続きを読む "「散り椿」"

| | コメント (2) | トラックバック (4)

より以前の記事一覧